Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/01/21
Update

ドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』が劇場公開。田部井一真が知られざる関係に迫る!

  • Writer :
  • 松平光冬

南米ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカと日本をつなぐものとは?

“世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれた元ウルグアイ大統領、ホセ・ムヒカ


(C)2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会

彼と日本との知られざる関係を追ったドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』が、2020年10月2日(金)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開されます。

映画公開に先駆け、ティザービジュアルが到着しました。

スポンサーリンク

映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』について

本作『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』は、第40代ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカを、田部井一真監督が追ったドキュメンタリー映画です。

2010年から5年間、南米の小国ウルグアイの大統領を務め、2012年のブラジル・リオデジャネイロで開かれた国連持続可能な開発会議での名スピーチで、世界中の多くの人々に影響を与えたムヒカ。

そんなムヒカの発言に魅せられた田部井監督が、何度もウルグアイに渡り取材を重ね、彼の生き方や言葉に触れながら、ムヒカと日本の知られざる関係をひも解いていきます。

ホセ・ムヒカとは?

参考動画:映画『ハッパGoGo 大統領極秘指令』予告編

本作のメイン被写体であるホセ・ムヒカは、1950年代中盤から祖国ウルグアイで政治活動にのめり込み、60年代中盤にトゥパマロス人民解放運動に参加し、ゲリラ活動を開始

それにより4回も投獄されたり、6発の銃弾を浴びたりするも、1995年に国会議員となり、ついに2010年にウルグアイ大統領に就任します。

大統領になっても給料の大半を貧しい人々に寄付し、愛車の古いフォルクスワーゲンを運転し、大統領専用機も持たず、仕事の合間をぬってトラクターで農作業をするムヒカは、いつしか“世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれるように。

2015年の任期満了により大統領を辞任以後も、その清貧ぶりで国民に愛される存在となりました。

またムヒカは、大統領時代に、全世界に先駆けて大麻(マリファナ)の合法化に踏み切ったことでも知られます。

そのマリファナ合法化をコミカルに描いたウルグアイ映画『ハッパGoGo 大統領極秘指令』(2019)では、ムヒカも本人役でゲスト出演しており、なかなかの役者ぶりを披露しています。

スポンサーリンク

映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』のティザービジュアル

冒頭に掲載した本作のティザービジュアルでは、「人生で一番大事なことは、成功することじゃない。歩むことだ」というムヒカの言葉をメインコピーに起用

大地に立ち、動物と戯れるムヒカのイラストをメインに配した、見るだけで心が安らぐデザインとなっています。

映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
田部井一真

【製作】
大島新、堀治樹

【編集】
大山幸樹

【撮影】
中島大樹

【音楽】
石﨑野乃

【キャスト】
ホセ・ムヒカ、ルシア・トポランスキー

スポンサーリンク

映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』のあらすじ

2012年、リオデジャネイロで開かれた国連会議にて、現代の消費社会を痛烈に批判し、人類にとっての幸せとは何かを問うた、ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ。

その感動的なスピーチ動画が瞬く間に世界中で話題になったことで、当時テレビ番組でディレクターを務めていた田部井一真は、彼を取り上げることに。

ウルグアイへ渡った田部井は一度も日本に訪れたことのないムヒカが、日本の歴史や文化にとても詳しく、尊敬していることに驚かされます。

なぜ、ムヒカは日本のことをよく知っているのか?

田部井はその疑問の答えを突き止める為に何度もウルグアイへと渡り、大統領退任後のムヒカへの取材を敢行。

やがて、ムヒカの言葉に心を動かされた田部井は、多くの日本人に彼の言葉を聞いてほしいと願うようになり、訪日を熱望します。

絵本の出版社の協力を得て、ついにムヒカの来日が実現します。

まとめ

『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』公式ツイッター

本作『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』公開に先駆け、日本ではエミール・クストリッツァ監督によるドキュメンタリー映画『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』が3月に公開されます。

こちらは、クストリッツァ監督が、2014年からムヒカの日常に密着し、大統領としての任期を満了する瞬間までを、カメラに収めています。

ぜひとも2作品併せて観て、ムヒカが私たちに贈ってくれた、勾玉のメッセージを受け取ってください。

ドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』は、2020年10月2日(金)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開


関連記事

新作映画ニュース

映画『あのこは貴族』あらすじ。キャストは門脇麦×水原希子で描くシスターフッドムービー!

監督・岨手由貴子×原作・山内マリコ。 マンネリカップルが妊娠をきっかけに互いの背景や関係を見つめ直す初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子監督、待望の長編 …

新作映画ニュース

映画『罪と女王』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。人間の暗い部分を描いたデンマーク代表作!

世界の映画祭を席巻。 人間の暗部を描き出す数々の北欧傑作に続く、新たな衝撃作が誕生。 サンダンス映画祭の観客賞受賞を皮切りに、圧倒的評価でアカデミー賞デンマーク代表作品に決定、そして女性初のデンマーク …

新作映画ニュース

『ミッドナイトスワン』人生を変えるバレエ教室の先生役【真飛聖の演技評価とプロフィール】

2020年9月25日より公開の映画『ミッドナイトスワン』キャスト紹介 主演・草彅剛(くさなぎつよし)、内田英治(うちだえいじ)監督によるオリジナル脚本作品『ミッドナイト スワン』。 トランスジェンダー …

新作映画ニュース

映画『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』あらすじとキャスト。公開日は2020年2⽉28⽇に決定

作者不明で謎の肖像画。 年老いた美術商がたどり着いた“本当に価値のあるもの”とは? 「幻の名画」に込められた真実が明かされるとき、すれ違っていた家族の秘めた想いが絆を紡ぎだします。 © Mamocit …

新作映画ニュース

デニスホッパー映画『イージー★ライダー』と『アメリカン・ドリーマー』が2月1日より同時上映!予告とメインビジュアル紹介

『イージー★ライダー』日本公開50周年記念上映! デニス・ホッパーが世界中に衝撃をあたえたアメリカン・ニューシネマの金字塔『イージー★ライダー』が日本公開50周年を記念し2020年2月1日(土)よりユ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学