Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/02/25
Update

『Arcアーク』映画原作ネタバレあらすじと感想評価。結末でタイトル“円弧”の意味が明かされる生命の讃歌

  • Writer :
  • 金澤響子

映画『Arc アーク』は2021年6月25日(金)より全国ロードショー。

2011年に発表した短編集『紙の動物園』で、その年の最も優れたSF・ファンタジー作品に与えられる3大賞として知られる、ネビュラ賞、ヒューゴー賞、世界幻想文学大賞の3冠を制覇するという史上初の快挙を成し遂げた奇才小説家ケン・リュウ。

ケン・リュウの傑作短編小説『円弧』(ハヤカワ文庫刊・『もののあはれ』に収録)が、『Arc アーク』のタイトルで実写映画化されます。

映画の主演は芳根京子、監督は石川慶が務めました。

話題沸騰の『Arc アーク』の原作小説『円弧』を、ラストまでネタバレ有りで、あらすじと感想をご紹介します。

スポンサーリンク

短編小説『円弧』のあらすじとネタバレ

『円弧』収録の『もののあはれ』書影

15歳のリーナは、恋人チャドとの子どもをお腹に宿していました。チャドとは破局し、両親からも出産を反対されたリーナですが、息子のチャーリーを出産。

チャーリーを「愛おしい」と思えないリーナ。両親の家から追い出され、チャーリーと二人の生活が始まりました。

そこへ、ジェイムズという男性が現れ、リーナは彼の荒っぽさや自由さに惹かれます。チャーリーを両親の家の前に置き去りにし、リーナはジェイムズと車で放浪する日々を送ることに。

4年後、ジェイムズはリーナの元を去り、リーナはひとりぼっちになってしまいます。

生きる希望を失い、路頭に迷うリーナ。そんな時『ボディ=ワークス』という会社の求人広告を発見し、彼女は会社の建物に足を踏み入れます。

10年以上が経ちました。リーナは『ボディ=ワークス』で、防腐処理した遺体を立体造形に仕上げる「プラスティネーション」を担当し、アーティストとして活躍していました。

「プラスティネーション」を依頼するのは、美術館や、最愛の存在を亡くした人たち。

「プラスティネーション」チーフのエマは、無口な女性でしたが、リーナの才能を認めています。

ですが、そんなエマも、自らの老いを認め、死者を生きているように見せる嘘に疲れたと言って、引退してしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには小説『円弧』ネタバレ・結末の記載がございます。小説『円弧』をまだお読みになっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

エマが去ったことで、リーナはチーフに昇進。リーナは35歳になりました。

ある日、生まれた日に亡くなった子どもを「プラスティネーション」して欲しいという依頼が舞い込みます。依頼主は母親でした。

子どもの遺体を前にして、リーナは自分の息子のことを思い出し、手が震えて施術できなくなってしまいます。

退職を決意したリーナの前に『ボディ=ワークス』社のオーナーであるジョンが現れ、新たな事業のことを話しました。

それは、生きている人間肉体を健康で若いまま止める、いわば不老不死を可能にする医療でした。

仕事から離れたリーナは、38歳にして大学に通い始めます。そして不老不死の処置を受け、30歳の肉体を手に入れました。

ジョンとリーナは惹かれあい、結婚。ジョンはリーナとの子どもを望みますが、無限の時間を持ったリーナにとって子どもを持つことは、急がなくても良いことでした。

しかし、不老不死の処置を受けているはずのジョンが、急激に老いはじめます。彼には遺伝子異常があり、若返りの処置によって老化を加速してしまったんです。

あっという間にジョンは亡くなってしまいました。リーナは彼の遺体を10年以上かけて「プラスティネーション」します。

ジョンの冷凍保存した精子を使って、リーナは71歳で妊娠。平穏さを求めて海辺のバーへやってきた彼女に、50代半ばの男性が声をかけます。

ナンパだと思って追い払おうとするものの、リーナは彼の手に見覚えがありました。彼の手は、チャドがよくしていたポーズを取っていました。

彼こそ、リーナが幼い日に捨ててきた、息子のチャーリーだったんです。

リーナの両親に育てられたチャーリーは「母親は死んだ」と聞かされていたそう。12歳の時に修学旅行で訪れた『ボディ=ワークス』社でリーナを見かけ、母だと確信したチャーリー。

仕事が忙しくて自分を置いて行ったんだろうと納得しようとしたものの、いつまで経ってもリーナが迎えに来る気配はありません。

リーナの両親も亡くなり、チャーリーはリーナを待つのをやめ、リーナを忘れるために漁師の仕事を始めたと言います。

そして、リーナのパートナーであるジョンの訃報を聞き、今ならリーナのことを許せるかもしれないと思い、会いにきたと語りました。

50数年を経て、リーナはようやくチャーリーを見ることができました。

リーナの第二子であるキャシーのことを、チャーリーはとても可愛がります。

チャーリーは若返りの処置を拒み、老いて亡くなりました。リーナはチャーリーの体から、人生に充された香りを感じます。

100歳近くになって、リーナはふたたび恋をしました。相手は、不老不死を否定している青年、デイヴィットです。

デイヴィッドは「死を意識することで、大事な選択をすることができる」と語りました。リーナは、ディヴィッドとともに老い、死んでいくことを選びます。

リーナの老いの記録は『ボディ=ワークス』社で記録され、興味を抱いた記者たちが連日彼女の元を訪れます。

不老不死が当たり前の世界で育ったキャシーは、リーナの選択を「死のない人生=変化のない人生」ではないと反対。ですが、リーナの意思は揺らぎません。

リーナは皺だらけになった手で、同じく皺だらけのディヴィッドの手を握りました。

短編小説『円弧』の感想と評価

文庫にして50ページほどの短編小説『円弧』。

SFの形を取りながら、不老不死を手に入れたからこそわかる「人生にとって大事なこと」を見つめ直した作品です。

主人公のリーナは、若くして生んだ息子を愛することができず、捨てるようにして自らの自由を選びます。そこでいくつかの出会いと別れを経験したのち、不老不死の体を手に入れたリーナ。

ですが、時間が永遠にあると思うことで現状に満足し、パートナーとの建設的な関係を築き上げることができなくなってしまいました。

これは夏休みに例えると、非常にわかりやすいんですが、8月31日という期限があるからこそ、夏休みは特別な輝きを放っています。

宿題、遊びの計画、イベント、ラジオ体操……。どれも決められた期間内でやりたいこと、やらなければならないことです。もし夏休みに終わりがなかったら、学ぶことをやめ、精神的にも成長することはなく、日々怠惰な生活を送ってしまうかもしれません。

そんなふうに、人生にも「死」という期限があるから、人は賢明に生きるんではないでしょうか。

リーナも、皮肉にもパートナーが亡くなったことで、再び「死」について考えるようになります。

見た目は自分より年嵩になってしまった息子と再会し、老いた息子を看取ったリーナは、人生の豊かさとは、若く健康であることだけではないと悟りました。

娘のキャシーが語る「円弧」は、長い人生のなかでのあらゆる出来事、例えば恋や友情のといった関係性の終わりと始まりを意味しています。

ですが、大切な人たちを失ってきたリーナにとっては、生から死という、生命の大きな理こそが「円弧」だったんです。

ストーリーの最後、砂浜の場面は、詩的な美しさに満ちています。ぜひ味わっていただきたい短編小説です。

スポンサーリンク

映画『Arc アーク』の作品情報

(C)2021映画『Arc』製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
ケン・リュウ『円弧』(ハヤカワ文庫刊 『もののあはれ-ケン・リュウ短編傑作集2』より)

【監督】
石川慶

【脚本】
石川慶、澤井香織

【キャスト】
芳根京子、寺島しのぶ、岡田将生、清水くるみ、井之脇海、中川翼、中村ゆり、倍賞千恵子、風吹ジュン、小林薫

【作品概要】
長編映画デビュー作の『愚行録』がベネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門に選出されるなど当初より海外においても熱い注目を浴び、続く『蜜蜂と遠雷』で毎日映画コンクール監督賞、報知映画賞作品賞、日本アカデミー賞優秀作品賞他多数の映画賞を受賞した石川慶監督が映像化。

愛がなんだ』の澤井香織とともに脚本を手がけ、原作と新たなオリジナルストーリーを融合させました。

主役のリナに扮するのは、『累-かさね-』と『散り椿』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、新作『ファーストラヴ』も話題の芳根京子。

その他、リナが勤めるエターニティ社の責任者エマに、寺島しのぶ。エマの弟で天才科学者である天音役に、岡田将生。

さらに、物語の重要なカギを握る人物を、倍賞千恵子、風吹ジュン、小林薫が演じます。

映画『Arc アーク』のあらすじ

(C)2021映画『Arc』製作委員会

17歳で生まれたばかりの息子と別れ、放浪生活を送っていたリナは、19歳で師となるエマと出会います。

彼女は大手化粧品会社エターニティ社で、〈ボディワークス〉という仕事に就くことに。

それは最愛の存在を亡くした人々のために、遺体を生きていた姿のまま保存できるように施術(プラスティネーション)するもので、悲しみを乗り越えたい人々からの依頼は絶えることはありませんでした。

一方、エマの弟で天才科学者の天音は、その技術を発展させ、姉と対立しながら「不老不死」の研究を進めていました。

30歳になったリナは天音と共に、「不老不死」の処置を受ける人類史上初の女性となり永遠の命を得ます。

やがて、不老不死が当たり前となった世界は、人類を二分化していくこととなり、同時に混乱と変化を産み出していき……。

スポンサーリンク

まとめ

映画『Arc アーク』の原作小説『円弧』をご紹介しました。

映画では、芳根京子が、主人公リナの10代から100歳以上までをどのように演じ分けるのか、期待が高まります。

肉体は若いままなのに、100年以上生きているという難しい設定の役どころのリナ。芳根京子ならば、リナの喪失感や深い愛情を体現してくれることでしょう。

原作に無かったエピソードも交えながら、長編映画として生まれ変わった『Arc アーク』。公開まで待ちきれませんね。

映画『Arc アーク』は、2021年6月25日(金)より全国ロードショーとなります。







関連記事

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。葉媚(よーび)は同級生で親友の小梅役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

実写映画『喝 風太郎!!』あらすじとキャスト。主題歌提供のMY FIRST STORYが市原隼人を光らせる!

『サラリーマン金太郎』の本宮ひろ志原作待望の映画化。 悩み迷う人々に喝を入れる修行エンタテイメント。 『サラリーマン金太郎』『俺の空』等の人気漫画家本宮ひろ志の伝説の傑作漫画の映画化『喝 風太郎!!』 …

新作映画ニュース

【4DXシアター上映館情報】2019年4月新作映画シャザムや幼女戦記などラインナップ発表!

GW、4DXシアターを盛り上げてくれる映画が勢ぞろい! アニメ、SF、アドベンチャーなど、もっとも旬な映画を取り揃えた、4DXシアターの4月以降の新作ラインナップが発表されました。 『劇場版 幼女戦記 …

新作映画ニュース

映画『シンク・オア・スイム』あらすじキャスト。【イチかバチか俺たちの夢】日本公開は7月に決定

この夏、彼らが日本中を奮起させる 「フランスのアカデミー賞」と言われるセザール賞にて最多10部門にノミネートされたジル・ルルーシュ監督による『SINK OR SWIM』の邦題が『シンク・オア・スイム …

新作映画ニュース

『モーターギャング』あらすじキャスト。【未体験ゾーンの映画たち2019】での日本公開が決定!

映画『モーターギャング』2019年4月5日(金)公開決定 映画『モーターギャング』の公開が、ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催中の“未体験ゾーンの映画たち2019”にて4月5日より決定しました。 あ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学