Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/06
Update

映画『いつも月夜に米の飯』あらすじとキャスト。主題歌は吉澤嘉代子に決定

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

加藤綾佳監督×山田愛奈主演の映画『いつも月夜に米の飯』は、9月8日よりシネマカリテほか全国順次ロードショー

新潟県を舞台にした、おいしそうでちょっぴ焦げついた、ごはんと家族と恋の物語に、主題歌を提供したのは吉澤嘉代子

映画主題歌「雪」が使用されることになった吉澤嘉代子の映画を観た際のコメント発表と、キャストのティザーヴィジュアル解禁されました。

スポンサーリンク

映画『いつも月夜に米の飯』の作品情報


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【脚本・監督】
加藤綾佳

【キャスト】
山田愛奈、和田聰宏、高橋由美子、渡辺佑太朗、春花、MEGUMI、西山宏幸、森下能幸、マッスル坂井、飯田孝男、小倉優香、山川未菜、宮城大樹、山本直寛、山口岳彦、内田周作、小倉一郎、角替和枝

【主題歌】
吉澤嘉代子『雪』(e-stretch RECORDS/日本クラウン)

【作品概要】
雑誌「non-no」のモデルで、映画「最低。」で女優デビュー果たした山田愛奈を主演に、『おんなのこきらい』で知られる加藤綾佳監督が、2人の出身地である新潟県でオールロケを行ったヒューマンドラマ。

映画『いつも月夜に米の飯』のキャスト

千代里役を演じた山田愛奈


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

2015年に森川葵の出世作でもある『おんなのこきらい』がスマッシュヒットを記録した加藤監督が、新潟出身の注目女優・山田とともにオールロケ敢行させた本作、おいしそうでちょっぴ焦げついた、ごはんと家族と恋の物語。

主演には、主演デビュー映画「最低。」が話題となり、初単独主演を果たした本作で、恋や仕事に奮闘する千代里を好演する山田愛奈

さらに、挿入歌「おいしい声」で歌声も披露しています。

アサダ役を務めた和田聰宏


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

麗子役を演じた高橋由美子


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

千代里と生活をともにする料理人アサダに実力派俳優の和田聰宏、わだかまりを抱える母親の麗子役に高橋由美子が務めており、また、幼なじみ役に渡辺佑太朗。

そのほか、角替和枝、小倉一郎、MEGUMI、森下能幸、小倉優香、新潟出身のマッスル坂井などの個性派が脇を固めています。

スポンサーリンク

映画『いつも月夜に米の飯』あらすじ


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

新潟で居酒屋を営む母親の元を離れ、東京の高校に通う女子高生の千代里。

夏休み間近のある日、母親の麗子が突然失踪したという知らせを受けます。

女手一つで千代里を育てた麗子は、昔から男癖が悪く、自由奔放な性格でした。

そんな母親にわだかまりを抱えつつ、新潟に帰郷した千代里。

すると、そこには店を守ろうとする料理人のアサダがいました。

そこで女将として働くことになった千代里、個性豊かな客たちを相手にしながら、徐々に心を開き、仕事にも慣れていきます。

そんな幸せな日々に、次第にアサダに惹かれていく千代里。しかし、突然、母が帰ってくると…。

映画主題歌に吉澤嘉代子の「雪」が決定


(C)2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

本作の映画主題歌には、その世界観で聴くものを魅了し続けるミュージシャンの吉澤嘉代子が務めます。

故郷でのロケでの映画制作に努めた加藤綾佳監督の演出、そして、単独主演を果たした山田愛奈の演技に花を添えたのは、吉澤嘉代子は自身の名曲「雪」を映画主題歌として提供が決まりました。

吉澤嘉代子は映画を観た感想と、自身の楽曲が使用されたことについて、次のようにコメントしています。

「私の中でも「雪」は大切な歌なので、もう一度あたらしい誰かに出会うきっかけをいただけて光栄です。料理を作ることも、食べることも、どちらも愛情表現なのだなと思いました。劇中の御食事シーンがあまりにも美味しそうだったので、今、新潟に行きたくてたまりません。吉澤嘉代子(ミュージシャン)」

さすがに吉澤嘉代子は詩人のようです。

料理を作ることも、食べることも、どちらも愛情表現なのだな”と、愛情の本質を突くような素敵なコメントですね。

スポンサーリンク

まとめ

新潟県を舞台にした、“おいしそうでちょっぴ焦げついた”、ごはんと家族と恋の物語主題歌を提供したのは吉澤嘉代子の歌声がどのようなシーンで使用されるのか、こちらも楽しみです!

加藤綾佳監督×山田愛奈主演の映画『いつも月夜に米の飯』は、9月8日よりシネマカリテほか全国順次ロードショー

ぜひ、ご期待ください!

関連記事

新作映画ニュース

シャーリズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』。作品秘話と運命の出会い画像解禁

かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー。 映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ …

新作映画ニュース

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』ボク(佐藤誠)役は森山未來が20〜40歳過ぎまでを演じる!演技力の評価とプロフィール

映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』は2021年11月5日に劇場公開及びNetflixにて全世界同時配信予定。 燃え殻によるデビュー恋愛小説を原作とした『ボクたちはみんな大人になれなかった』が、 …

新作映画ニュース

小栗旬&星野源映画『罪の声』あらすじとキャスト。土井裕泰と野木亜紀子の最強タッグ再び!

映画『罪の声』は2020年10月30日(金)より全国ロードショー。 俳優の小栗旬と星野源が、2020年10月30日(金)よりロードショーされる映画映画『罪の声』にて、ついに初共演を果たしました。 塩田 …

新作映画ニュース

《動画で見る門脇佳奈子インタビュー》NMB48同期と再会して大人になったなと感じたことを語る【映画『ヤウンペを探せ!』】

『ヤウンペを探せ!』は2020年11月20日(金)より、シネリーブル池袋ほか全国順次公開 2019年第11回沖縄国際映画祭のTV DIRECTOR’S MOVIEで上映された、話題のスラッ …

新作映画ニュース

映画『ブレッドウィナー』劇場公開日は12月20日に決定!世界各国で評価されたアニメの内容とは

家族のために髪を切り“少年”になった勇気ある少女の物語。 第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネートをはじめ、アヌシー国際アニメーション映画祭観客賞・審査員特別賞・最優秀音楽賞受賞、アニメ界のアカ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学