Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/30
Update

映画『ハニーレモンソーダ』キャストの三浦界役の実写はラウール(Snow Man)。演技力の評価とプロフィール紹介

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『ハニーレモンソーダ』は2021年7月9日よりロードショー

人気アイドルグループSnow Manのラウール主演によるときめき青春ラブストーリー『ハニーレモンソーダ』。

雑誌『セブンティーン』で「読者が選ぶ好きな少女マンガ&実写化してほしいマンガランキング」堂々1位を獲得した村田真優による人気恋愛マンガを、『ピーチガール』『honey』の神徳幸治監督が実写化。

恋に悩む高校生たちが成長していく姿を初々しく紡ぐ青春ストーリーです。

人気アイドルグループ「Snow Man」メンバーのラウールが映画単独初主演。ヒロイン・羽花の恋の相手であるレモン色の髪の少年・界を演じます。

恋をきっかけに成長していく羽花役に、映画『十二人の死にたい子どもたち』『のぼる小寺さん』などで注目される吉川愛。

共演には堀田真由、坂東龍汰、岡本夏美、濱田龍臣ほかフレッシュな顔ぶれが揃います。

この記事では三浦界役のラウールについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ハニーレモンソーダ』の作品情報


(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

【上映】
2021年(日本映画)

【原作】
村田真優

【監督】
神徳幸治

【キャスト】
ラウール、吉川愛、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美

【作品情報】

「実写化したい少女マンガ1位」を獲得した、少女マンガ雑誌『りぼん』で連載中の村田真優原作の超人気作『ハニーレモンソーダ』が待望の映像化。

中学時代にいじめられていた少女が、レモン色の髪をした青年に恋することで成長していく姿を描く胸キュンの恋愛ストーリーです。

監督を務めるのは、『ピーチガール』『honey』など人気恋愛映画を生み出してきた神徳幸治。

レモン色の髪をした主人公の男子高校生・界を演じるのは、人気アイドルグループ「Snow Man」の最年少メンバーであるラウール。本作が映画単独初主演となります。

界に恋することで成長していく少女・羽花役には、映画『十二人の死にたい子どもたち』『のぼる小寺さん』や、大ヒットドラマ『恋はつづくよどこまでも』での好演が話題となった吉川愛。

共演には実力派・堀田真由をはじめ、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美らフレッシュな顔ぶれが揃っています。

映画『ハニーレモンソーダ』のあらすじ


(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

中学時代に「石」と呼ばれいじめられていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花は、校内の人気者でレモン色の髪をした三浦界と出会います。

実は、密かに憧れていた彼に会うことこそが、羽花が高校入学を志した真の理由でした。

クールで自由奔放、何を考えているかわからない塩対応の界でしたが、なぜか自らを「石森係」と名乗り、羽花の世話を焼いてくれるようになります。

そんな界の優しさに惹かれる羽花と、ひたむきな羽花に初めての感情を抱く界。

不思議な関係の2人は、しだいに距離を縮めていきます。

しかし、界には誰も知らないある秘密があり…。

スポンサーリンク

映画『ハニーレモンソーダ』三浦界役はラウール

参考映像:『簡単なお仕事です。に応募してみた』(2019)

映画『ハニーレモンソーダ』で主人公・三浦界役を演じるのは、ジャニーズの人気アイドルグループ「Snow Man」メンバーのラウール。2003年6月27日生まれ。東京都出身。

旧芸名および本名は村上真都(まいと)ラウール。父がベネズエラ人、母が日本人のハーフですが、日本育ちでベネズエラにも行ったことがないため、公用語のスペイン語は話せないそうです。

ジャニーズ事務所に入る前は、まいとラウール名義で「D’S TOY BURN」「HATABOY」というダンスチームで活動していました。

大会で準優勝の経験もあり、ダンスの仕事を夢見ていましたが、親が履歴書をジャニーズに送ったことから小学6年生から事務所に入所しました。

ユニット「少年忍者」で活動後、2019年よりSnow Manの最年少メンバーとなり、センターに抜擢されました。

2020年CDデビューを果たし、同年『MEN’S NON-NO』8月号より隔月でレギュラーモデルを務めています。

自主制作の映画、『SHAKE HANDS』『たぬきがいた』に出演。本作『ハニーレモンソーダ』が映画初主演作となります。

ドラマ『簡単なお仕事です。に応募してみた』『決してマネしないでください。』などで俳優としても活躍。

『ジャニーズ銀座』『JOHNNYS’ World-ジャニーズ・ワールド-』など数多くのジャニーズの舞台に出演しています。

映画『ハニーレモンソーダ』三浦界はどんな役?

ラウール演じる三浦界は、本作の主人公の高校生。レモン色の髪と誰もが振り返る端正な美しい顔立ちで、学内外での人気者。

中学3年の時、偶然いじめられっこの石森羽花に出会います。

同じ高校に入学後は、自分を「石森係」とよんで何かと世話を焼いてあげます。

やがてお互いに気持ちを伝えあいますが、彼には誰も知らない秘密があり…。

スポンサーリンク

ラウールの演技力の評価は

参考映像:『たぬきがいた』(2014)

ジャニーズの人気グループ「Snow Man」で活躍中のトップアイドル・ラウール。グループの演技班として、注目されています。

少年時代から、自主製作映画『SHAKE HANDS』『たぬきがいた』に出演。

2019年のNHKドラマ『決してマネしないでください。』では、主人公と同じゼミにいる帰国子女・テレス役を好演。

“キモかわ”をキーワードに「全力でバカをやって」というオーダーにこたえ、姿勢を悪くしたり、首を前に出したりといった絵ヅラで勝負するなど工夫を重ねたと語っています。

走り方までキモかわ男子らしく見せ、視聴者をうならせました。

本作で映画初主演を務めるにあたり、「原作を好きになったし、ハマった。最初から最後まで全シーンが名シーン」と喜びのコメントをしています。

作品の界と同じく現役高校生のラウールが魅せるフレッシュな演技に期待が高まります。

ラウールの公式SNSの紹介

残念ながらラウールの公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ

「実写化してほしい少女マンガ1位」となった村田真優原作の超人気青春マンガ『ハニーレモンソーダ』を、『ピーチガール』『honey』など恋愛映画に精通する神徳幸治監督が満を持して実写化。

「石」と呼ばれていたいじめられっこの少女とレモン色の髪の少年が、恋を通して成長していく姿を描きます。

レモン色の髪の少年・界を演じるのは、人気アイドルグループ「Snow Man」メンバーのラウール。映画単独初主演を務めるフレッシュな感性と演技に注目です。

恋をきっかけに成長していくヒロイン・羽花役には、映画『十二人の死にたい子どもたち』『のぼる小寺さん』などで注目される演技派・吉川愛。

共演には、堀田真由、坂東龍汰、岡本夏美、濱田龍臣ら若手実力派が揃っています。

注目の映画『ハニーレモンソーダ』は、2021年7月9日よりロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018の開幕期間や注目の映画は?予告編も解禁も

第31回東京国際映画祭の開催される期間は、2018年10月25日(木)~2018年11月3日(土・祝)です。 2018年も上映される作品の一部は、すでに予告編でご覧いただくことができます。 2018年 …

新作映画ニュース

未体験ゾーンの映画たち2019で公開決定!韓国映画『マリオネット 私が殺された日』あらすじとキャストの見どころは⁈

「未体験ゾーンの映画たち2019」情報! ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催中の「未体験ゾーンの映画たち2019」で、韓国映画『マリオネット 私が殺された日』が3月15日 (金)より公開することが決 …

新作映画ニュース

深田晃司映画『よこがお』あらすじと公開日情報。キャストの筒井真理子(市子役)の横顔が印象的なポスター解禁も

『淵に立つ』深田晃司監督×筒井真理子主演、新たなる衝撃作! (c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS 映画『よこがお』が2019年7 …

新作映画ニュース

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』あらすじ。実話を基に描く大人のためのアニメーション

猫好き必見! 40年間、ある夫婦に連れ添った猫がいました――。 『スノーマン』『風が吹くとき』のレイモンド・ブリッグズ原作、ポール・マッカートニーがエンディング曲を書き下ろした話題のアニメーション映画 …

新作映画ニュース

映画『明日の食卓』キャストの石橋豊役は和田聰宏(そうこう)【演技評価とプロフィール】

映画『明日の食卓』は2021年5月28日よりロードショー 2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学