Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/10
Update

『台北セブンラブ』あらすじとキャスト。台湾の恋愛映画テーマした特集上映で日本公開へ

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

台湾映画『台北セブンラブ』は、「台湾巨匠傑作選 2019~恋する台湾~」にて日本初上映決定。

2018年末に日本公開に向けてのクラウドファンディングを実施していた台湾映画『台北セブンラブ』。

本作の上映が、「台湾巨匠傑作選 2019~恋する台湾~」にて、日本で初上映されることになりました。

スポンサーリンク

映画『台北セブンラブ』とは

本作『台北セブンラブ』は、台湾映画社が良質な台湾発の作品をを広く、日本の映画ファンに届けたいという思いから、同社の代表である葉山友美さんがクラウドファンディングで日本公開にこぎつけた作品です。

葉山さんが『台北セブンラブ』をはじめて観たのは、2015年に台湾に語学留学中の折りでした。

その当時、現地で何本も台湾映画を鑑賞するも、本作がズバ抜けてアカ抜けた斬新さを持っていたことで惚れ込んだ作品だったそうです。

これまでの台湾映画のイメージを覆す、唯一無二な作品の日本公開に向けて、葉山さんの思いもひとしおのようです

ぜひ、この機会に台湾を知る映画をご覧になってみてはいかがでしょう。

映画『台北セブンラブ』の作品情報

【公開】
2019年(台湾映画)

【原題】
相愛的七種設計

【監督】
陳宏一(チェン・ホンイー)

【キャスト】
アン・シュー、モー・ズーイー、ホアン・ルー』、ダレン・ワン、チ ウ・イェンシャン、トム・プライス、チェン・ユーアン

スポンサーリンク

陳宏一(チェン・ホンイー)のプロフィール

参考映像:監督作品『消失打看 Honey PuPu』(2011)

陳宏一(チェン・ホンイー)は、1967年2月14日生まれの台灣高雄出身。

高雄市立高雄高級中學、国立台湾大学哲学科卒業。その後、映画監督のほかに、CM・MVディレクターも務めています。

2011年制作の『消失打看 Honey PuPu』で台北映画祭で最優秀監督賞を受賞

【長編映画のフィルモグラフィ】
花吃了那女孩 Candy Rain』(2008)
消失打看 Honey PuPu』(2011)
相愛的七種設計 design 7 love』(2014)
自畫像 The Last Painting』(2017)

参考映像:監督作品『自畫像 The Last Painting』(2017)

映画『台北セブンラブ』のあらすじ

2014年台北。

これから迎える2016年に「世界デザイン首都」に台北が選定されたことから、街はこれまで以上に建築ラッシュが進みます。

全ての台北のデザイン事務所も沸き立ち、バーズがマネージャーを務めるデザイン事務所も例外ではありませんでした。

かつての恋人でデザイナーのドロシーを上海から呼び戻し、ホテルのリノベーション案件のプロジェクトに挑みます。

容姿端麗なドロシーにクライアントのホテルの二代目若社長マークは言い寄り、事務所の所長アンドリューは彼女を利用しようと画策します。

そんな中、改装ホテルのデザインテーマは「愛」に決まります。

果たして個性の強い人ばかりがいる状況で、無事に「愛」をモチーフにデザインできるのか。

そしてドロシーが最終的に手に入れるのは、誰の愛なのか…。

スポンサーリンク

映画『台北セブンラブ』の見どころ

本作『台北セブンラブ』は、スタイリッシュなデザイン事務所を舞台に、男女7人が繰り広げる、愛と駆け引きのラブ・ストーリー。

しかし、チェン・ホンイー監督の作風は、観る者を意外な結末へと導く作りになっています。

そのことは映画制作のみならず、CMやミュージックビデオの監督としても、知られるホンイー監督ならではのものです。

彼の独特の心象表現は、台湾のアカデミー賞である第51回金馬奨最優秀視覚効果賞にノミネートされたほどです。

また本作のポスタービジュアルは、数々の賞を受賞し、台湾初の女性総統となった蔡英文の選挙キャンペーンのビジュアルデザインを手掛けたことでも有名な聶永真(アーロン・ニエ)がデザインし、台湾で大きな反響を集めました。

まとめ

本作の主役で上海に勤めていたデザイナーのドロシーは、元カレのバーズに誘われ台北のデザイン事務所で働くことになります。

このドロシー役を務めたのはアン・シュー。彼女はイタリア系アメリカ人と台湾人のハーフで、モデルで人気を博した女優です。

本作で第51回金馬獎最優秀新人賞ノミネートされたほか、2015年に台湾で大ヒットを飛ばした『紅衣小女孩』の主役に抜擢、その後、2017年には同監督の『目撃者 闇の中の瞳』にも出演しています。

共演者のモー・ズーイーはバーズ役。元カノのドロシーを自分がマネージメントするデザイン事務所に誘うほど、ドロシーに今なお未練ありありの役柄。

また、ホアン・ルーはエマ役。改装ホテルデザインプロジェクトを担当しながら、美人なドロシーをけむたがる女性を演じています。

そのほかのキャラクターには、舞台となるデザイン事務所の社長アンドリューは、ドロシーにクライアントへの色仕掛けをけしかけたり、2代目若社長のマークは、自社ホテルの改装デザインを依頼した際にドロシーに一目ぼれし、落とそうと大奮闘するなど、ひと癖二癖ある登場人物ばかりです。

本作『台北セブンラブ』は、2019年4月20日(土)から5月10日(金)に、東京・新宿のK’s cinema にて上映される特集の1本に入っています

台湾映画における恋愛映画の系譜をテーマにプレミア上映には、『熱帯魚』『ラブゴーゴー』『台北セブンラブ』を含む台湾ニューシネマから現代に連なる古びないポップな21作品を一挙上映です。

ぜひ、この機会に今の台湾を知る『台北セブンラブ』と特集上映にご注目ください。お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

森崎ウィン「東南アジア映画の巨匠たち」オープニングセレモニーに登壇!上映は7月10日まで開催

特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」は2019年7月4日から7月10日にかけて開催中! 国際交流基金アジアセンターと公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)が共催し、躍進が目覚ましい東南アジア映画界 …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018上映作品のリポート第2弾。コンペティション部門などからピックアップ解説

© 2018 TIFF 10月25日から始まった第31回東京国際映画祭。 映画祭の顔といえばコンペティション部門を中心にしたオリジナルセレクション部門です。 まだ発掘されていない才能をいち早く発見する …

新作映画ニュース

映画『愛がなんだ』の名場面を再現して大盛況!舞台挨拶付き完成披露試写会リポート【テアトル新宿】

岸井ゆきの“肩トン”で大照れ 恋愛映画の旗手、今泉力哉監督のもとに多彩な俳優陣が名を連ねて映画化した『愛がなんだ』。 2019年4月19日(金)の公開を記念し、3月12日(火)に東京・テアトル新宿にて …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャスト。みらいくんのお母さん役は西田尚美【プロフィールと演技力評価】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開。 オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

ガス・ヴァン・サント監督の来日決定!映画『ドント・ウォーリー』コメントも【ヒューマントラストシネマ渋谷】

ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作映画、ホアキン・フェニックス主演『ドント・ウォーリー』が2019年5月にヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野館他にて全国順次公 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP