Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

セドリック・クラピッシュ最新作『おかえり、ブルゴーニュへ』予告編とポスター解禁

  • Writer :
  • かりごめあき

現代フランスを代表する人気監督セドリック・クラピッシュ、4年ぶりの新作映画『おかえり、ブルゴーニュへ』

11月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEAほか全国順次公開です!

本作はフランス・ブルゴーニュのワイナリーを舞台に、人生の熟度を味わう珠玉のヒューマンドラマ。

この度、本予告映像とポスタービジュアルが解禁されました。


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

スポンサーリンク

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』の予告編解禁

映像は、故郷であるフランス・ブルゴーニュを飛び出した長男ジャン(ピオ・マルマイ)が、父親が危篤状態であることを知り、10年ぶりに家族の元へ戻ってくる場面から始まります。

ドメーヌと呼ばれる、自ら葡萄畑を所有し、栽培・醸造・瓶詰を一貫して行うワイン生産を営む実家での退屈な暮らしから逃れるために故郷を飛び出したジャン。

老いた父の看病をしながら家業のドメーヌを継ぐ妹ジュリエット(アナ・ジラルド)と、別のドメーヌの婿養子となった弟ジェレミー(フランソワ・シビル)。

ジャンは、2人と久々の再会を果たし、ブドウの収穫を始めますが、ほどなくして父親は亡くなり、幸せな再会は一瞬で終わってしまいます。

悲しむ間も無く「問題はワイン造りより相続制の支払い」「畑を手放すしか手は無い」とシビアな現実を突きつけられる3兄妹。

しかもそれぞれに個別の問題も抱えており、ブドウ畑の中で別居中の妻からの電話対応に追われるジャン。

「女はワインを造れない?」と悩むジュリエット。

「兄貴だけまた勝手に出ていくのか?」と兄を責めるジェレミー。

ブドウ畑で移り変わる美しい四季やワイン製造の過程とともに、熟成を重ねていく人々の愛おしい日々と感情を切り取っています

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』のポスタービジュアル解禁


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

予告編と一緒に公開されたポスタービジュアルは、父親と最後のお別れをした後、彼が作った特別なワインを兄妹3人でテイスティングする様子を切り取ったものです。

変わらない3人の絆や家族との愛情、甘酸っぱい記憶や思い出を味わうような瞬間をブルゴーニュの美しい四季を背景に映し出しており、季節とともにめぐりゆく多くの人の人生を表しています

スポンサーリンク

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』の作品情報


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
Ce qui nous lie(英題:Back to Burgundy)

【監督】
セドリック・クラピッシュ

【脚本】
セドリック・クラピッシュ、サンティアゴ・アミゴレーナ

【キャスト】
ピオ・マルマイ、アナ・ジラルド、フランソワ・シビル

【作品概要】

『スパニッシュ・アパートメント』(2001)、『ロシアン・ドールズ』(2005)、 『ニューヨークの巴里夫』(2013)からなる“青春三部作”の完結から4年、セドリック・クラピッシュ監督待望の新作。

都会を舞台に、ごくありふれた人々とその日常を活き活きと軽妙に描いてきた監督が、長編12作目にして初めて田舎を舞台に自然撮影に挑んだ作品。

フランス・ブルゴーニュを舞台に、10年ぶりに再会した3兄弟を『間奏曲はパリで』のピオ・マルマイ、『FOUJITA』のアナ・ジラルド、『FRANK -フランク-』のフランソワ・シビルが演じる。

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』のあらすじ


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

フランス・ブルゴーニュ地方にあるドメーヌ(※自ら葡萄畑を所有し(畑の賃借も含む)、栽培・醸造・瓶詰を一貫して行うワイン生産者)の長男ジャン(ピオ・マルマイ)は、10年前、世界を旅するために故郷を飛び出し、家族のもとを去りました。

その間、家族とは音信不通でしたが、父親が末期の状態であることを知り、10年ぶりに故郷ブルゴーニュへと戻ってきます。

稼業を受け継ぐ妹のジュリエット(アナ・ジラルド)と、別のドメーヌの婿養子となった弟のジェレミー(フランソワ・シビル)との久々の再会もつかの間、父親は亡くなってしまいます。

残された葡萄畑や自宅の相続をめぐり、さまざまな課題が出てくるなか、父親が亡くなってから初めての葡萄の収穫時期を迎えます。

3人は自分たちなりのワインを作り出そうと協力しあいますが、一方で、それぞれが互いには打ち明けられない悩みや問題を抱えていて…。

スポンサーリンク

まとめ

『猫が行方不明』『スパニッシュ・ アパートメント』などで知られる、セドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作『おかえり、ブルゴーニュへ』。

ブルゴーニュの自然や人々の暮らしが垣間見える予告編映像とポスタービジュアルが解禁されました。

幼い頃の3兄弟が戯れる姿、大人になりそれぞれが問題を抱え葛藤する姿、美しい自然を背景に、どちらも人生の大切な時間だと感じられる映像となっています。

『おかえり、ブルゴーニュへ』は11月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開です

ご期待ください!

関連記事

新作映画ニュース

トニー・ジャー映画『トリプル・スレット』あらすじとキャスト。公開は9月6日に決定し場面写真も解禁!

ムエタイ×シラット×カンフー! 究極のドリームチーム結成! アクション超人による世界大会が幕を開けます。 映画『トリプル・スレット』の日本公開日が2019年9月6日(金)に決定しました。 トニー・ジャ …

新作映画ニュース

母僕公開記念!感動のコミックエッセイ実写映画特集『母さんがどんなに僕を嫌いでも』ほか3選

歌川たいじのコミックエッセイ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を、注目の若手俳優太賀が主演を務め、吉田羊と共演で実写映画化。 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、11月16日(金)より新宿ピカデリー …

新作映画ニュース

劇場版『パラレルスクールDAYS』高橋ひかる&甲斐翔真ら舞台挨拶に登壇。完成披露試写会リポート

さらなる盛り上がりを目指して、登壇者全員が意気込み © SoftBank Corp. All rights reserved. YouTubeで配信中の人気ドラマを映画化、深い味わいを見せる純粋なラブ …

新作映画ニュース

映画『バイオレンス・ボイジャー』あらすじとキャスト。宇治茶監督のアニメを超えた劇メーション逆輸入

全世界がガクブル((((;゚Д゚)))) 世界各国の映画祭から招待され、「この映画は、挑発的で良い意味で気味が悪い!」「名作カルトとなるべき運命の映画です」。 また「もっとも狂気的でオリジナリティあふ …

新作映画ニュース

ジャック・オーディアール映画が第44回セザール賞にもノミネート!話題の西部劇『SISTERS BROTHERS』とは

『SISTERS BROTHERS(原題)』が第44回セザール賞にて4冠 2019年7月にTOHOシネマズシャンテ他全国ロードショーされる映画『SISTERS BROTHERS(原題)』。 ジャック・ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP