Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/13
Update

映画『サッドヒルを掘り返せ』あらすじとメインビジュアル解禁。名作西部劇のロケ地の現状は?

  • Writer :
  • 中村綾子

マカロニ・ウエスタンの名作『続・夕陽のガンマン』(日本劇場公開時の題名は『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』)の伝説的ラストシーンの舞台となったロケ地「サッドヒル」。

『続・夕陽のガンマン』のファンたちが、荒れ果てた撮影現場の復元に挑む姿を追ったドキュメンタリー映画『サッドヒルを掘り返せ』は、2019年3月8日(金)より、シネマカリテほかで全国順次公開されます。

© Zapruder Pictures 2017

スポンサーリンク

映画『サッドヒルを掘り返せ』のメインビジュアル解禁

© Zapruder Pictures 2017

今回解禁されたメインビジュアルには、「夢見たのは、スクリーンの向こう側」というキャッチコピーが添えられ、『続・夕陽のガンマン』に登場する若かりし日のクリント・イーストウッドの姿が象徴的にあしらわれています。

チラシ中央には荒野に放置されたままになっていた円形状の墓地セット「サッドヒル」の様子が上空から撮影した写真で捉えることができます。

墓標の向こうに見える空の青がとてもきれいですね。

クリント・イーストウッド出演の裏側

© Zapruder Pictures 2017

映画の中で、クリント・イーストウッドが当時の撮影を振り返り、目を輝かせて撮影のエピソードを語るインタビュー映像は必見です。

監督のギレルモ・デ・オリベイラたちは、まるでストーカーのように粘り強く10ヵ月も電話やEメール、ファックスでイーストウッドへ本作へのオファーを続けたそうです。

「ようやく本人が私たちの話を耳にして、インタビューに応じることを快諾してくれた」

プロデューサーのルイザ・カウエルはそう語りました。

10ヵ月という長い間の熱意が実を結び、クリント・イーストウッド出演につながったのですね。

映画『サッドヒルを掘り返せ』作品情報

© Zapruder Pictures 2017

【公開】
2019年(スペイン映画)

【原題】
Sad Hill Unearthed

【監督・製作・脚本・撮影・編集】
ギレルモ・デ・オリベイラ

【キャスト】
エンニオ・モリコーネ、クリント・イーストウッド、クリストファー・フレイリング、アレックス・デ・ラ・イグレシア、ジェイムズ・ヘットフィールド、ジョー・ダンテ、エウヘニオ・アラビソ、セルジオ・サルヴァティほか

【作品概要】
マカロニ・ウエスタンの名作『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(1966)における伝説的シーンのロケ地「サッドヒル」。

人知れず残っていた当時の撮影用に作られた墓地を、有志のファンが撮影現場を再現するという一大プロジェクトの記録と、製作関係者らが撮影当時を振り返りエピソードを語るという、映画ファン必見のドキュメンタリー。

クリント・イーストウッド、エンニオ・モリコーネをはじめ、クリストファー・フレイリング(映画歴史家)、ジョー・ダンテ(映画監督)、米ヘビーメタルバンド『メタリカ』のボーカリスト・ギタリストあるジェイムズ・ヘットフィールドら、名だたる著名人たちの貴重なインタビューおさめられているのも大きな魅力の一つです。

スポンサーリンク

映画『サッドヒルを掘り返せ』のあらすじ

© Zapruder Pictures 2017

2015年10月、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(セルジオ・レオーネ監督/1966)のファンたちが、スペインのブルゴス撮影された映画のラストシーンのロケ地を訪れました。

この有志たちは、草や土に埋もれたまま49年もの間眠っていたサッドヒル墓地を掘り返し、再び命を吹き込もうとします。

© Zapruder Pictures 2017

この一大プロジェクトのニュースは瞬く間に世界に広まり、毎週末、ヨーロッパ中から沢山の人々がこの復元作業に一役買うためにクワやスキやシャベルを担いでスペインの荒野へ集まってくるようになりました。

老若男女、世代を超えて、スクリーンの中に憧れ続ける映画ファンの夢と情熱がやがて奇跡を起こします。

映画『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』について

参考作品:『続・夕陽のガンマン』(1966)

1966年に制作された、マカロニ・ウエスタンの名作中の名作。世界中にマカロニ・ウエスタンブームを巻き起こした、セルジオ・レオーネ監督の作品です。

この映画は、少ない会話、ゆっくりとクライマックスを築く長いシーン、クローズアップの対比などセルジオ・レオーネ監督の特徴的な演出でも有名です。

クリント・イーストウッドは、『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』に続いて主演したこの映画で、人気俳優の仲間入りを果たしました。

エンニオ・モリコーネが作ったこの映画の音楽は、現在でも有名です。

南軍の金貨を求めて、南北戦争のアメリカを冒険する3人のガンマンを中心に展開していく物語です。

スポンサーリンク

まとめ

© Zapruder Pictures 2017
公開から50年近く経っても、ファンを魅了してやまないマカロニ・ウエスタンの名作『続・夕陽のガンマン』。

ロケ地を訪れ、荒れ果てたその地を撮影当時のように甦らそうとする有志のファンの情熱には、心打たれるものがあります。

また、撮影当時を振り返りインタビューに応じたクリント・イーストウッドが、目を輝かせながらエピソードを聞かせてくれたというのも、ファンにはたまらないでしょう。

映画『サッドヒルを掘り返せ』は2019年3月8日(金)よりシネマカリテほかで全国順次公開!

加えて、クリント・イーストウッドの10年ぶりの監督・主演作『運び屋』(配給:ワーナー・ブラザーズ映画)も同日公開!

イーストウッドファン、映画ファンにとっては、どちらの作品も見逃せない記念すべき日となりそうですね!

どちらの作品もお見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『ラストレター』監督は岩井俊二【作品評価とプロフィール】

映画『ラストレター』は2020年1月17日より全国公開! 2020年1月17日(金)より全国公開されるラブストーリー『ラストレター』。 監督を務めるのは『Love Letter』『スワロウテイル』『花 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』が近日劇場公開。田部井一真が知られざる関係に迫る!

南米ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカと日本をつなぐものとは? “世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれた元ウルグアイ大統領、ホセ・ムヒカ。 (C)2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ …

新作映画ニュース

アイネクライネナハトムジークの原作者は伊坂幸太郎。書籍の小説評価とプロフィール紹介

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国で公開。 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎原作。 伊坂 …

新作映画ニュース

【2019年8月2日〜3日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 (C)しおしお 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情 …

新作映画ニュース

映画『一度も撃ってません』あらすじ。キャストの石橋蓮司18年ぶりの主演作は2020年7月3日公開!

昼は妻にタジタジ、ハードボイルド気取りな小説家。 だけど夜は伝説のヒットマン!?でもやっぱりこの人、撃ったことない…かも。 1989年の『どついたるねん』デビューから、『新・仁義なき戦い。』『KT』『 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP