Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『バトル・ドローン』あらすじとキャスト。未体験ゾーンの映画たち2019にて上映

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『バトル・ドローン』は2019年3月29日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われている「未体験ゾーンの映画たち2019」で公開します。

個性派揃いの傭兵部隊と殺人機械兵団が血で血を洗う激しい戦いを描く『バトル・ドローン』

現在ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の「未体験ゾーンの映画たち2019」で公開されることが決定し、ビジュアルと予告映像が解禁になりました。

スポンサーリンク

映画『バトル・ドローン』のビジュアル公開


2017 © Film Tiger USA, LLC. All rights reserved.

主人公ヴィンセントとロボットの様な殺人機械が向き合っているポスターは、一触即発の雰囲気が漂います。

“ドローン”と音だけ聞くと、蜂の羽音を意味するラジコンの飛行物体を思い浮かべますが、どうもそうではないようです。

ただ、“drone”という単語の意味を調べてみると、無線操作の無人機(車)という意味が含まれているのでやはり無線で操作されているのでしょうか?

なぜこの題名がつけられているのか、内容がとても気になりますね。

映画『バトル・ドローン』の作品情報

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
BATTLE DRONE

【監督・脚本】
ミッチ・グールド

【キャスト】
ルイス・マンディロア、ドミニク・スウェイン、マイケル・パレ、ナターシャ・マルテ、ダン・サウスワース

【作品概要】
次々と襲い来る殺人機械兵団と、個性派揃いの傭兵部隊との血で血を洗う激しい戦いを描いたアクション映画です。

監督を務めたのは、ミッチ・グールド。『ワイルド・ワイルド・ウエスト』や『ウルトラヴァイオレット』などのスタントマンで知られています。

監督作品は『NINJA ニンジャ in L.A.(原題:Hellbinders)』に続き2作目ですが、単独監督としては初作品です。

アクション大作の現場で長年スタントマンとしてキャリアを積んできたミッチ・グールド監督なだけあって、肉弾戦あり銃撃戦ありのキレ味十分なアクションが満載です。

主演のルイス・マンディロアは、テレビドラマや映画で活躍しているオーストラリア出身の俳優です。

アメリカとカナダで大ヒットしたコメディ映画『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』では、主人公トゥーラの弟ニックを演じ、やりすぎともいえる家族愛を見せてくれました。

共演は『ロリータ』(1997)でのデビューが話題を呼んだドミニク・スウェイン。

まだ初々しい少女だった彼女が、この作品では鍛え抜かれた肉体でのアクションシーンを披露してくれます。

また、『ストリート・オブ・ファイヤー』のマイケル・パレや、『DOA/デッド・オア・アライブ』のナターシャ・マルテなど、アクション映画を基盤に活躍している実力派キャストが集結し、SFアクション映画の金字塔が誕生しました。

スポンサーリンク

映画『バトル・ドローン』のあらすじ


2017 © Film Tiger USA, LLC. All rights reserved.

報酬次第でどんな仕事も引き受ける元海兵隊員のヴィンセント・レイカーが率いるのは、荒くれ者揃いの傭兵部隊です。

彼らはロシア・モスクワを訪問中のアルカサル共和国次期統治者を生け捕りにするという依頼を見事なチームワークをもって難なくこなしました。

その後、武器商人カールとCIAからの依頼を受け、アルカサル共和国の反政府軍に銃器を提供するという極秘任務を請け負います。

彼らを監視するCIAの精鋭らとともに銃器があるとされる旧チェルノブイリ原子力発電所へと向かいました。


2017 © Film Tiger USA, LLC. All rights reserved.

ところがそこでヴィンセントたちを待ち受けていたのは、降り注ぐ銃弾の雨と、次々と襲い来る機械兵たちでした。

いくらダメージを与えても動きを止めない殺人マシーンの容赦ない攻撃をかいくぐり、果たしてヴィンセントたちは無事に任務を遂行できるのでしょうか…。

映画『バトル・ドローン』の見どころ


2017 © Film Tiger USA, LLC. All rights reserved.

本作の演出を務めたのは、アクション大作の現場で長年スタントマンとしてキャリアを積んできたミッチ・グールド監督

彼の作品だけあって、肉弾戦あり、銃撃戦ありのキレ味十分なアクションが満載です。

主演のルイス・マンディロアは、テレビドラマや映画で活躍しているオーストラリア出身の俳優です。

参考映像:『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』(2002)

アメリカとカナダで大ヒットしたコメディ映画『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』では、主人公トゥーラの弟ニック役を演じ、やりすぎともいえる家族愛を見せてくれました。

共演は『ロリータ』(1997)でのデビューが話題を呼んだドミニク・スウェイン

まだ初々しい少女だった彼女が、この作品では鍛え抜かれた肉体でのアクションシーンを披露してくれます。

また、『ストリート・オブ・ファイヤー』のマイケル・パレや、『DOA/デッド・オア・アライブ』のナターシャ・マルテなど、アクション映画を基盤に活躍している実力派キャストが集結。

SFアクション映画ファンを満足させる作品を完成させました。

スポンサーリンク

まとめ


2017 © Film Tiger USA, LLC. All rights reserved.

これまで対人として戦うことが多かったアクション映画ですが、いよいよ現実社会でのネット環境の5G導入で一段と情報処理が進みます。

また、次なる研究が進んでいる6Gも進んでいるとか。そんな今だからこそ、映画の世界でも機械兵器との戦いにまで発展する時代の到来かもしれませんね。

この『バトル・ドローン』に出てくる殺人機械兵団とは、素手で殴り合ってもかなうはずもなく、銃も効果がありそうに見えません。

しかし、こちらは生身の人間です。“人間の知恵と根性”で殺人マシーンに挑みます


2017 © Film Tiger USA, LLC. All rights reserved.

映画『バトル・ドローン』は2019年3月29日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の「未体験ゾーンの映画たち2019」で公開。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

アニメーションの神様の深部に迫るドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』公開日決定

苦悩と情熱そして創造 アニメーション作家ユーリー・ノルシュテインの深部に迫るドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』の公開日が2019年3月23日(土)に決定しました。 シアタ …

新作映画ニュース

ジュラシック・ワールド 炎の王国|日本4DX映画の歴代最高記録を達成!

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』4DX版が、公開2週間にして約17万人動員、約4億3千万円超え、日本4DX映画の歴代最高記録を達成! 公開初日からSNS口コミ率が非常に高い本作、気になる投稿の一部 …

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキングは?【2018/07/13より公開】

今週7月13日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

新作映画ニュース

塚本晋也監督がニッポン名誉賞を受賞。映画『斬、』ロングラン上映で世界を席巻!

『鉄男』『六月の蛇』など、海外の評価も高くカルト的な人気を誇る塚本晋也監督の最新作『斬、』は、渋谷ユーロスペースほか全国にてロングラン上映中。 2018年11月24日に公開されてから2か月以上たった今 …

新作映画ニュース

壮大な世界観に圧倒される映画『神と共に 第一章:罪と罰』予告編完成!2部作のビジュアル解禁も

韓国累計2,700万動員のメガヒット・ムービー アメリカ、カナダ、香港、台湾など世界中で、あの『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)を超える歴史的大ヒット作となった映画、「神と共に」二部作。 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP