Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/12/08
Update

映画『ポスト・モーテム遺体写真家トーマス』あらすじ/公開日/上映館。ガチ怖ホラーが描くハンガリーの歴史と“死んでも終わらない恐怖”

  • Writer :
  • 大塚まき

2022年アカデミー賞国際⻑編部⾨ハンガリー代表作
「遺体写真」をめぐる最上の恐怖!

ホラーとしては異例の2022年アカデミー賞国際⻑編映画部⾨ハンガリー代表作に選定された『POST MORTEM(原題)』。


(C)SZUPERMODERN STÚDIÓ

この度邦題を『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』として、2022年1⽉7⽇(金)から開催の「未体験ゾーンの映画たち2022」において、ヒューマントラストシネマ渋⾕(2⽉4⽇(⾦)より公開)シネ・リーブル梅田(2⽉より開催予定)にて公開されます。

また併せて、⽇本版ビジュアルと予告編が解禁となります。

⽇本版ビジュアルは「死んでも終わらない恐怖」というコピーとともに、主⼈公のトーマスが恐怖の叫び声をあげるホラー感満載のビジュアルに仕上がっています。

スポンサーリンク

映画『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』について

第88回アカデミー賞国際⻑編部⾨で外国語映画賞を受賞した『サウルの息⼦』をはじめ、『ニーチェの⾺』『⼼と体と』『この世界に残されて』などの良作を送り出してきたハンガリーのアカデミー賞国際⻑編映画部⾨代表作。

2022年に開催となる第94回の代表作には、各国の映画賞で注⽬を集める異例の「ホラー映画」が選出されました。

本作は世界の映画祭でも24部⾨受賞43部⾨ノミネート(2021年12⽉時点)、映画批評サイトでも高い評価を得て、世界中の批評家・映画ファンからも注⽬を集めています。

監督は、ハンガリー史上初の国際エミー賞にノミネートされたTVシリーズ「Trezor」の監督を務めたピーター・ベルゲンディ

⼦供の頃からホラー映画が好きだった彼が、ハンガリーの歴史と密接に関わるホラー映画を作りたいとの構想のもと、第⼀次世界⼤戦直後のスペイン⾵邪の⼤流⾏の際に犠牲となった「歴史的な痛みを伴う」幽霊をモチーフにストーリーを紡ぎあげました。

美術セットや⼩物にも、そんな時代背景を表現するこだわりのアンティークが使⽤されています。

また主⼈公の職業となっている「遺体写真(ポストモーテムフォトグラフィー)」は歴史上実在し、特にヴィクトリア朝時代には⾃然に庶⺠の間で⾏われていました。

歴史的な背景と異⾊の設定を持つ新しいホラーに注⽬が集まります。

映画『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』の予告編

この度解禁された⽇本版予告編では、遺体写真家のトーマスがスペイン⾵邪で亡くなった⼦供の死体と、その家族を撮影する不気味なシーンから始まります。

少⼥の誘いによりスペイン⾵邪で⼤量の犠牲者が出たとある村に訪れるのだが、村が隠す奇妙な異変に気づいていくトーマス。

その異変は徐々に激しさを増し、ついに悪霊の怒りがクライマックスになります。

果たしてトーマスは秘密を暴き、悪霊に打ち勝つことができるのか︖

クオリティの⾼い映像に2022年アカデミー賞国際⻑編部⾨ハンガリー代表作への期待が⾼まります。

スポンサーリンク

映画『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』の作品情報

【日本公開】
2022年(ハンガリー映画)

【原題】
POST MORTEM

【監督・脚本】
ピーター・ベルゲンディ

【キャスト】
ヴィクトル・クレム、フルジナ・ハイス、ガブリエラ・ハモリ、ユディット・シェル

映画『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』のあらすじ

舞台は、第⼀次世界⼤戦後のハンガリー。

死者と遺族の最後の写真を撮ることを仕事にしている「遺体写真家」のトーマスが、⻑期にわたる戦争とスペイン⾵邪によって⼤量の犠牲者が出た、ある村を訪れます。

その村は死者が悪霊となって棲みつく呪われた村でした。

トーマスは村に住む少⼥アナと協⼒しながら、霊を写真に写すことでその秘密を明らかにしていきますが、悪霊は2⼈に容赦なく襲いかかります。

果たしてトーマスとアナは、真実を明らかにし悪霊に打ち勝つことが出来るのか…?

スポンサーリンク

まとめ

2022年アカデミー賞国際⻑編映画賞部⾨ハンガリー代表作は、戦争と疫病で荒廃した死体のある村を舞台に最上の恐怖を描きます。

本記事では待望の⽇本版ビジュアルと予告映像が解禁となり、クオリティの⾼い予告映像とビジュアルにますます公開への期待が⾼まりました。

異色のホラー映画『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』は、2022年2⽉4⽇(⾦)より「未体験ゾーンの映画たち2022」にてヒューマントラストシネマ渋⾕でロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『あ・く・あ ~ふたりだけの部屋~』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。小泉ひなたがエッチなSFブラックコメディに主演

ドアを開けると⼤嫌いな男と謎の“部屋”でふたりきり︕︖ 不思議な現象に苛まれる⼥の苦悩と愛を描く、ちょっとエッチなSFブラックコメディ。 園子温監督の助監督を経て異端映像作家として活躍する監督・中川究 …

新作映画ニュース

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』あらすじとキャスト。予告編と場面写真紹介!

公開4館からわずか三週間で1084館に急拡大。 口コミで話題を呼び全米大ヒット!! 『レディ・バード』『ムーンライト』などの話題作を手がける新進気鋭スタジオ「A24」が製作、2018年のサンダンス映画 …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのカウボーイ役は斎藤工(たくみ)。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

映画『空母いぶき』道頓堀川イベント。西島秀俊&佐々木蔵之介ら船上に登壇!

映画『空母いぶき』は2019年5月24日(金)より全国ロードショー! 「空母」が存在する近未来の日本を舞台に、決して絵空事などではない危機を克明に描いた映画『空母いぶき』。 『ホワイトアウト』『沈まぬ …

新作映画ニュース

劇場版『パラレルスクールDAYS』高橋ひかる&甲斐翔真ら舞台挨拶に登壇。完成披露試写会リポート

さらなる盛り上がりを目指して、登壇者全員が意気込み © SoftBank Corp. All rights reserved. YouTubeで配信中の人気ドラマを映画化、深い味わいを見せる純粋なラブ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学