Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『最後にして最初の人類』日本公開日/上映館/内容解説。ティルダ・スウィントンが作曲家の遺作でナレーションを務める

  • Writer :
  • 石井夏子

第70回ベルリン国際映画祭正式出品作品。

作曲家ヨハン・ヨハンソンの初長編監督作品であり、遺作となった映画『Last and First Men』。

伝説のSF小説を、90年の時を経て映画化した奇跡の作品です。

(c)2020 Zik Zak Filmworks / Johann Johannsson

この度、邦題を『最後にして最初の人類』として、2021年7月23日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他にて全国順次公開することが決定しました。

ティザーポスターと予告編も解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

ヨハン・ヨハンソンとは?

参考動画:ヨハン・ヨハンソンによるパフォーマンス


アイスランド出身のヨハン・ヨハンソン(1969~2018)は、クラシックと電子音を融合させた音楽スタイルで知られ、映画をはじめ舞台・コンテンポラリーダンスなど幅広いジャンルで活躍した作曲家です。

中でも映画音楽での活躍はめざましく、アカデミー賞(主演男優賞)に輝いた『博士と彼女のセオリー』(2014/ジェームズ・マーシュ監督)でゴールデングローブ賞作曲賞を受賞すると、大ヒットした『メッセージ』(2016/ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督)でも同賞にノミネート。

一夜にして世界的な注目を集めるようになります。

しかし、キャリア絶頂期にあった2018年2月9日にわずか48歳で急死

早すぎる逝去に、シガー・ロス、マックス・リヒターなど世界中のアーティストたちが数多くの追悼コメントを寄せました。

生前に親交のあった音楽家の坂本龍一も「これから何度も共に音楽を作ることになるだろうと思っていました。そんな彼が何も言わずに突然去ってしまい、ぼくを含めて残された者はただ呆然としています」と追悼文を寄せています。

映画『最後にして最初の人類』について

(c)2020 Zik Zak Filmworks / Johann Johannsson

今回、日本公開が決定した『最後にして最初の人類』は、もともとシネマ・コンサートの形式で生上演されていたものがベースとなっています。

ヨハンソンが監督した16mmフィルムの映像をスクリーンに投影し、女優のティルダ・スウィントンが朗読を加え、ヨハンソンによるスコアをオーケストラが生演奏するというスタイルです。

これをヨハンソンが亡くなった後、16mmフィルムの撮影監督を務めたシュトゥルラ・ブラント・グロヴレンを中心とした参加スタッフが、1本の長編映画として構成。

ヨハンソンが目指したアーティスティックなビジョンを損なうことのないよう、2017年7月に行われた英国・マンチェスターでの初演を再現するべく努めました。

そして、ついにヨハンソンの死後2年を経て、ヨハンソンの“最後にして最初の長編監督作品”は映画として蘇り、2020年2月のベルリン国際映画祭でワールドプレミア上映されたんです。

原作は、英国の哲学者で作家オラフ・ステープルドンの『最後にして最初の人類』(1930/邦訳は絶版)。

20世紀を代表するSF作家の一人であるアーサー・C・クラーク(『2001年宇宙の旅』)にも大きな影響を与えたといわれるSF小説の金字塔です。

20億年先の未来に生きる人類第18世代のひとりが、20世紀に生きる第1世代の私たちにテレパシーで語りかけてくる内容は、期せずしてヨハンソンの出世作である『メッセージ』の世界観とも響き合うものとなっています。

スポンサーリンク

映画『最後にして最初の人類』ティザーポスターと予告編

公開決定の発表に併せ、ティザーポスターと予告編が解禁となりました。

ビジュアルで真っ先に目を惹かれる巨大で奇怪なデザインの石碑は、旧ユーゴスラビアに点在する「スポメニック」と呼ばれる巨大な戦争記念碑です。

第二次世界大戦の対ドイツ戦で犠牲となった人々を追悼し、社会主義の勝利をアピールすべく建設された数々のモニュメント。

それらは現在、まるで放棄された未来の夢のような姿を晒し続けており、美しくも謎めいた想像力をかきたて、スウィントンのナレーションとともに、観客を時空を超えた時間旅行へと誘うでしょう。

映画『最後にして最初の人類』の作品情報

(c)2020 Zik Zak Filmworks / Johann Johannsson

【日本公開】
2021年(映画)

【原作】
オラフ・ステープルドン著「最後にして最初の人類」

【原題】
Last and First Men

【監督】
ヨハン・ヨハンソン

【ナレーション】
ティルダ・スウィントン

スポンサーリンク

まとめ

(c)2020 Zik Zak Filmworks / Johann Johannsson

伝説のSF小説が90年の時を経て映画化を果たしました。

数々の映画音楽を手掛けてきた作曲家ヨハン・ヨハンソン最初で最後の長編監督作を、ぜひ劇場でお楽しみください。

映画『最後にして最初の人類』 (原題:Last and First Men)は、2021年7月23日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテにて全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

ギャスパーノエ映画『ルクス・エテルナ 永遠の光』あらすじ/キャスト/公開日/予告動画。おすすめの新作はのむコレで上映!

ようこそ、混沌と狂気の撮影現場へ。 衝撃の問題作が遂に公開。 SAINT LAURENT presentsの、ギャスパー・ノエ監督最新作『LUX ATERNA(原題)』。 (C)2020 SAINT …

新作映画ニュース

映画『アーニャは、きっと来る』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。感動の児童文学を映像化!

児童文学の傑作を映画化。 『戦火の馬』マイケル・モーパーゴ原作、後世に残したい感動作。 映画『アーニャは、きっと来る』は、1942年、当時ナチス占領下にあったフランスはピレネー山脈の麓の小さな村で起き …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャスト明日香役の山田杏奈のプロフィール。演技力の高さに注目!

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにてロードショー。 オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出 …

新作映画ニュース

『ワイルド・ストーム』あらすじとキャスト。ロブ・コーエン映画新作ポスタービジュアル解禁

2014年『イントゥ・ザ・ストーム』、2018年『ジオストーム』、そして2019年新たなディザスターパニック大作が日本上陸!! ロブ・コーエン監督最新作、映画『ワイルド・ストーム』の公開が2019年1 …

新作映画ニュース

映画『アマンダと僕』あらすじとキャスト。監督のミカエル・アースは日本での劇場公開と東京国際映画祭グランプリ&最優秀脚本賞の快挙

第31回東京国際映画祭のコンペティション部門出品作品『アマンダ(原題)』が、最高賞となる東京グランプリと最優秀脚本賞のW受賞という快挙を成し遂げました!! さらに2019年初夏にはシネスイッチ銀座ほか …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学