Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【第33回東京学生映画祭】8月20・21日に渋谷ユーロライブにて開催!審査を映画監督の瀬々敬久・細田守らが行い若手監督を発掘する

  • Writer :
  • 星野しげみ

第33回東京学生映画祭が渋谷ユーロライフで開催に!

「東学祭」の名で知られる、日本で最も長い歴史を持つ国内最大規模の学生映画祭の東京学生映画祭

この映画祭は、映像制作を行う全国の学生から作品を募集し、予選を通過した作品は本選となる映画祭で上映されるというものです。


「第33回東京学生映画祭」

第33回目となる東京学生映画祭は、2022年8月20日(土)~ 8月21日(日)、渋谷ユーロライブで開催されます。

2022年2月1日(火)より公募された今回でも、映画に魅了された学生たちが、人々を映画で魅了しようと、204本ものエントリー作品がありました。

予選を通過して映画祭で上映されるのは、実写長編部門4作品、実写短編部門4作品、アニメーション部門4作品の12作品です。

特別招待作品として上映されるアニメ『時をかける少女』(2006)の細田守監督や、『』(2020)『護られなかった者たちへ』(2021)の瀬々敬久監督など豪華な顔ぶれを審査員に招いた、第33回東京学生映画祭の詳細をお知らせいたします。

東京学生映画祭について


「第33回東京学生映画祭」

東京学生映画祭は「学生映画」を募集し、コンペティション形式でグランプリを決定している日本最大規模の学生映画祭です。

学生ならではの自由な発想や感覚を大切にして、企画・運営すべてが学生によって行われています

過去の出身者には『EUREKA』(2000)の青山真治監督、『君に届け』(2010)の熊澤尚人監督、『アヒルと鴨のコインロッカー』(2007)の中村義洋監督、『君の膵臓を食べたい』(2019)の月川翔監督、「ちはやふる」(2017)シリーズの小泉徳宏監督、『溺れるナイフ』(2016)の山戸結希監督など、現在の日本映画界の第一線で活躍する多くの才能を輩出しています。

東京学生映画祭の開催情報


「第33回東京学生映画祭」

【開催日】
2022年8月20日(土)~ 8月21日(日)

※プログラムの詳細は公式HP(https://tougakusai.jp)の上映スケジュールでご覧ください。

【開催場所】
渋谷ユーロライブ(渋谷駅から徒歩9分)

各種チケット販売情報

全プログラムのチケットは2022年7月2日(土)から販売開始。

【前売り券】
7月2日(土) 18:00~8月19日(金)23:59
  一般:1000円 / 学生:500円 / 招待作品:一律1500円
   https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02k863gtqaf21.html

【当日券】
会場での販売のみ
  一律:1500円 / 招待作品:1700円

映画監督からの応援コメント

齊藤工(俳優/映画監督)


「第33回東京学生映画祭」

映画界及び映像業界は明らかに変革期を迎えています。然し乍ら業態は変化を恐れ、何処か元通りに向かってしまっている感じもします。個人的には進行形の現代を捉えた学生の皆さんの自由な創造性や未来を見つめる眼差しは、これからの映画界の唯一の兆しだと思っています。いずれ皆さんの世代が映像業界のイニシアティブを握る時代がやって来ます。どうぞ軽やかに新たな風を吹かせて下さい。本年度の開催 愉しみにしています。

西川美和(映画監督)


「第33回東京学生映画祭」

時代はどんどん複雑になっています。情報は入り乱れ、経済も政治も明るい兆しがなく、戦争や疫病は終わりも見えない。こんな時代にも、まだ映画を夢見ている学生がいるのかと思うと、ふしぎな気がします。もしかしたら私たち40代以上が映画に憧れた理由と、今の学生たちが映画に見出しているものとは、全く質が違うのかもしれない。けれど、政策にも、経済にも、教育にさえも、どうにも救えないものが人間の中にあるのだとしたら、そこを救う可能性を持つのは、文化です。映画もその中に、ちゃんと入っていなければならない。それは多分、時代が変わっても変わらないことです。皆さんに、その担い手になってほしいと心から願っています。

まとめ

第33回東京学生映画祭は、2022年8月20日(土)~ 8月21日(日)、渋谷ユーロライブで開催! 

国内最大規模の学生映画祭の東京学生映画祭も33回を迎えました。

今年度は、全国から募集した204本の学生映画の中から「グランプリ」を決定し、また入賞した12本の学生映画を、U-NEXTやDOKUSO映画館での全国配信もされます。

細田守監督、瀬々敬久監督など豪華な審査員で選ぶ今年のグランプリ。どの作品が選ばれるのか、お楽しみに!

関連記事

新作映画ニュース

ポン・ジュノ映画『パラサイト 半地下の家族』あらすじとキャスト。2020年1月に日本公開決定!

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール受賞! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督最新作『PARASITE』(英題)の日本公開タイトルが『パラサイト 半地下の家 …

新作映画ニュース

『私をくいとめて』原作文庫のネタバレあらすじと結末。綿矢りさの小説を映画化したキャストも劇場公開前に紹介!

映画『私をくいとめて』は2020年12月18日(金)より公開。 2017年に発刊された綿矢りさの著書『私をくいとめて』。 間も無く33歳を迎える主人公・みつ子と、彼女の脳内の相談役“A”、そしてみつ子 …

新作映画ニュース

西島秀俊×小林薫映画『休暇』などリビングルームシアターで配信!話題作『凱里ブルース』は8月2日まで

リビングルームシアターに新たに9タイトルが追加! Covid-19対策として、映画館との共生を理念に5月23日に開設されたオンラインシアター「リビングルームシアター」に、新たに映画配給会社シネマエンジ …

新作映画ニュース

映画『前田建設ファンタジー営業部』あらすじとキャスト。氣志團の主題歌が流れる予告編紹介!

魂を揺さぶる、熱き予告編、到着。 不可能を可能にした熱きサラリーマンたちの、感動の映画『前田建設ファンタジー営業部』。 主演に人気俳優の高杉真宙を迎え、『夜は短し歩けよ乙女』のヨーロッパ企画の上田誠が …

新作映画ニュース

【2019年8月9日〜10日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 (C)Yamasha 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学