Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/02/04
Update

映画『ホムンクルス』の原作者は山本英夫!おすすめのカルト的人気を誇る漫画家のプロフィール解説

  • Writer :
  • 谷川裕美子

サイコミステリー『ホムンクルス』は2021年4月2日公開

山本英夫原作の国民的カルト漫画を、『呪怨』シリーズ、『犬鳴村』など国内外で活躍する日本ホラー界の巨匠・清水崇監督が綾野剛を主演に迎え実写化したサイコミステリー『ホムンクルス』。

2021年4月2日に劇場公開され、その後Netflixで全世界配信が予定されています。

記憶も社会的地位もなくし、禁断の実験「トレパネーション」を受けて、左目で人間の心の歪みが異形として見えるようになってしまった主人公・名越を演じるのは、映画『日本で一番悪い奴ら』やドラマ『コウノドリ』などで活躍中の人気実力派俳優・綾野剛。

ホムンクルスと名付けられた異形の能力によって、名越が心の闇を抱える人々と交流していく様が描かれます。

成田凌、内野聖陽、岸井ゆきの、石井杏奈ら豪華俳優らが共演。

この記事では原作者の山本英夫について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ホムンクルス』の作品情報


(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

【上映】
2021年(日本映画)

【原作】
山本英夫「ホムンクルス」(小学館「ビッグスピリッツコミックス」刊)

【監督】
清水崇

【キャスト】
綾野剛、成田凌、岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽

【作品情報】

『呪怨』シリーズ、『犬鳴村』などを手掛ける日本ホラー界の巨匠・清水崇監督が、『日本で一番悪い奴ら』『新宿スワン』の人気実力派俳優・綾野剛と初タッグを組み生み出した作品。

『殺し屋1』などで知られる山本英夫によるカルト的人気を誇る同名漫画を、連載開始から10年以上を経て実写映画化。

綾野剛が、禁断の実験「トレパネーション」を受けたことから左目で人間の心の歪みが異形として見えるようになってしまった主人公・名越進を演じます。

名越を手術へと誘い、彼が手に入れた異形の能力にホムンクルスと名付ける医学生・伊藤学役には、『カツベン!』『窮鼠はチーズの夢を見る』など近年めざましい活躍を見せている成田凌。

共演は岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽ほか。

映画『ホムンクルス』のあらすじ


(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

記憶も社会的地位もなくした名越進。

ある日彼の前に突然現れた医学生の伊藤学の勧めにより、記憶がない名越は期限7日間、報酬70万円を条件にある手術を受けることになります。

第六感が芽生えるという頭蓋骨に穴を開けるトレパネーション手術を受けた名越。

すると、右目をつぶって左目で見ると、人間の心の歪みが異形となって見えるようになり…。

スポンサーリンク

映画『ホムンクルス』の原作者は山本英夫

参考画像:『殺し屋1』(2001)


(C)山本英夫/小学館・「殺し屋1」製作委員会2001

映画『ホムンクルス』の原作者・山本英夫は1968年6月23日生まれの漫画家。埼玉県出身。

1988年、ちばてつや賞ヤング部門期待賞に入賞。

弘兼憲史やくじらいいく子のアシスタントを務めた後、1989年に「週刊ヤングサンデー」にて『SHEEP』でデビュー。

1998年作の『殺し屋1』は、2001年に三池崇史監督により映画化されました。格闘技観戦が趣味であることから、キャラクターに「垣原、高山、藤原、安生、船鬼、鈴木」などUWF系のレスラーの名前を用いています。

本作『ホムンクルス』は、国民的カルト漫画として知られる大人気作。

『おカマ白書』『のぞき屋』など代表作が多数映像化されています。

山本英夫の評価は

大きな人気を誇り、数々の作品が映像化されている漫画家・山本英夫。

探偵学校に入学して取材して書き上げた『のぞき屋』が富岡忠文監督により映画化されたのに続き、バイオレンス要素の強い代表作『殺し屋1』が鬼才・三池崇史監督により2001年に映画化。過激な暴力描写によりR-18指定となっています。

山本作品では珍しいギャグ・ラブコメの『おカマ白書』はVシネマ化・OVA化されたものの、有害コミック騒動の影響で単行本第3巻以降は発売中止となり、その後、描写を一部修正の上、完全版にて刊行されました。

本作『ホムンクルス』は、連載にあたり山本が西新宿でホームレス生活をしたり、睡眠療法について学び綿密な取材を重ねたという永遠の問題作。

人間の欲望や心の深部にまで踏み込んで人間の本質に迫る描写とストーリーで、連載当時からカルト的人気を誇っています。

原作は2003~11年に小学館「ビッグコミックスピリッツ」に連載され、単行本の累計発行部数は400万部超え。

「人間というタマネギの皮をむいていったら、その人の〝魂〟はどんなカタチをしているのか。」そんな興味から、『ホムンクルス』を作ったという山本は、10年を経て実写映像を見ることができることに喜びのコメントを寄せています。

〝魂〟を視る主人公役に綾野剛がピッタリだと賞賛。

原作者が待ち焦がれている実写映像への期待が高まります。

スポンサーリンク

山本英夫の公式SNSの紹介

残念ながら山本英夫の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

山本英夫原作の大人気漫画を、『呪怨』シリーズ、『犬鳴村』などを手掛けた日本ホラー界の巨匠・清水崇監督が綾野剛を主演に迎え実写化したサイコミステリー『ホムンクルス』。

原作者・山本英夫が自ら西新宿でホームレス生活を送り、綿密な取材をして生み出したカルト的人気を誇る名作です。

映画・ドラマと数多くの人気作で幅広く活躍中の演技派・綾野剛と、NHk朝ドラ『おちょやん』でヒロインの夫役に抜擢された旬の若手実力派・成田凌が共演。

岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽ら豪華俳優陣派が脇を固めます。

注目の映画『ホムンクルス』は、2021年4月2日よりロードショーです。






関連記事

新作映画ニュース

『犬も食わねどチャーリーは笑う』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。主題歌はネバーヤングビーチ(never young beach)の楽曲「こころのままに」

主題歌を書き下ろした安部勇磨が本作の音楽も担当! 香取慎吾が『凪待ち』以来3年ぶりに主演を務め、今や日本映画界に欠かせない女優となった岸井ゆきのがヒロインとして共演、市井昌秀が監督・オリジナル脚本を手 …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2018】上映話題作レビュー速報3弾!『銃』『ハード・コア』『GODZILLA 星を喰う者』

東京国際映画祭では一般の上映と同時進行で国内外マスコミ関係者・買い付けを検討する国内外の配給会社向けの試写が行われています。 会場にお越しいただいたことがあれば見たことがある風景かもしれませんが、明ら …

新作映画ニュース

岩井俊二映画『チィファの手紙』あらすじとキャスト。日本公開決定の中国版ラストレター

岩井俊二監督が描く、もうひとつの『ラストレター』。 『Love Letter』(1995)、『スワロウテイル』(1996)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001)、『花とアリス』(2004)など、数 …

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト皆川猿時は市役所職員・宇治田守役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

新作映画ニュース

吉沢亮映画『AWAKE』あらすじ/キャスト/上映館。実話のAI将棋電王戦がモチーフの青春ムービー公開は2020年12月!

『3月のライオン』『聖の青春』に次ぐ、新たな将棋映画がここに誕生! どん底の僕を起こしてくれたのは、人間以上に独創的なAI将棋だった。 河瀨直美監督を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学