Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/11
Update

アニメ映画『ブレッドウィナー』あらすじと声優キャスト。アカデミー賞作品が12月に日本公開決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネート作品待望の日本公開決定!

家族のために髪を切り“少年”になった勇気ある少女の物語。

第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネートをはじめ、アヌシー国際アニメーション映画祭観客賞・審査員特別賞・最優秀音楽賞受賞、アニメ界のアカデミー賞と言われるアニー賞最優秀インディペンデント作品賞受賞のほか、42の国と地域、102の映画祭で上映され、数多くの観客賞を受賞したノラ・トゥーミーの単独初監督作『ブレッドウィナー』の日本公開が2019年12月に決定いたしました。

合わせて、ポスタービジュアル、メイン画像、場面写真、そして上記特報予告が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『ブレッドウィナー』について

アイルランドでは“ポスト・スタジオジブリ”と称されるアニメ制作会社カートゥーン・サルーン

『ブレンダンとケルズの秘密』(2009)、『ソング・オブ・ザ・シー海のうた』(2014)とファンタジックな映像を手がけてきました。

しかし、前2作とは異なる個性を持つ本作は、18年前の2001年9月11日、世界に衝撃を与えたアメリカ同時多発テロ事件の首謀者オサマ・ビンラディンを擁護していた、タリバン政権が支配するアフガニスタンを舞台としています。

物語性を際立たせ、主人公の目の表情に恐怖や怒り、そして希望を語らせる細やかな演出によって「アニメーションは子ども向け」という先入観を打ち破る作品となっております。

トゥーミー監督に助言をし、共に本作を作り上げたのは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の特別大使を務めるとともにアフガニスタンで少女たちの学校教育を支援している、アンジェリーナ・ジョリーです。

映画『ブレッドウィナー』の作品情報

【日本公開】
2019年(カナダ・アイルランド・ルクセンブルク合作映画)

【原作】
デボラ・エリス「生きのびるために」(さ・え・ら書房)

【原題】
THE BREADWINNER

【監督】
ノラ・トゥーミー

【脚本】
アニータ・ドロン

【エグゼクティブ・プロデューサー】
アンジェリーナ・ジョリー

【字幕翻訳】
天野優未

【声のキャスト】
サーラ・チャウディリー、ソーマ・チハヤー、ラーラ・シディーク、シャイスタ・ラティーフ、カワ・アダ、アリ・バットショー、ヌリーン・グラムガウス

スポンサーリンク

映画『ブレッドウィナー』のあらすじ

タリバン政権下、争いによって荒廃したカブールの町で、11歳のパヴァーナは、家族と小さな部屋に暮らしています。

足の悪い父は、アフガニスタンの歴史を美しい伝説になぞらえて話してくれていました。

ある日突然父親がタリバンに連行され、家族の暮らしは一変。

タリバンは女性のみの外出を禁じているため、残された者だけではお金を稼ぐことも、食料を買いに行くこともできません。

家族のために、パヴァーナは髪を切り少年になりすまし町に出て、父親を救いだす方法を探そうと決意し…。

まとめ

実際にタリバン政権下で暮らした人々へのインタビューを通して執筆された小説「生きのびるために」を映画化した本作。

どんなに困難な境遇にあっても人を思いやる優しさを忘れずに、強く生き抜いていく少女の勇気の物語です。

映画『ブレッドウィナー』は2019年12月、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開されます。

ご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

大島優子が映画『生きちゃった』で不倫!?女優として演技力がむきだしになった石井裕也監督最新作とは

大島優子、追加出演情報解禁。 「剥き出しの裸になって演じるのは初めての経験」 日本映画界を牽引する石井裕也監督のオリジナル脚本による最新作『生きちゃった』が2020年秋に公開予定となりました。 主演を …

新作映画ニュース

映画監督アディナ・ピンティリエが話題作『タッチ・ミー・ノット』へコメント!劇場公開は7月4日より

映画『タッチミーノット~ローラと秘密のカウンセリング~』は2020年7月4日(土)より公開。 第68回ベルリン国際映画祭にて金熊賞〈最高賞〉と、最優秀新人作品賞を受賞したアディナ・ピンティリエ監督作『 …

新作映画ニュース

映画『ザ・レセプショニスト』あらすじとキャスト。女性監督がアジア移民の現実を提示する

台湾出身の女性監督が描く衝撃作『ザ・レセプショニスト』。 10月全国劇場公開へ。 迫りくる現実、移民の闇とそこにある痛み、移民大国日本への警鐘…。 2018年の第1回熱海国際映画祭でインターナショナル …

新作映画ニュース

【公開中止・再延期へ】シン・エヴァンゲリオン劇場版は、世界最速上映に続き緊急事態宣言に伴う自粛へ

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』劇場公開日が2021年1月23日から再延期へ! 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部 …

新作映画ニュース

映画『Pure Japanese』あらすじ/キャスト/公開日。ディーン・フジオカ×蒔田彩珠主演のバイオレンス・アクション

孤独に生きてきた二人が出会ったとき、抑えていた狂気が目覚める。 男の狂気を描く、新たなバイオレンス・アクション・ムービーが誕生しました。 (c)2021「PURE JAPANESE」製作委員会   映 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学