Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/05
Update

映画『さよなら、ティラノ』あらすじ/キャスト/予告編。手塚プロのアニメと坂本龍一の音楽が融合する!

  • Writer :
  • 石井夏子

坂本龍一が33年ぶりにアニメ映画の音楽を手がける。

シリーズが累計200万部をこえる宮西達也の大ヒット絵本作品ティラノサウルスシリーズ。

(C)2018 “My TYRANO” Film Partners

そのティラノサウルスシリーズの『ずっとずっといっしょだよ』(ポプラ社刊)ほかを原作とした『さよなら、ティラノ』が長編アニメーション映画として、2020年初夏に公開されることとなりました。

劇場版『名探偵コナン』シリーズを多く手掛ける静野孔文監督と、日本が誇るアニメーションスタジオ・手塚プロダクションがタッグを組んだだけでなく、音楽を坂本龍一が担当するなど注目の作品となっています。

この度、坂本龍一が手掛ける神秘的な劇中音楽が流れる予告編が解禁!さらに、ハナレグミ&コトリンゴが歌うエンディング曲も解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『さよなら、ティラノ』について


(C)2018 “My TYRANO” Film Partners

シリーズ累計200万部を超える大ヒット作ティラノサウルスシリーズ『ずっとずっといっしょだよ』(ポプラ社刊)ほかを原作とし、ティラノサウルスとプテラノドンの切なくも美しい物語を完全アニメ映画化しました。

地上最強なのに暗闇が怖いティラノサウルス“ティラノ”と、飛べないけど、いつも希望を抱いて生きるプテラノドン少女“プノン”、そして親とはぐれてしまったトリケラトプスの子ども“トプス”が“天国”を求めて旅立つ彼らのお話です。

映画『さよなら、ティラノ』の予告編

この度、坂本龍一が手掛ける、神秘的な劇中音楽が流れる予告編が解禁されました。

予告編では、最強なのに暗闇が怖がるティラノサウルス“ティラノ”と、飛べないけど、いつも希望を抱いて生きるプテラノドン少女“プノン”が一出会い、「天国」を目指して大冒険を繰り広げる、「絆と友情」の心温まる冒険物語が描かれました。

坂本龍一がアニメ映画を手掛けるのは、『王立宇宙軍 オネアミスの翼』(1987)以来、実に33年ぶり

“ティラノ”と“プノン”の大冒険を壮大で神秘的な音楽で盛り上げます。

さらに、ハナレグミ&コトリンゴが歌うエンディング曲『楽園をふたりで』も解禁となり、予告内に流れています。優しい歌声に癒される音色ですね。

スポンサーリンク

映画『さよなら、ティラノ』の作品情報

(C)2018 “My TYRANO” Film Partners

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
宮西達也 ティラノサウルスシリーズ『ずっとずっといっしょだよ』ほか(ポプラ社刊)

【監督】
静野孔文

【音楽】
坂本龍一

【アニメーション・ディレクター】
江口摩吏介

【脚本】
佐藤大、うえのきみこ、福島直浩

【アニメーション制作】
手塚プロダクション

【エンディング曲】
ハナレグミ & コトリンゴ『楽園をふたりで』(commmons / Avex Entertainment Inc.)

【声のキャスト】
三木眞一郎、石原夏織、悠木碧、小西克幸、井上喜久子、森川智之、檜山修之、宮西達也/石塚運昇

映画『さよなら、ティラノ』のあらすじ

(C)2018 “My TYRANO” Film Partners

大昔、恐竜の時代。氷河期が近づき、すべてが荒廃しています。

そこに乱暴なゴルゴサウルスの群に追われているプテラノドンの少女「プノン」がいました。

捕まりそうになったプノンとゴルゴザウルスたちの前に現れたのは、巨大で、とても強そうなティラノサウルス。

そう、地上最強との呼び声高いティラノサウルスでした。

さすがのゴルゴサウルスたちもティラノの迫力におされ、プノンを諦め逃げ出してしまいます。

邪魔者がいなくなったら、ティラノがプノンを食べる番。ですが、ティラノはプノンに目もくれず、木の上になっている赤い実をむしゃむしゃと食べはじめました。

“おじちゃん、私はプノンだよ。おじちゃんの名前は何?なんで私を食べないの?”“おじちゃんは肉食なのに、なんで赤い実を食べるの?”

(C)2018 “My TYRANO” Film Partners

休む間もなく喋るプノンを後に、ティラノが自分の道を進もうとした瞬間、プノンはある提案をします。

“おじちゃん、私は「天国」というところを探してむかってるよ。そこは無数の赤い実を食べられるこの地上唯一の楽園だよ。一緒に行かない?”と声をかけられ乗り気になったティラノ。

なんらかの事情があるか、飛べない特異なプテラノドンのプノンと一緒にいくことを決意します。

ティラノの「地上最強」の地位を奪おうと企てるゴルゴサウルスは、ティラノに執心してしつこく彼らを追っていて…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2018 “My TYRANO” Film Partners

果たして、「ティラノ」と「プノン」そして旅の途中で出会う親とはぐれたトリケラトプスの子ども「トプス」は、無事に天国に着けるんでしょうか。そして、その天国は本当に楽園なんでしょうか。

坂本龍一がアニメ作品の音楽を手がけるのは、実に33年ぶり。

しかも今回は、ファミリー映画ということで、子どもから大人まで、さまざまな世代の心に響く音楽となっています。

長編アニメーション映画『さよなら、ティラノ』は2020年初夏に全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

Netflixドラマ「新聞記者」キャスト誰で配信日はいつか!予告編も解禁され綾野剛や横浜流星が加わった新シリーズ

Netflixシリーズ「新聞記者」を2022年1月13日(木)に全世界同時配信 2019年に劇場公開され、大きな話題を呼んだ映画『新聞記者』は、近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込んだ作品とし …

新作映画ニュース

【死霊館のシスター:映画グッズプレゼント】恐怖の悪魔尼僧メモパッド!限定5名様に当たる

「死霊館」「アナベル」シリーズの恐怖はここから始まった…。 全世界興行収入1,350億円超えの大ヒットを記録したジェームズ・ワンが贈る「死霊館」シリーズ最新作。 映画『死霊館のシスター』9月21日(金 …

新作映画ニュース

映画『ガール・イン・ザ・ミラー』あらすじとキャスト。美少女の復讐劇がカリコレ2019にて公開!

“永遠の美少女”オリヴィア・ハッセーの愛娘インディア・アイズリー主演! 凄惨にして官能的。美しくも悲しい、ガール・リベンジ・スリラーが日本公開。 ©2017 ACE IN THE HOLE PRODU …

新作映画ニュース

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』あらすじ/キャスト/公開日。セドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作!

『猫が行方不明』『スパニッシュ・ アパートメント』などで知られる、セドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作『おかえり、ブルゴーニュへ』の日本公開が決定しました。 11月17日(土)よりヒューマントラ …

新作映画ニュース

映画『明日の食卓』キャストの石橋豊役は和田聰宏(そうこう)【演技評価とプロフィール】

映画『明日の食卓』は2021年5月28日よりロードショー 2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学