Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『おかえり、ブルゴーニュへ』の映画感想を石丸幹二ほか評価コメント!豪華タイアップ情報紹介も

  • Writer :
  • かりごめあき

『猫が行方不明』『スパニッシュ・アパートメント』のセドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作は、フランス・ブルゴーニュのワイナリーを舞台に描く珠玉のヒューマンドラマ。

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』は、11月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開です。

本作に寄せられた著名人からの絶賛コメントや、ブルゴーニュワインの飲み比べができるレストランとのコラボ企画など、豪華タイアップ情報をお届けします。

スポンサーリンク

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』に寄せられた著名人からのコメント


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

本作『おかえり、ブルゴーニュへ』は、『スパニッシュ・アパートメント』(2001)、『ロシアン・ドールズ』(2005)、『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』(2013)からなる“青春三部作”の完結から4年ぶりとなるセドリック・クラピッシュ監督の新作です。

都会を舞台に、ごくありふれた人々とその日常を活き活きと軽妙に、そしてあたたかなまなざしで映し出してきた現代フランスを代表する人気監督セドリック・クラピッシュ。

本作では自身のキャリア12作目にして初めて田舎を舞台に自然撮影に挑み、四季折々の美しいブドウ畑を映し出しています。

そんなセドリック・クラピッシュ監督待望の新作に寄せられた、著名人・写真家・ソムリエからの絶賛コメントをご紹介します。

この映画を観ると、ワインの謎解きができる。繊細さ複雑さといった個性を生み出すのは、家族の歴史が磨き上げた作り手の感覚、ぶどうとの対話。ワインには、人間の物語がぎっしり詰まっている。
石丸幹二(俳優)

舞台もワインも、同じ味は無く作る過程にもドラマがあり人間味が注がれる。
愛によって熟成は重なってゆくものだと思わされた作品でした。
宮尾俊太郎(Kバレエ カンパニー プリンシパル)

ワインは私にとって父親です、と語る監督。恋人です、と言い続けてきた私。愛はワインと同じ。時が必要だと妻に説明するジャン。ワインの熟成を舞台に移りゆく人間関係の発酵とでもいいましょうか!?時が培うものの大切さが五臓六腑に沁みわたった。
萬田久子(女優)

ワインへの愛情に溢れた、余韻の素晴らしく長い、フィネスに富んだ一本。脱帽し、跪いて観るべし!
辰巳琢郎(俳優)

人生、絆、愛はワイン造りのようなもの…熟成させるほど深みが出る。一度は訪れたい、ブルゴーニュの田園風景がファっと広がる中、クラピッシュ監督のコク深さと甘酸っぱい世界観が見事に調和された、素晴らしい作品。
美波(女優)

農作業を家族総出で行う様は日本もフランスも同じ。収穫の喜びがあふれてきます。ぶどうの育ちを追う中で家族の絆に変化が見られる物語に引き込まれました。
佐藤尚(風景写真家)

ワイン映画史上、最も美しく描かれたブルゴーニュの四季の移ろいとそのテロワールの持つ永遠に続くドラマチックさ。この静寂と情熱の間にあるワインと家族の絆はブルゴーニュの地でなければ表現できなかったであろう。
柳沼淳子(フリーアナウンサー)

悩める三兄弟の姿に、移りゆく景色。見終わった後、思わずワインを飲まずにいられない(笑)
自分の歩んできた人生をギュッと抱きしめたくなる映画、良い具合に熟成してます。
瀬戸カトリーヌ(女優・タレント)

ブルゴーニュのコート ド ボーヌに1級畑を所有するドメーヌでのワイン造りの1年を、経営する家族間の人間模様とともに描いている。父親が子供達にテイスティングを教えるシーンや畑で収穫のタイミングを決めるシーンなどワイン好き必見、ソムリエも是非見るべき映画です。
田崎真也(ソムリエ)

本作『おかえり、ブルゴーニュへ』は、ブルゴーニュのワイナリーを舞台に描かれた珠玉のヒューマンドラマです。

寄せられたコメントからも、本作の味わい深さが伺えますね。

ふと立ち止まり、ワインを片手に人生について語り合いたくなるような、大人におすすめの作品です。

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』の豪華タイアップ開催情報

TOOTH TOOTH/フレンチビストロ


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

恵比寿にある大人のフレンチビストロ。ワインがしっくりと馴染む、旬の食材を生かしたビストロ料理をお楽しみください。

【半券サービス】
実施期間:11月17日(土)~上映期間中
映画鑑賞券の半券をご提示の方に、乾杯スパークリングワインをプレゼント。

【コラボメニュー】
実施期間:11月1日(木)~11月30日(金)
映画タイアップメニューをご用意。

・前菜、メインディッシュ、デザートの3品をアラカルトでも、組み合わせてコース仕立てにしてもお楽しみいただけます。

・ソムリエがセレクトしたブルゴーニュワイン3種の飲み比べもご用意いたします。

【パネル展】
実施期間:11月1日(木)~11月30日(金)
フリースペースにて、本作のパネル展を実施。

【公式サイト】
http://www.toothtooth.com/

RÉFECTOIRE/ベーカリーカフェ


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

フランス語で食堂を表すRÉFECTOIRE(レフェクトワール)は、原宿にあるベーカリーカフェ。

前菜、サンドイッチ、デザート、ドリンクなどを自分のお腹具合にあわせて好きに組み合わせてお召し上がりいただけます。

【パネル展】
実施期間:11月10日(土)~12月7日(金)
本作の美しい世界観をお楽しみください。

【オリジナルメニュー&鑑賞券プレゼント】
実施期間:11月10日(土)~上映期間中
「牛肉のブルゴーニュ産ワイン煮込み」をご注文のお客様先着5組10名さまに鑑賞券プレゼント。

【公式サイト】
http://lepetitmec.com/

WINE MARKET PARTY/ワインショップ

YEBISU GARDEN PLACE内にある、あらゆるものを取り揃えたワインショップ。

【半券サービス】
実施期間:11/7(土)~上映期間中
本作の半券提示で、劇中に出てくる「ムルソー村」で生産されたワインMEURSAULT 1ER CRU PERRIERES(ムルソー・1ER CRU・ペリエール/生産者:アルベール・グリヴォー)を、通常1杯(70ml)2,500円のところ、1,000円でご試飲いただけます。

*ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAいずれかの半券が有効です。
*在庫がなくなり次第終了いたします。

【公式サイト】
http://partywine.com/

MEURSAULT 1ER CRU PERRIERES(ムルソー・1ER CRU・ペリエール)とは

もしムルソーに特級畑が認められるとすれば、真っ先に名前が挙がる区画が僅か0.95ha程の小さな区画クロ・デ・ペリエール。

その畑を単独所有するアルベール・グリヴォーは、ムルソー最高生産者のひとりです。

ムルソーの数ある1ER CRUの中ではペリエール、シャルム、ジュヌヴリエールの3区画の評価が最も高く、なかでもペリエールは別格。

ムルソー最高峰の味わいです。

バースプラスリム/ネイルサロン


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

【コラボネイル】
展開期間:11月3日(土)~都内上映期間中
自分の為のネイルから人と繋がるネイルへ。

こだわりのネイルデザインが大人気の表参道の「バースプラスリム」と、代官山「ユオバースプラスリム」で本作をイメージしたコラボネイルを2パターン展開。

金額は各12,750円(税別)です。

【公式サイト】
https://www.lessismore.co.jp/virth

パーパスジャパン/旅行会社


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

ヨーロッパを主体に、目的のある旅行を各種取り扱う旅行会社パーパスジャパンが、本作にちなんだ旅行を特別にプロデュース。

映画を見て、実際にブルゴーニュへ行きたくなったら、ぜひお問合せ下さい。

【ロケ地を巡る旅5日間】
ブルゴーニュのワイン銘醸地ムルソー、モンラシェを堪能する、映画「おかえり、ブルゴーニュへ」のロケ地を巡る旅5日間。

・本作で実際に撮影されたブルゴーニュ地方を訪問します!

・ワインに精通した日本語ドライバーと本作ロケ地を訪れ、数軒のワイナリーにて見学&試飲をお楽しみいただけます。

・舞台となったブルゴーニュの産地、ムルソー又は、ピュリニーモンラシェのオーベルジュに宿泊。

【公式サイト】
http://www.purposejapan.com/

スポンサーリンク

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』の作品情報


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
Ce qui nous lie(英題:Back to Burgundy)

【監督】
セドリック・クラピッシュ

【脚本】
セドリック・クラピッシュ、サンティアゴ・アミゴレーナ

【キャスト】
ピオ・マルマイ、アナ・ジラルド、フランソワ・シビル

【作品概要】

『スパニッシュ・アパートメント』(2001)、『ロシアン・ドールズ』(2005)、 『ニューヨークの巴里夫』(2013)からなる“青春三部作”の完結から4年、セドリック・クラピッシュ監督待望の新作。

都会を舞台に、ごくありふれた人々とその日常を活き活きと軽妙に描いてきた監督が、長編12作目にして初めて田舎を舞台に自然撮影に挑んだ作品。

フランス・ブルゴーニュを舞台に、10年ぶりに再会した3兄弟を『間奏曲はパリで』のピオ・マルマイ、『FOUJITA』のアナ・ジラルド、『FRANK -フランク-』のフランソワ・シビルが演じる。

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』のあらすじ


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

フランス・ブルゴーニュ地方にあるドメーヌ(※自ら葡萄畑を所有し(畑の賃借も含む)、栽培・醸造・瓶詰を一貫して行うワイン生産者)の長男ジャン(ピオ・マルマイ)は、10年前、世界を旅するために故郷を飛び出し、家族のもとを去りました。

その間、家族とは音信不通でしたが、父親が末期の状態であることを知り、10年ぶりに故郷ブルゴーニュへと戻ってきます。

稼業を受け継ぐ妹のジュリエット(アナ・ジラルド)と、別のドメーヌの婿養子となった弟のジェレミー(フランソワ・シビル)との久々の再会もつかの間、父親は亡くなってしまいます。

残された葡萄畑や自宅の相続をめぐり、さまざまな課題が出てくるなか、父親が亡くなってから初めての葡萄の収穫時期を迎えます。

3人は自分たちなりのワインを作り出そうと協力しあいますが、一方で、それぞれが互いには打ち明けられない悩みや問題を抱えていて…。

スポンサーリンク

まとめ

セドリック・クラピッシュ監督待望の新作映画『おかえり、ブルゴーニュへ』は、ブルゴーニュの美しい四季を背景に、ドメーヌを営む兄弟3人の絆や家族との愛情、季節とともにめぐりゆく多くの人の人生を描いています。

本作に寄せられた著名人からのコメントと、豪華なタイアップ情報をお届けしました。

本作の鑑賞後は、きっとワインが飲みたくなるはず。

半券を片手に、ぜひタイアップのお店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』は、11月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開です

関連記事

新作映画ニュース

映画監督アディナ・ピンティリエが話題作『タッチ・ミー・ノット』へコメント!劇場公開は7月4日より

映画『タッチミーノット~ローラと秘密のカウンセリング~』は2020年7月4日(土)より公開。 第68回ベルリン国際映画祭にて金熊賞〈最高賞〉と、最優秀新人作品賞を受賞したアディナ・ピンティリエ監督作『 …

新作映画ニュース

クレイジーケンバンドの聖地『FRIDAY』のドキュメンタリー映画が劇場公開。横浜で40年続くライブハウスとは

クレイジーケンバンドの聖地である伝説のライブハウスのドキュメンタリー。 横浜長者町で40年続く伝説のライブハウスを描いた音楽ドキュメンタリー映画『FRIDAY』。 映画『FRIDAY』が、2020年2 …

新作映画ニュース

山田涼介映画『記憶屋』あらすじとキャスト。織守きょうやの小説を原作とした実写公開日は2020年!

記憶を消すことは悪なのか正義なのか? 泣けるほど切ない物語が待望の実写映画化。 第22回日本ホラー小説大賞(読者賞)を受賞した織守きょうや氏の小説『記憶屋』が、主演・山田涼介(Hey! Say! JU …

新作映画ニュース

ジョニー・デップ映画『グッバイ、リチャード!』あらすじ/キャスト/公開日。感動ドラマThe Professorが日本上陸!

6月9日はジョニー・デップ誕生日! 2018年に製作されたジョニー・デップ主演映画『The Professor』。 (C)2018 RSG Financing and Distribution, LL …

新作映画ニュース

ウィルスミス映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月31日で予告編も解禁!

あのコンビが17年ぶりに帰ってきます。 全世界でシリーズ累計4億ドルを突破した大ヒット「バッドボーイズ」シリーズ。 その第3弾となる『バッドボーイズ フォー・ライフ』の日本公開初日が2020年1月31 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学