Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/01/21
Update

『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』映画劇場公開の本ポスター&予告動画解禁!

  • Writer :
  • 中村綾子

ナチスに弾圧され奪われた美術品と、それに関わる人々の運命に迫る名画ミステリー『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』は2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国公開

©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved

ナチス・ドイツによる美術史上最悪の略奪と、美術品の奪還を巡る相続人たちの粘り強い戦いを追ったドキュメンタリー『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

本ポスターと予告動画が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』の本ポスター

(C)2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved

完成した本ポスタービジュアルには、世界的に有名な画家ゴッホ、フェルメール、ブリューゲル、ロートレックなど、日本でもよく知られる名画の数々を背景に、ヒトラーを模した人物が不気味に配されました。

以前紹介したティザービジュアルとは違い、ポスターのバックは数々の美術作品に彩られていて、とても華やかです。

イラストで描かれたヒトラーの頭部の中にあるキャッチコピーがより強調され、彼の頭の中は誰も知りえることがなかったことを解き明かしていくことを知るようなポスタービジュアルです。

また右端に描かれた絵画を持ち出す警官隊が、少しコミカルですね。

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』の予告映像

予告編では、当時ヒトラーが演説する姿や、ナチスを支持する人々の様子などが映し出されます

続いて「ヒトラーは、恐怖で世界を支配し、さらには人々の思想をも操ろうとしていた」というナレーションとともに、ヒトラーが“アーリア人の芸術は崇高で美しい”と語り、純粋なアーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護していたと解説。

その一方でピカソ、ゴッホ、カンデンスキー、ムンクをはじめとした巨匠たちの名画が続々と登場します。

それらを堕落とみなし、強奪と破壊行為を繰り返していた事実とその真相に迫っていきます。

さらに、2013年にドイツ・ミュンヘンの老人のアパートで、行方不明だった1500点の芸術品が見つかったグルリット事件の真相ほか、美術品にかかわる人々の数奇な運命と、今も続く奪還プロジェクトに迫っていきます。

ヒトラーが優越民族だと唱えていたアーリア人の古典的作品を、なぜ擁護していたのか気になります。

映画本編では、その謎は明かされるのでしょうか…?

スポンサーリンク

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』作品情報

【公開】
2019年(イタリア・フランス・ドイツ合作映画)

【原題】
HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS(英題)

【原案】
ディディ・ニョッキ

【監督】
クラウディオ・ポリ

【キャスト(ナレーション)】
トニ・セルヴィッロ

【作品概要】
ナチス・ドイツによる美術史上最悪の略奪と、今なお続く美術品の奪還を巡る相続人たちの粘り強い戦いに迫ったドキュメンタリーです。

『グレート・ビューティ・追憶のローマ』や『修道士は沈黙する』など、イタリアが誇る名優トニ・セルヴィッロがナレーションを務めます。

日本語の字幕監修は、大ベストセラー「怖い絵」シリーズ著者でもあり、68万人を動員した「怖い絵展」監修も務めた作家・ドイツ文学者の中野京子が担当しています。

監督は、クラウディオ・ポリ。

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』あらすじ

©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved

1933年、ナチス・ドイツはふたつの手段で芸術を支配しました。

ひとつはピカソ、ゴッホ、ゴーギャン、シャガール、クレーらの傑作に「退廃芸術」の烙印を押してそれらの絵画をおとしめていき、その一方で、純粋なアーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護しました。

その年、ドイツの首相となったのはアドルフ・ヒトラー。

彼は青年時代に画家志望だったこともあり、自分の故郷近くのリンツに“総統美術館”を建設する野望を抱きました。

ヒトラーは、彼の右腕的存在のゲーリング国家元帥や自分の息のかかった画商を通じて、ユダヤ人富裕層が所有する古典美術の名品を次々と没収していきました。

オランダ、フランスなど周辺国を占領するとその勢いと大胆さは加速し、かのルーブル美術館やパリ在住のユダヤ人美術収集家から問答無用で憧れの名品や価値ある退廃美術の略奪を繰り返していきました。

スポンサーリンク

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』のみどころ

©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved

アドルフ・ヒトラーがドイツの首相に就任した1933年から、彼が自死する1945年までの12年間。

ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼると言われています。

しかし戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明となっています。なぜナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのでしょうか?

本作品は欧米で活躍する歴史家や、美術研究家を始め、略奪された美術品の相続人や奪還運動に携わる関係者の証言を元にして、ヒトラーの思想の背景と略奪された美術品が辿った闇の美術史に迫るドキュメンタリーです。

字幕監修を務めたのは、テレビでおなじみの作家で独文学者の中野京子。

彼女が「数々の名画が映し出すのは 美術と恐怖の物語」と語る、究極の美と権力に秘められた名画ミステリ―の今作は、なぜヒトラーがアーリア人の古典的絵画に魅せらていったのかという謎を追います。

絵画や美術品に魅せられたヒトラーの、思想や内面が少しでも理解できるとともに、今なお行方不明となっている絵画を探し出す手掛かりとなる作品かもしれません。

まとめ

©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved

予告映像の中にも数秒、日本画も映し出されました。

現在ほど日本画の評価や価値が高くなかった江戸時代の頃、海外ヨーロッパへそれらは多く流出したと言われています。

その日本画の価値をヒトラーが知っていたのかはわかりません。

自分が生きたその後の時代において、自分が略奪した美術作品の歴史的評価が高まることを、ヒトラーは気づくことができるきっかけはなかったのでしょうか。

または誰かがヒトラーに助言し、そのことに耳を傾ける余裕が彼にはあったのか?

ヒトラーの思想をより深く知りたいと思い、絵画の歴史への探求心を掻き立てる1本です。

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』は2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『不実な女と官能詩人』あらすじとキャスト。公開日が11月1日の実話を基にした大人向け伝記ドラマ

彼女が恋に落ちたのは、後に“エロスの祭司”と称される異端の詩人でした。 この度、原題『CURIOSA』が邦題『不実な女と官能詩人』として2019年11月1日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ …

新作映画ニュース

映画『アイの歌声を聴かせて』あらすじ/特報動画。声優キャスト土屋太鳳×福原遥×工藤阿須加が友情と歌でつながる絆を描いたアニメに命を吹き込む

声優キャストに土屋太鳳×福原遥×工藤阿須加 『サカサマのパテマ』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞、『イヴの時間』で東京国際アニメフェアOVA部門優秀作品賞を獲得した吉浦康裕が原作・監督・ …

新作映画ニュース

映画『るろうに剣心 最終章』緋村剣心役は佐藤健!演技力の評価とプロフィール紹介

大ヒットシリーズ『るろうに剣心』の完結編『るろうに剣心 最終章 The Final』は2021年4月23日公開 和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した大ヒットシリーズ「るろう …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの佐々木香役は内田理央【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

映画『エマの瞳』あらすじとキャスト。新宿武蔵野館、横浜シネマジャック&ベティにて上映決定

豪華スタッフ・キャストが、“みること”“みえること”の意味を問う野心作。 イタリア映画祭2018年にて大好評を博した、『Emma 彼女の見た風景』が、邦題『エマの瞳』として、2019年3月より、新宿武 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学