Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/05
Update

第91回アカデミー賞ノミネート2019『グリーンブック』あらすじとキャスト。実話をファレリー監督が傑作に!

  • Writer :
  • 石井夏子

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描いた映画『グリーンブック』

第91回アカデミー賞では作品賞ヴィゴ・モーテンセンが主演男賞マハーシャラ・アリが助演男優賞など、5部門にノミネートされている本作。

アカデミー賞の有力な前哨戦として知られる第41回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞し、ライバル視されていた映画『ROMA/ローマ』を破り、第76回ゴールデングローブ賞でも作品賞を受賞しました。

2019年3月1日(金)の全国ロードショーを前に、映画『グリーンブック』の紹介と、キャストと監督のプロフィールを紹介します!

スポンサーリンク

映画『グリーンブック』の作品情報


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Green Book

【監督】
ピーター·ファレリー

【キャスト】
ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ、ディミテル・D・マリノフ、マイク・ハットン、P・J・バーン

【作品概要】
トニー・リップ役に『イースタン・プロミス』(2008)のヴィゴ・モーテンセン、ドクター・シャーリー役に『ムーンライト』(2017)のマハーシャラ・アリ。

どちらも第91回アカデミー賞主演男賞、助演男優賞にノミネートされています。

トニー・リップ(本名トニー・バレロンガ)の実の息子であるニック・バレロンガが製作・脚本を手がけ、父とドクター・シャーリーの友情の物語を映画化しました。

監督は、『メリーに首ったけ』(1999)などコメディ映画を得意としてきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーです。

映画『グリーンブック』のあらすじ


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブで用心棒として働くトニー・リップ。

粗野で無教養なニックですが、腕っぷしは確かで口が達者なため、何かと周囲から頼りにされていました。

クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われます。

ドクター・シャーリーはカーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才です。

黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド『グリーンブック』を頼りに、その旅に同行することになったトニー。

出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていき…。

スポンサーリンク

グリーンブックとは

『Green Book』(グリーンブック)とは1936年から1966年までヴィクター・H・グリーン氏によって毎年出版された旅のガイドブックです。

当時の南部には、黒人を差別弾圧するジム・クロウ法という法律がありました。

そのせいで黒人にとって、旅先での宿、レストラン、バーを探すのは至難の技だったんです。

自身がアフリカ系アメリカ人のヴィクター・H・グリーン氏が同胞のために、黒人も利用可能な施設を記した『Green Book』は南部で特に重宝されました。

トニー役ヴィゴ・モーテンセンのプロフィール


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

1958年、アメリカ、ニューヨーク州生まれで、父はデンマーク人、母はアメリカ人。

セントローレンス大学を卒業後、デンマークで職を転々としながら、詩や短編小説を執筆。

1980年代前半にニューヨークの舞台で俳優として活動を始め、『刑事ジョン・ブック 目撃者』(1985)の端役で映画デビューしました。

ピーター・ジャクソン監督の世界的大ヒット作「ロード・オブ・ザ・リング」三部作のアラゴルン役で高い人気を獲得します。

その後、デヴィッド・クローネンバーグ監督の『イースタン・プロミス』(2008)で、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞にノミネートされ、同監督の『危険なメソッド』 (2012)でもゴールデン・グローブ賞にノミネートされました。

さらに、『はじまりへの旅』(2017)で、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞にノミネートされ、他に並ぶ者のない個性派俳優の地位を確立します。

本作『グリーンブック』でも第91回アカデミー賞主演男賞にノミネート

本作では実在の人物、トニー・バレロンガを演じます。

喧嘩っ早くて口達者なトニーを、色気あふれるヴィゴ・モーテンセンがどのように料理するか、どうぞお楽しみに。

スポンサーリンク

ドクター・シャーリー役マハーシャラ・アリのプロフィール


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

1974年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ

ニューヨーク大学で演劇を学び修士号を修得し、2000年代初頭からTVシリーズに多数出演。

政治ドラマ「ハウス・オブ・カード野望の階段」で演じたロビイストのレミー・ダントン役で注目が高まり、2016年にはエミー賞ゲスト俳優賞にノミネートされました。

『ムーンライト』(2017)の演技で絶賛されて第89回アカデミー賞助演男優賞を受賞し、イスラム教徒の俳優として初のオスカーを手にしました。

ハリウッドでも特別な存在の演技派俳優の彼が、本作『グリーンブック』では天才ピアニスト役を演じます。

徹底した役づくりをするマハーシャラ・アリのピアノ演奏も見ものですね。

監督·製作·共同脚本ピーター・ファレリーのプロフィール

参考映像:『ジム・キャリーはMr.ダマー』(1994)

ピーター・ファレリーは、1956年にアメリカ・ペンシルベニア州生まれます。

ジム・キャリーとジェフ・ダニエルズ共演のコメディ映画『ジム・キャリーはMr·ダマー』(1994)で監督デビューを果たし、大ヒットを記録します。

その後も、キャメロン・ディアス主演の『メリーに首ったけ』(1999)、グウィネス・パルトロー主演の『愛しのローズマリー』(2002)、マット・デイモン主演の『ふたりにクギづけ』(2004)、ジム・キャリーと久しぶりに組んだ『帰ってきたMr.ダマーバカMAX!』(2015)などを弟のボビー・ファレリーと共に監督し、コメディの名手としての評価を不動のものとしました。

単独で監督した本作『グリーンブック』。

重くなりがちなテーマを、ピーター・ファレリー監督の軽妙なおかしみ満載で描きます。

まとめ


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

人種も性格も違うトニーとドクター・シャーリー。

異なる世界に住む2人の壮大なズレに笑い、ツアーの本当の目的に胸を熱くし、極上のラストにスタンディングオベーションを贈らずにいられない、痛快で爽快、驚きと感動の実話『グリーンブック』

トニーとシャーリーを演じるのは、2度アカデミー賞ノミネートされたヴィゴ・モーテンセンと、同賞を受賞したマハーシャラ・アリです。

監督は『メリーに首ったけ』などコメディで知られるピーター・ファレリー。

期待の映画『グリーンブック』は、2019年3月1日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか、全国ロードショーです!


(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

関連記事

新作映画ニュース

映画『ハチとパルマの物語』あらすじ/キャスト/特報動画。堂珍嘉邦が感動のドラマを主題歌で彩る!

堂珍嘉邦による主題歌「愛のまちぼうけ」とのコラボ特報完成 1976年の旧ソ連時代、モスクワ国際空港に実在した名犬「パルマ」のエピソードを基に描かれた日露共同製作作品『ハチとパルマの物語』。 (c)20 …

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト皆川猿時は市役所職員・宇治田守役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

新作映画ニュース

映画『ワイン・コーリング』劇場公開は11月1日よりシネスイッチ銀座やアップリンクにて上映。“映画で旅する自然派ワイン”とは

フランスワイン界の革命児たちを追ったドキュメンタリー。 今注目の自然派ワインの生産者たちの真摯なワイン造りと、愛すべきライフスタイルを追ったドキュメンタリー映画『ワイン・コーリング』が、2019年11 …

新作映画ニュース

染谷将太×戸田恵梨香映画『最初の晩餐』あらすじとキャスト。予告編と場面写真が解禁!

父の遺言は、目玉焼きでした。 思い出の味で家族の時間を取り戻す、唯一無二の、新しいおみおくり。 染谷将太主演、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏など、日本映画界の豪華実力派俳優らが家族に扮した映 …

新作映画ニュース

映画『ムカデ人間』同時再生祭が4月28日に開催!話題のシリーズのブルーレイセット発売を記念して

『ムカデ人間 完全連結ブルーレイお買い得セット』発売決定記念 こんな時こそ、つ・な・が・ろ・う。『ムカデ人間』同時再生祭、開催決定。 2011年公開の第1作を皮切りに、2015年の第3作まで驚異の大ヒ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学