Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【第33回東京学生映画祭】8月20・21日に渋谷ユーロライブにて開催!審査を映画監督の瀬々敬久・細田守らが行い若手監督を発掘する

  • Writer :
  • 星野しげみ

第33回東京学生映画祭が渋谷ユーロライフで開催に!

「東学祭」の名で知られる、日本で最も長い歴史を持つ国内最大規模の学生映画祭の東京学生映画祭

この映画祭は、映像制作を行う全国の学生から作品を募集し、予選を通過した作品は本選となる映画祭で上映されるというものです。


「第33回東京学生映画祭」

第33回目となる東京学生映画祭は、2022年8月20日(土)~ 8月21日(日)、渋谷ユーロライブで開催されます。

2022年2月1日(火)より公募された今回でも、映画に魅了された学生たちが、人々を映画で魅了しようと、204本ものエントリー作品がありました。

予選を通過して映画祭で上映されるのは、実写長編部門4作品、実写短編部門4作品、アニメーション部門4作品の12作品です。

特別招待作品として上映されるアニメ『時をかける少女』(2006)の細田守監督や、『』(2020)『護られなかった者たちへ』(2021)の瀬々敬久監督など豪華な顔ぶれを審査員に招いた、第33回東京学生映画祭の詳細をお知らせいたします。

スポンサーリンク

東京学生映画祭について


「第33回東京学生映画祭」

東京学生映画祭は「学生映画」を募集し、コンペティション形式でグランプリを決定している日本最大規模の学生映画祭です。

学生ならではの自由な発想や感覚を大切にして、企画・運営すべてが学生によって行われています

過去の出身者には『EUREKA』(2000)の青山真治監督、『君に届け』(2010)の熊澤尚人監督、『アヒルと鴨のコインロッカー』(2007)の中村義洋監督、『君の膵臓を食べたい』(2019)の月川翔監督、「ちはやふる」(2017)シリーズの小泉徳宏監督、『溺れるナイフ』(2016)の山戸結希監督など、現在の日本映画界の第一線で活躍する多くの才能を輩出しています。

東京学生映画祭の開催情報


「第33回東京学生映画祭」

【開催日】
2022年8月20日(土)~ 8月21日(日)

※プログラムの詳細は公式HP(https://tougakusai.jp)の上映スケジュールでご覧ください。

【開催場所】
渋谷ユーロライブ(渋谷駅から徒歩9分)

スポンサーリンク

各種チケット販売情報

全プログラムのチケットは2022年7月2日(土)から販売開始。

【前売り券】
7月2日(土) 18:00~8月19日(金)23:59
  一般:1000円 / 学生:500円 / 招待作品:一律1500円
   https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02k863gtqaf21.html

【当日券】
会場での販売のみ
  一律:1500円 / 招待作品:1700円

映画監督からの応援コメント

齊藤工(俳優/映画監督)


「第33回東京学生映画祭」

映画界及び映像業界は明らかに変革期を迎えています。然し乍ら業態は変化を恐れ、何処か元通りに向かってしまっている感じもします。個人的には進行形の現代を捉えた学生の皆さんの自由な創造性や未来を見つめる眼差しは、これからの映画界の唯一の兆しだと思っています。いずれ皆さんの世代が映像業界のイニシアティブを握る時代がやって来ます。どうぞ軽やかに新たな風を吹かせて下さい。本年度の開催 愉しみにしています。

西川美和(映画監督)


「第33回東京学生映画祭」

時代はどんどん複雑になっています。情報は入り乱れ、経済も政治も明るい兆しがなく、戦争や疫病は終わりも見えない。こんな時代にも、まだ映画を夢見ている学生がいるのかと思うと、ふしぎな気がします。もしかしたら私たち40代以上が映画に憧れた理由と、今の学生たちが映画に見出しているものとは、全く質が違うのかもしれない。けれど、政策にも、経済にも、教育にさえも、どうにも救えないものが人間の中にあるのだとしたら、そこを救う可能性を持つのは、文化です。映画もその中に、ちゃんと入っていなければならない。それは多分、時代が変わっても変わらないことです。皆さんに、その担い手になってほしいと心から願っています。

スポンサーリンク

まとめ

第33回東京学生映画祭は、2022年8月20日(土)~ 8月21日(日)、渋谷ユーロライブで開催! 

国内最大規模の学生映画祭の東京学生映画祭も33回を迎えました。

今年度は、全国から募集した204本の学生映画の中から「グランプリ」を決定し、また入賞した12本の学生映画を、U-NEXTやDOKUSO映画館での全国配信もされます。

細田守監督、瀬々敬久監督など豪華な審査員で選ぶ今年のグランプリ。どの作品が選ばれるのか、お楽しみに!

関連記事

新作映画ニュース

映画『イサドラの子どもたち』日本公開日/上映館。実在のダンサーの遺作をダミアン・マニヴェルが再構築する

第72回ロカルノ国際映画祭 最優秀監督賞受賞作が公開決定。 『若き詩人』『泳ぎすぎた夜』のフランスの俊英ダミアン・マニヴェル監督の最新作『LES ENFANTS D’ISADORA』。 第72回ロカル …

新作映画ニュース

映画『大海原のソングライン』劇場公開日は2020年8月1日!音楽ドキュメンタリーの特報予告編紹介

16の島国に残る伝統的な音楽とパフォーマンスを記録した音楽ドキュメンタリー 5000年前、人々を繋いだものは、文字ではなく音楽だった――。 (C)Small Island Big Song 音楽ドキュ …

新作映画ニュース

映画『未来を乗り換えた男』あらすじとキャスト。ぺッツォルト最新作公開ポスター解禁

(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma 名匠クリスティアン・ぺッツォルト監督による映画『未来を乗り換えた男』が20 …

新作映画ニュース

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』公開日/上映館。デニス・ベリー監督が女優へのラブレターを綴る

追悼そして生誕80周年記念、2020年限りの特別公開決定! アンナ・カリーナ80歳、ジャン=リュック・ゴダール90歳を祝福すべき2020年を目前にして、2019年12月14日アンナ・カリーナはパリで逝 …

新作映画ニュース

宇佐卓真&小西詠斗『追いかけてキス』シーズン2が配信中!亀山睦実監督の胸キュン必至なショートムービー

『追いかけてキス』第2シーズンは 2019年6月1日(土)よりTwitter公式アカウントほかにて随時配信中! 2019年のバレンタインデーからホワイトデーにかけて、全5話の短編ドラマをYouTube …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学