Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『家(うち)へ帰ろう』あらすじとキャスト。公開トークイベントと各種タイアップ情報

  • Writer :
  • 中村綾子

アルゼンチンのパブロ・ソラルス監督作品『家へ帰ろう』は2018年12月22日よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開。

ブエノスアイレスに住む88歳の仕立て屋が、祖国ポーランドへ70年前に別れた親友を探しに行く感動のロードムービー『家へ帰ろう』が、2018年12月22日よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開されます。

この作品の公開を記念して、人気落語家の林家木久扇さんを迎えてのトークイベント開催が決定しました。

また、映画とのタイアップも続々決定しているので紹介します。

スポンサーリンク

映画『家へ帰ろう』作品情報


(C)2016 HERNANDEZ y FERNANDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

【公開】
2018年(スペイン・アルゼンチン合作映画)

【原題】
El ultimo traje(英題:The Lasut Suit)

【監督・脚本】
パブロ・ソラルス

【キャスト】
ミゲル・アンヘル・ソラ 、アンヘラ・モリーナ、オルガ・ボラズ、ユリア・ベアホルト、マルティン・ピロヤンスキー、ナタリア・ベルベケ

【作品概要】
ブエノスアイレス住む88歳の仕立て屋が、自分を施設に入れようとしている家族から逃れ、70年前に別れた親友を探すロードムービーです。

ただの親友ではなく、第2次世界大戦中にホロコーストから逃れ、自分の命を救ってくれた命の恩人。

その親友との約束を果たすために、70年ぶりに祖国へ向かいます。

監督・脚本を手がけたのはアルゼンチンの人気脚本家パブロ・ソラルス。

長編作品2作目の彼は、自分の祖父の家で「ポーランド」という言葉がタブーであったことから発想を得たそうです。

今作品は、2017年の釜山国際映画祭World Cinema 部門に正式出品されたほか、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018のコンペティション部門に出品されるなど、世界各国からの注目を集めています。

主演は『タンゴ』のミゲル・アンヘラ・ソラ。突然家出した88歳の仕立て屋アブラハムを演じ、第44回シアトル国際映画祭で最優秀主演男優賞を受賞しました。

マドリッドのホテルの女主人マリアには『シチリア!シチリア!』のアンヘラ・モリーナが熱演。

映画『家(うち)へ帰ろう』のあらすじ

(C)2016 HERNANDEZ y FERNANDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋アブラハムは、住み慣れた仕立て屋兼自宅を引き払い、高齢者施設に入ることが決まっていました。

入居前日の深夜、アブラハムは突然家を抜け出して故郷ポーランドに旅に出ました。70年以上会っていない親友に、最後に仕立てたスーツを届けるためです。

親友はホロコーストから逃れてきたアブラハムを助け、匿ってくれた命の恩人だったのです。

旅は始まりますが、アブラハムは、決して「ドイツ」と「ポーランド」という言葉を発せず、紙に書いて行く先を告げていき、困難を極めますが…。

(C)2016 HERNANDEZ y FERNANDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

ブエノスアイレスからマドリッド、パリを経由して、ポーランドへ向かう旅の途中で出会う人たちが、アブラハムの力になりたいと助けてくれて、彼のとがった心を柔らかくしていきます。

果たしてアブラハムは親友と再会できるのでしょうか?人生最後の旅に訪れるのは奇跡か、それとも…。

スポンサーリンク

公開記念トークイベントのお知らせ


(C)2016 HERNANDEZ y FERNANDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

12月23日(日・祝)に、シネスイッチ銀座の12:35の会の上映終了後、“笑点”でもおなじみ人気落語家の林家木久扇さんを招いて、トークイベントが開催されます。

林家木久扇さんは、本作について次のようなコメントを寄せました。

「“アブラハム、家へ帰ろう!ドイツを通らずに” 70年前の恩人に仕立てた洋服をポーランド迄届ける老職人、この映画は静かなスケッチの反戦映画だ。観ていて私も主人公と歩いていて足が痛い。」

第2次世界大戦を幼少期に体験された林家木久扇さんが、どのように『家へ帰ろう』をご覧になったか、上映後のイベントにご期待ください。

12月23日はぜひシネスイッチ銀座へ足を運んでみてください!

映画『家へ帰ろう』タイアップ情報

仕立屋のアブラハムのように良質な仕立ての服を身に着けて<GINZA TAILOR>× 映画『家へ帰ろう』

1935年創業、フルハンドによるオーダーメイドスーツを仕立て続けてきたGINZA TAILORにて鑑賞券の半券でオーダーメイドシャツを特別に1万円にてご購入いただけます。(通常3万円/限定5名様) 

詳細はこちら:銀座テーラー

アブラハムも搭乗したかも!?南米最大の<航空会社ラタム> 特製グッズがあたるキャンペーン開始!

<公開キャンペーン>

本作をご覧になった方ならどなたでもTwitterまたは郵便はがきでご応募いただけます。ご応募いただいた方の中から抽選で「LATAM」ご提供の豪華賞品が当たります。

・バックパック 5名様
・サコッシュ 5名様
・サーモボトル 5名様

【初日来場者プレゼント】

12月22日(土)シネスイッチ銀座へご来場のお客様に、「LATAM」ご提供のクリアファイルとボールペンを先着100名様にプレゼント!

詳細はこちら:航空会社LATAM

各種タイアップ情報詳細は公式サイトのNEWSページをご覧ください。

『家(うち)へ帰ろう』公式サイト

スポンサーリンク

映画『家(うち)へ帰ろう』感動のラストに著名人が絶賛

映画を一足先に見た各界の著名人が、次々にコメントを寄せています。

誰にでも観てもらいたいけど 誰にも教えたくない気持ちもある。たまたま観た人と良い映画だったねと言えたら嬉しい。——十代目柳家小三治

個性的で味のある演技に、辛くて悲しくて泣きたくなる物語なのになんとも気持ちが温かくなる。人間が信じられなくなっている人におススメです。——余貴美子(女優)

祖国の名前を口にできないほど戦争の体験がトラウマになっていても、70年ぶりに約束を果たすために里帰りする頑固じいさん。素晴らしい演技です。——ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

出発した場所が家だったのか、向かう先が家なのか?道中、幾度となく過去の記憶に侵される彼の苦悶は想像を超える。それでも、耳を傾けようとする旅の道連れのおかげで私たちは彼の物語を聴くことができる。――宇田川彩 (日本学術振興会・文化人類学/ユダヤ学)

旅の終着点で見せる表情がすべてを物語っている。どれだけ先延ばしにしたとしても、約束は果たされるため待っている。大事なのはその一歩を踏み出すことなのだろう。——横山エリカ(モデル、J-WAVEナビゲーター)

落語家や女優、また学者など、著名人から絶賛されていますね。

まとめ

(C)2016 HERNANDEZ y FERNANDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

祖国の名前すら口にできないトラウマを引き起こす戦争の怖さとともに、いつ死んでもおかしくない状況に陥っていた自分を命かながら助け出してくれた親友との絆、頑なになってしまった老人の心を溶かしてくれる周りの人の温かさ。

観ながらいろいろ考えさせられそうなこの1本。

足が痛てく車いすを使ってでも、命を救ってくれた親友に会いたいと思うアブラハムと、そんな彼を助けてあげたいと思う周りの人の心の温かさに触れてみてください。

そして、12月23日はシネスイッチ銀座で落語家・林家木久扇さんの笑顔の絶えないトークショーをお楽しみください。

映画『家(うち)に帰ろう』は2018年12月22日よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

阿部はりか映画『暁闇』が全州映画祭にてワールド・プレミア上映!大好評を博した舞台挨拶

映画『暁闇』は2019年7月より全国順次ロードショー! 「MOOSIC LAB2018」長編部門にて準グランプリ・男優賞(青木柚)を受賞した、阿部はりか監督の映画『暁闇(ぎょうあん)』。 3人の孤独な …

新作映画ニュース

南沙良映画『無限ファンデーション』あらすじとキャスト。全編即興芝居のポスタービジュアルが解禁!

全編即興芝居で綴られた青春映画の傑作がついに公開。 MOOSIC LAB2018長編部門にて女優賞(南沙良)とベストミュージシャン賞(西山小雨)を受賞した、大崎章監督の映画『無限ファンデーション』が2 …

新作映画ニュース

映画『るろうに剣心 最終章』キャスト斎藤一役は江口洋介!演技評価とプロフィール紹介

大ヒットシリーズ『るろうに剣心』の完結編『るろうに剣心 最終章 The Final』は2021年4月23日公開 和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した大ヒットシリーズ「るろう …

新作映画ニュース

ジャック・オーディアール映画が第44回セザール賞にもノミネート!話題の西部劇『SISTERS BROTHERS』とは

『SISTERS BROTHERS(原題)』が第44回セザール賞にて4冠 2019年7月にTOHOシネマズシャンテ他全国ロードショーされる映画『SISTERS BROTHERS(原題)』。 ジャック・ …

新作映画ニュース

【公開中止・再延期へ】シン・エヴァンゲリオン劇場版は、世界最速上映に続き緊急事態宣言に伴う自粛へ

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』劇場公開日が2021年1月23日から再延期へ! 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学