Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/13
Update

映画『サッドヒルを掘り返せ』あらすじとメインビジュアル解禁。名作西部劇のロケ地の現状は?

  • Writer :
  • 中村綾子

マカロニ・ウエスタンの名作『続・夕陽のガンマン』(日本劇場公開時の題名は『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』)の伝説的ラストシーンの舞台となったロケ地「サッドヒル」。

『続・夕陽のガンマン』のファンたちが、荒れ果てた撮影現場の復元に挑む姿を追ったドキュメンタリー映画『サッドヒルを掘り返せ』は、2019年3月8日(金)より、シネマカリテほかで全国順次公開されます。

© Zapruder Pictures 2017

スポンサーリンク

映画『サッドヒルを掘り返せ』のメインビジュアル解禁

© Zapruder Pictures 2017

今回解禁されたメインビジュアルには、「夢見たのは、スクリーンの向こう側」というキャッチコピーが添えられ、『続・夕陽のガンマン』に登場する若かりし日のクリント・イーストウッドの姿が象徴的にあしらわれています。

チラシ中央には荒野に放置されたままになっていた円形状の墓地セット「サッドヒル」の様子が上空から撮影した写真で捉えることができます。

墓標の向こうに見える空の青がとてもきれいですね。

クリント・イーストウッド出演の裏側

© Zapruder Pictures 2017

映画の中で、クリント・イーストウッドが当時の撮影を振り返り、目を輝かせて撮影のエピソードを語るインタビュー映像は必見です。

監督のギレルモ・デ・オリベイラたちは、まるでストーカーのように粘り強く10ヵ月も電話やEメール、ファックスでイーストウッドへ本作へのオファーを続けたそうです。

「ようやく本人が私たちの話を耳にして、インタビューに応じることを快諾してくれた」

プロデューサーのルイザ・カウエルはそう語りました。

10ヵ月という長い間の熱意が実を結び、クリント・イーストウッド出演につながったのですね。

映画『サッドヒルを掘り返せ』作品情報

© Zapruder Pictures 2017

【公開】
2019年(スペイン映画)

【原題】
Sad Hill Unearthed

【監督・製作・脚本・撮影・編集】
ギレルモ・デ・オリベイラ

【キャスト】
エンニオ・モリコーネ、クリント・イーストウッド、クリストファー・フレイリング、アレックス・デ・ラ・イグレシア、ジェイムズ・ヘットフィールド、ジョー・ダンテ、エウヘニオ・アラビソ、セルジオ・サルヴァティほか

【作品概要】
マカロニ・ウエスタンの名作『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(1966)における伝説的シーンのロケ地「サッドヒル」。

人知れず残っていた当時の撮影用に作られた墓地を、有志のファンが撮影現場を再現するという一大プロジェクトの記録と、製作関係者らが撮影当時を振り返りエピソードを語るという、映画ファン必見のドキュメンタリー。

クリント・イーストウッド、エンニオ・モリコーネをはじめ、クリストファー・フレイリング(映画歴史家)、ジョー・ダンテ(映画監督)、米ヘビーメタルバンド『メタリカ』のボーカリスト・ギタリストあるジェイムズ・ヘットフィールドら、名だたる著名人たちの貴重なインタビューおさめられているのも大きな魅力の一つです。

スポンサーリンク

映画『サッドヒルを掘り返せ』のあらすじ

© Zapruder Pictures 2017

2015年10月、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(セルジオ・レオーネ監督/1966)のファンたちが、スペインのブルゴス撮影された映画のラストシーンのロケ地を訪れました。

この有志たちは、草や土に埋もれたまま49年もの間眠っていたサッドヒル墓地を掘り返し、再び命を吹き込もうとします。

© Zapruder Pictures 2017

この一大プロジェクトのニュースは瞬く間に世界に広まり、毎週末、ヨーロッパ中から沢山の人々がこの復元作業に一役買うためにクワやスキやシャベルを担いでスペインの荒野へ集まってくるようになりました。

老若男女、世代を超えて、スクリーンの中に憧れ続ける映画ファンの夢と情熱がやがて奇跡を起こします。

映画『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』について

参考作品:『続・夕陽のガンマン』(1966)

1966年に制作された、マカロニ・ウエスタンの名作中の名作。世界中にマカロニ・ウエスタンブームを巻き起こした、セルジオ・レオーネ監督の作品です。

この映画は、少ない会話、ゆっくりとクライマックスを築く長いシーン、クローズアップの対比などセルジオ・レオーネ監督の特徴的な演出でも有名です。

クリント・イーストウッドは、『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』に続いて主演したこの映画で、人気俳優の仲間入りを果たしました。

エンニオ・モリコーネが作ったこの映画の音楽は、現在でも有名です。

南軍の金貨を求めて、南北戦争のアメリカを冒険する3人のガンマンを中心に展開していく物語です。

スポンサーリンク

まとめ

© Zapruder Pictures 2017
公開から50年近く経っても、ファンを魅了してやまないマカロニ・ウエスタンの名作『続・夕陽のガンマン』。

ロケ地を訪れ、荒れ果てたその地を撮影当時のように甦らそうとする有志のファンの情熱には、心打たれるものがあります。

また、撮影当時を振り返りインタビューに応じたクリント・イーストウッドが、目を輝かせながらエピソードを聞かせてくれたというのも、ファンにはたまらないでしょう。

映画『サッドヒルを掘り返せ』は2019年3月8日(金)よりシネマカリテほかで全国順次公開!

加えて、クリント・イーストウッドの10年ぶりの監督・主演作『運び屋』(配給:ワーナー・ブラザーズ映画)も同日公開!

イーストウッドファン、映画ファンにとっては、どちらの作品も見逃せない記念すべき日となりそうですね!

どちらの作品もお見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『メモリーズ・オブ・サマー』あらすじキャストと特報映像解禁。日本公開は6月に決定

第32回ワルシャワ映画祭インターナショナル・コンペティション部門正式出品 © 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SIL …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018の開幕期間や注目の映画は?予告編も解禁も

第31回東京国際映画祭の開催される期間は、2018年10月25日(木)~2018年11月3日(土・祝)です。 2018年も上映される作品の一部は、すでに予告編でご覧いただくことができます。 2018年 …

新作映画ニュース

映画『Diner ダイナー』キャストのブロ役は武田真治。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

ルパート・ワイアット映画『囚われた国家』あらすじとキャスト。公開日は4月3日の近未来SFサスペンス!

『猿の惑星:創世記』監督の最新作。 『第9地区』『メッセージ』に続く、衝撃の社会派SF問題作! “地球外生命体”の支配下、自由を取り戻すため密かに結成されたレジスタンスたちの徹底抗戦を描き出す『囚われ …

新作映画ニュース

【試写会プレゼント】映画『小さな恋のうた』30組60名様ご招待(5/16よみうりホール)

佐野勇斗主演映画をいち早く鑑賞! MONGOL800が2001年にリリースした楽曲「小さな恋のうた」。 平成で最も歌われたカラオケランキング男性曲1位に輝き、世代や性別を問わず今なお歌い継がれるこの名 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP