Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/03/04
Update

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』あらすじ/キャスト/上映館。ウィンターボトム最新作は実話を基にしたブラックエンタメ!

  • Writer :
  • 石井夏子

ようこそ、ファストファッション帝国最悪の宴へ。
奇才、マイケル・ウィンターボトム監督が描く、衝撃のブラックエンターテインメント誕生!

ファストファッションブランドを経営し、業界トップにまで上り詰めたリチャード・マクリディの栄光と転落を、イギリスを代表する奇才、マイケル・ウィンターボトムが監督・脚本を手掛けた『GREED(原題)』。

(C)2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

『GREED(原題)』が、日本公開に向けて邦題『グリード ファストファッション帝国の真実』に決定しました。

イギリスらしい痛烈な風刺とウィットに富んだジョークをふんだんに散りばめたブラックエンターテインメント『グリード ファストファッション帝国の真実』は、2021年6月よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開となります。

スポンサーリンク

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』について

「グリード=強欲」の意味を持つ本作は、金と欲がすべてのリチャード・マクリディ卿のセレブレティな生活の裏に隠された、ファッションビジネスの闇を鋭い視線で暴き出します。

『イン・ディス・ワールド』(2002)、『グアンタナモ、僕達の見た真実』(2006)で国際問題を取り上げ、それぞれベルリン国際映画祭で金熊賞、銀熊賞を受賞したマイケル・ウィンターボトム監督が、今回はユーモアを織り交ぜながら経済第一主義の社会への問題提起に挑戦。

各国の企業が持続可能な開発(SDGs)を取り入れ始めている昨今において、ウィンターボトムは下記のようにコメントしています。

「資本主義の移り変わりと共に、グローバル化が世界をどう変えていったのか。例えばスリランカの縫製工場で働く女性たちや、イギリスのファストファッション業界の企業買収など。これらを架空の人物を通して見ることができるのがこの作品の良さだ」

資本主義のタブーを大いに笑い飛ばしながら楽しめる快作が誕生しました。

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』キャスト紹介

参考:アイラ・フィッシャーのインスタグラム

主人公リチャードのモデルは、昨年に破産申請をした「TOPSHOP」を始めとする複数のファストファッションブランドを保有していたアルカディア・グループのオーナー、フィリップ・グリーン卿

日焼けした肌と不自然なまでに白く輝く歯という、富裕層特有の外見に近づけるために肌を小麦色に塗り、付け歯を装着して役に臨んだのは、イギリスのカリスマ的コメディ俳優、スティーヴ・クーガンです。

ウィンターボトム監督作『24アワー・パーティ・ピープル』(2002)の出演をきっかけに監督と交流を深め、本作で7度目のタッグとなるスティーヴが、資本主義が生んだ怪物・リチャードの生き様を皮肉たっぷりに演じています。

そしてリチャードに負けず劣らずお金に目がない元妻を『グランド・イリュージョン』のアイラ・フィッシャーが演じるほか、『24アワー・パーティ・ピープル』のシャーリー・ヘンダーソン、Netflixオリジナルシリーズ「セックス・エディケーション」の主演で注目を集めるエイサ・バターフィールドらが出演しました。

スポンサーリンク

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』の作品情報

【日本公開】
2021年(イギリス映画)

【原題】
GREED

【監督・脚本】
マイケル・ウィンターボトム

【キャスト】
スティーヴ・クーガン、アイラ・フィッシャー、シャーリー・ヘンダーソン、エイサ・バターフィールド

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』のあらすじ

ギリシャ・ミコノス島。

ファストファッションのブランド経営で財を成したリチャード・マクリディ(スティーヴ・クーガン)の還暦を祝うため、リチャードの元妻サマンサ(アイラ・フィッシャー)、息子のフィン(エイサ・バターフィールド)、マクリディの母マーガレット(シャーリー・ヘンダーソン)を始めとする一家が集結し、パーティーの準備が進められていきます。

折しもイギリス当局から脱税疑惑や縫製工場の労働問題を追及されたリチャードは、ド派手にショーアップされたこのイベントでかつての威光を取り戻そうと目論んでいました。

しかし湯水のように金を使い、傲慢に振る舞うリチャードと、家族や部下、伝記作家との間には不協和音が生じてしまい……。

スポンサーリンク

まとめ

参考:英国版トレーラー

人間が生きる上で欠かせない“衣食住”のひとつであるファッション。

そのファッションを作っているのは一体誰なのか。

マイケル・ウィンターボトム監督が贈る痛烈な笑いと衝撃の映画『グリード ファストファッション帝国の真実』は、2021年6月よりTOHOシネマズ シャンテにて全国ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

映画『かそけきサンカヨウ』キャスト/公開日。今泉力哉最新作は志⽥彩良×井浦新で思春期の娘と父の関係を繊細に描く

人気作家・窪美澄×監督・今泉力哉 ⼈気作家・窪美澄の短編集『水やりはいつも深夜だけど』(角川文庫刊)所収の「かそけきサンカヨウ」が映画化されます。 (c)2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会 …

新作映画ニュース

シャリーズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』育児あるある映像と画像解禁

映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショー。 本日8月7日(火)は主演を務めたシャーリーズ・セロンの誕生日! この日を記念して、育児あるある満載 …

新作映画ニュース

映画『息をするように』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。伊藤万理華が男の子役に挑んだ枝優花の最新作

主演:伊藤万理華が男の子役に初挑戦! 『浅田家!』『ナラタージュ』『夏への扉』などを数々の話題作の映画のプロデュースを担ってきた小川真司。 (C)2021 FAITH MUSIC ENTERTAINM …

新作映画ニュース

大林宣彦新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』が東京国際映画祭2019にて上映!代表的作品の特集イベントも

第32回東京国際映画祭の特集企画第1弾が決定!! 映像の魔術師、日本を代表する映画監督の偉大な軌跡。 ©PSC 2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間にて開催される第32回東京国際映画 …

新作映画ニュース

映画『HAKONIWA』あらすじ/キャスト。秋元龍太朗が主演する若松宏樹監督の長編SFが制作開始!

映画『HAKONIWA』は2020年完成予定。 アメリカの大学院で監督専攻のMFAを取得した若松宏樹監督。 若松宏樹監督 卒業制作のSF短編映画では国内外で高い評価を得た若松監督が、秋元龍太朗と佐藤乃 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学