Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/08/26
Update

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』ボク(佐藤誠)役は森山未來が20〜40歳過ぎまでを演じる!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は2021年11月5日に劇場公開及びNetflixにて全世界同時配信予定。

燃え殻によるデビュー恋愛小説を原作とした『ボクたちはみんな大人になれなかった』が、2021年11月5日に公開及びNetflixにて全世界同時配信されます。

森山未來、伊藤沙莉、東出昌大、SUMIREら豪華キャスト陣が集結。

犬童一心や阪本順治らの助監督を務めた森義仁が映画初監督を務めます。

ある朝の満員電車の中で、昔の彼女のFacebookに誤って「友達申請」をしてしまった主人公・佐藤を描くラブストーリーです。

主演の森山未來はじめ、伊藤沙莉、SUMIRE、東出昌大、萩原聖人、大島優子、高嶋政伸ら実力派が顔を揃えます。

この記事では佐藤誠役の森山未來について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』の作品情報


(C)2021 C&Iエンタテインメント

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
燃え殻『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)

【監督】
森義仁

【脚本】
高田亮

【キャスト】
森山未來、伊藤沙莉、東出昌大、SUMIRE、篠原篤、平岳大、片山萌美、高嶋政伸、ラサール石井、大島優子、萩原聖人

【作品情報】

発行されて以来共感の声が広がり続け、あいみょん、小沢一敬、吉岡里帆など著名人からも絶賛された燃え殻のデビュー恋愛小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』。

犬童一心や阪本順治らの助監督を務めた後、CMや欅坂46、サカナクションなどのMVを手がけ、『恋のツキ』でドラマ初監督を務めた森義仁が実写映画化しました。本作が映画監督デビューとなります。

主演を務めるのは『世界の中心で、愛をさけぶ』『アンダードッグ』などのほか、ダンサーとしても活躍中の森山未來。

主人公の初恋の人・かおりを伊藤沙莉、謎の美女・スーをSUMIRE、佐藤と約20年間共に働いた関口を東出昌大、佐藤と関口の長年の上司を萩原聖人が演じます。

そのほか大島優子、高嶋政伸、平岳大、ラサール石井ら実力派が共演。

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』のあらすじ

ある朝の満員電車。

佐藤誠は、昔の失恋した彼女のFacebookに誤って「友達申請」をしていしまいます。

混沌とした彼の1日から、SNSが過去と現在を繋いでいき…。

スポンサーリンク

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』佐藤誠役は森山未來

参考映像:『モテキ』(2011)

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』で佐藤誠役を演じる森山未來は1984年8月20日生まれの俳優、ダンサー。兵庫県出身。

5歳からジャズダンス、タップダンス、バレエ、ヒップホップなど様々なジャンルのダンスを学び、15歳で本格的に舞台デビュー。

2003年ドラマ『WATER BOYS』にメインキャストとして出演し注目されました。

2004年の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で主人公・サクの高校生時代を演じ、さまざまな映画賞を受賞。

2011年の主演映画『モテキ』が大ヒットとなり、前年放送のドラマ版も多数の賞を受賞しました。

演劇、映像、パフォーミングアーツなど多方面での表現者として活躍中。

2019年には、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に出演。

そのほか映画『苦役列車』『北のカナリアたち』『怒り』『アンダードッグ』、日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』など数多くの作品に出演しています。

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』佐藤誠はどんな役?

森山未來演じる佐藤誠は本作の主人公。

ある日の朝、満員電車の中で忘れられない元恋人のFacebookに間違って「友達申請」してしまい…。

スポンサーリンク

森山未來の演技力の評価は

参考映像:『アンダードッグ』(2020)

実力派俳優という顔に加え、ダンサーとしても国際的に活躍中の森山未來。

2004年には大ヒット純愛映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で主人公・サクの高校生時代を演じ、第47回ブルーリボン賞新人賞に加え、第28回日本アカデミー賞で新人俳優賞と優秀助演男優賞をダブル受賞しました。

2011年の映画『モテキ』では、非モテの草食系ながら「モテ期」を迎え大騒動を巻き起こす主人公を好演し、第66回毎日映画コンクール男優主演賞などを受賞

その後も『北のカナリアたち』『苦役列車』で第36回日本アカデミー賞優秀助演男優賞や第86回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞など多数映画賞を受賞しています。

ミュージカル舞台『100万回生きたねこ』でも第21回読売演劇大賞男優賞を受賞するなど、様々な方面での作品での演技を高く評価されています。

ダンサーとしては15歳にしてすでに頭角を現しており、デビュー舞台『BOYS TIME』の演出家・宮本亜門は、「フレッド・アステア以来の恐るべき天才」だと絶賛。

第40回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した映画『怒り』では、その高い身体能力を発揮。怪しいバックパッカー役を、軽やかな身のこなしで演じ上げ、無駄のない動きで観客を魅了しました。

怒りを狂気的に爆発させるシーンでは、観る者に恐怖を与えるほどの怪演ぶり。柔軟性と幅の広さをみせつける演技で圧倒しました。

2020年主演作『アンダードッグ』ではさらに肉体を磨き上げ、ボクサー役を熱演。第75回毎日映画コンクールと第94回キネマ旬報ベスト・テンで主演男優賞を受賞しています。

森山未來の公式SNSの紹介

森山未來の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

配信サイトで連載され大きな反響を呼び各方面のクリエーターからも絶賛された、燃え殻による小説原作の実写映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』。

犬童一心や阪本順治らの助監督を務め、ドラマ『恋のツキ』の監督を務めた森義仁が映画初監督を務めます。

主人公・佐藤を演じるのは、『世界の中心で、愛を叫ぶ』『モテキ』『アンダードッグ』などで数々の映画賞を受賞してきた実力派・森山未來。

ヒロイン・かおりを『幕が上がる』の伊藤沙莉、佐藤と長年働いた関口を『コンフィデンスマンJP』の東出昌大、謎の女・スーを『妖怪大戦争ガーディアンズ』のSUMIREが演じます。

そのほか、高嶋政伸、ラサール石井、大島優子、萩原聖人ら豪華キャストが共演。

注目の映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は、2021年11月5日よりシネマート新宿、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほかロードショー&NETFLIX全世界配信開始です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの女中国マフィア・チアチー役は藤岡麻美【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開されます。 監督を務 …

新作映画ニュース

映画『君から目が離せない』劇場公開初日トーク&ライブイベント。山崎まさよしの生歌に聞き惚れる

映画『君から目が離せない』は2019年1月12日よりシネマート新宿にて2週間限定レイトショー。 青春時代に誰しもが体験したであろう甘酸っぱい想いが描かれている『君から目が離せない』は、冬・夏・秋の3つ …

新作映画ニュース

映画『キラメイジャーVSリュウソウジャー』あらすじ/キャスト/上映館/予告動画。いつから公開?前売り券特典の配信アーカイブ情報も

4月29日の上映を前に一挙解禁! 2021年4月29日(木・祝)より新宿バルト9ほか期間限定上映、8月4日(水)よりBD&DVD発売となるVシネクスト『キラメイジャーVSリュウソウジャー』。 …

新作映画ニュース

TAKAHIROが映画でちょんまげ姿を初披露!『3人の信長』特報予告とポスタービジュアル紹介

ホンモノ、だ~れだっ! Ⓒ2019「3人の信長」製作委員会 数々の映画・ドラマの題材となった“織田信長”の新たな姿を描いた前代未聞の時代劇エンターテインメント『3人の信長』が9月20日(金)より全国公 …

新作映画ニュース

映画『クシナ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。特報予告動画で見る女性監督が描いた母娘の愛とは

秘密の共同体の崩れていく日常と、試される母娘の愛。 女だけが暮らす男子禁制の山奥の集落を舞台に、監督自身の過去の体験に根ざした母と娘の物語を描いた映画『クシナ』は、大阪アジアン映画祭2018でJAPA …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学