Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『あまねき旋律 』のあらすじ。インドの歌が農村に響く予告編解禁!

  • Writer :
  • かりごめあき

インド東北部の山深い村々で古来より語り継がれてきた“知られざる歌”を巡る音楽を見詰めたドキュメンタリー。

映画『あまねき旋律(しらべ)』の公開日が10月6日(土)に決定しました。

山形国際ドキュメンタリー映画祭・アジア千波万波部門で日本映画監督協会賞と奨励賞のW受賞し、世界各国の映画祭で人々を静かに深く魅了した本作。

この度、予告編が解禁されました。


© the u-ra-mi-li project

スポンサーリンク

映画『あまねき旋律 (しらべ)』の予告編解禁

“知られざる歌”を巡る音楽を見詰めたドキュメンタリー映画『あまねき旋律 (しらべ)』の予告編が解禁されました。

インド東北部、ミャンマー国境付近に位置するナガランド州。そこに広がる棚田には、いつも歌が響いています。

村人たちは信じられないほど急な斜面に作られた棚田の準備、田植え、穀物の収穫と運搬といった作業を、“組(ムレ)”というグループごとに手作業で行っています。そして、その作業の間はいつも歌を歌うのです。


© the u-ra-mi-li project

この度、解禁された予告編では、その一部を垣間見ることができます。

「私たちに怠けている時間はない」と復唱しながら急な棚田をの草を刈っている女性たちのグループ。猛々しい歌にあわせて、泥水を耕す男性のグループ。

「リ」と呼ばれるこの歌は、一人が時に即興的に歌詞を紡ぎながら、それに集団が呼応して進行していきます。体の動きにあわせるように歌われるその姿を見ると、彼らの労働と歌が切り離せない形で繋がっていることに気付くはずです。


© the u-ra-mi-li project

そして、歌は労働のことだけが歌われるのではありません。それは例えば幸せな時、「私たちは恋人に向けて恋の歌を歌う」とある女性は話します。

続く場面では、「あなたがいないと私には何もない。一緒にいられれば、これ以上のことはない」と歌いながら女性たちが田植えをしている姿をみることができます。

反面、「歌うどころか話すことさえ不可能だった」と話す男性。この地域は、1950年代からナガの独立運動を巡って激化したインド軍との長きに渡る銃撃戦が行われていました。古来から受け継がれ歌い継がれる歌は、半世紀に及ぶ独立闘争を越えて存在しています。


© the u-ra-mi-li project

共同監督の、アヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマールは、インドの南部出身。ナガランドに古くから伝わるこの音楽に魅了された彼らは、2011年より断続的にその地を訪れ、そこに生きる人々の生活と山々に広がる棚田の雄大な風景や季節の移り変わりをカメラに収めました。

予告編の最後に女性が語る台詞が印象的です。「もし、あなたがいなければ、真実の愛はみつけられない」という彼らの歌の一節を紹介し、それは「愛する人だけじゃなく、音楽についても言えるわ」と語ります。

人と共に生きることの大切さと共に、彼らが音楽や歌うことをとても大事に思っていることがよく分かるエピソードです。


© the u-ra-mi-li project

映画『あまねき旋律 (しらべ)』は、山形国際ドキュメンタリー映画祭・アジア千波万波部門で日本映画監督協会賞と奨励賞のW受賞したのを始め、世界各国の映画祭で人々を静かに深く魅了した音楽ドキュメンタリーです。

遂に日本公開が10月6日(土)に決定しました。ぜひ本編もご期待ください!


© the u-ra-mi-li project

映画『あまねき旋律 (しらべ)』の作品情報


© the u-ra-mi-li project

【公開】
2018年(インド映画)

【原題】
kho ki pa lü(英題:Up Down & Sideways)

【監督】
アヌシュカ・ミーナークシ&イーシュワル・シュリクマール

【キャスト】
インド東北部・ナガランド州にある村人たち

【作品概要】
インド山深い村々で古来より語り継がれてきた“歌”を巡る音楽ドキュメンタリー作品。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017の「アジア千波万波部門」で上映され、奨励賞と日本映画監督協会賞をダブル受賞。

スポンサーリンク

映画『あまねき旋律 (しらべ)』のあらすじ


© the u-ra-mi-li project

インド東北部・ナガランド州に広がる棚田に響き渡る歌は、山深い村で古来より語り継がれてきたものです。

日本人が1960年代半頃から失ってしまった、かつての共同体の風景を思い起こさせる、“歌”を巡る音楽ドキュメンタリー映画です。

あたり一面の棚田では、いつも歌が響いています。

村人たちは信じられないほど急な斜面に作られた棚田の準備や苗木植え、その後に実った穀物収穫と運搬といった作業をグループごとに行っています。

そして、その労働の間はいつも皆で歌を歌っています。

移ろいゆく季節の豊かさ、友愛の歌、そのほか、生活のすべてを歌とともに生きています。

農作業をしている最中に1人が声を発すると、それに呼応して、ほかの1人も歌いはじめるコミニュケーション。

それは女性も男性も一緒になって、歌の調べの掛け合いで歌われる「リ」と呼ばれています。

その歌は、山々の四方八方に広がっていきます…。


© the u-ra-mi-li project

まとめ


© the u-ra-mi-li project

音楽ドキュメンタリー映画『あまねき旋律(しらべ)』の予告編が解禁されました。

本作は、インドの南部出身のアヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマールが、インド東北部のミャンマー国境付近に位置するナガランド州ナガランドに古くから伝わる音楽に魅了されたことがきっかけとなり、製作されました。

共同監督を務めた2人が、ナガランドに生きる人々の生活と山々に広がる棚田の雄大な風景や季節の移り変わりをカメラに収めた本作は、山形国際ドキュメンタリー映画祭・アジア千波万波部門で日本映画監督協会賞と奨励賞のW受賞し注目を集めました。

ドキュメンタリー映画『あまねき旋律(しらべ)』は、10月6日(土)よりポレポレ東中野にてロードショー!以降全国順次公開

お楽しみに!

スポンサーリンク

関連記事

新作映画ニュース

映画『宵闇真珠』あらすじとキャスト。アンジェラ・ユン(袁澧林)のインタビュー動画解禁!

映画『宵闇真珠』は12月15日より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開。 『ブエノスアイレス』『花様年華』など、映画史に輝く秀作にカメラマンとして関わってきた世界的撮影監督クリストファー …

新作映画ニュース

夏菜映画『愛・革命』あらすじとキャスト。劇場舞台挨拶の開催日時情報【ユナイテッド・シネマ豊洲】

映画『愛・革命』は、夏菜、品川祐、でんでんら日本人キャストが多数出演し、ほぼ全編が日本語で展開される香港製アクションラブコメディです。 2015年に撮影され、2016年夏に完成した本作は、第3回新人監 …

新作映画ニュース

シャーリズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』。作品秘話と運命の出会い画像解禁

かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー。 映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ …

新作映画ニュース

篠崎こころが映画『Noise』で最優秀主演俳優賞受賞!富士湖畔の映画祭にて

2019年にテアトル新宿にて公開が決定している松本優作の初監督作品『Noise』。 7月末に開催された第4回富士湖畔の映画祭2018にて本作が上映され、篠崎こころが最優秀主演俳優賞を受賞! 受賞を受け …

新作映画ニュース

福島拓哉映画『モダン・ラブ』欧州三冠記念で下北沢トリウッドにて凱旋上映!

欧州三冠記念!リピーター続出の話題作が下北沢に凱旋。 長編映画『モダン・ラブ』上映決定と、短編『LEGACY TIME』も併映! 初公開となった6月のトリウッドの上映では、リピーターが続出するなど大盛 …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP