Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/01/22
Update

映画『Cosmetic DNA』あらすじ/キャスト/公開劇場情報!ゆうばりファンタ映画祭にて北海道知事賞の快作

  • Writer :
  • 河合のび

「ゆうばりファンタスティック映画祭2020」北海道知事賞・受賞作『Cosmetic DNA』

現代を生きる女性たちを取り巻く社会の不条理と理不尽を、センシティブ×ブラック×ブラッディに描き切った大久保健也監督の完全オリジナル痛快作

それが、2021年10月9日(土)に新宿ケイズシネマにて劇場公開の映画『Cosmetic DNA』です。

本記事では、映画『Cosmetic DNA』の作品の内容・あらすじを交えつつもご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『Cosmetic DNA』とは?


(C)穏やカーニバル/大久保 健也

現代を生きる女性たちを取り巻く、あまりに不条理で理不尽な社会の在り方。それらをセンシティブに、ブラックに、そしてブラッディに描き切った大久保健也監督の痛快作が映画『Cosmetic DNA』です。

監督・脚本・撮影・照明・美術・編集を手がけ、撮影当時は若干24歳であった大久保健也監督による完全オリジナルストーリーである本作。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020のコンペティション入選作の中でも抜群の存在感を放ち、SNSを中心に男女問わず絶賛と物議の嵐を巻き起こしました。

そして、B級映画ファンの心を掴むファンタスティック映画でありながらも現代の社会問題に一石を投じるテーマ性を孕んだ二面性が高く評価され、同映画祭コンペでは見事「北海道知事賞」受賞を果たしました。

風刺、憎悪、狂気、バイレンス。そして何よりも、愛。どれもが純度120パーセント超えで凝縮された前代未聞のブラックコメディ超大作その威力には誰もが圧倒され、やがて辿り着く衝撃の結末には、誰もが涙を流すはずです。

大久保健也監督からのメッセージ


(C)田中舘裕介:『Cosmetic DNA』を演出した大久保健也監督

映画館でジェームズ・キャメロン監督の『アバター』を観た時から、ずっと映画を撮りたいと思ってきました。MVやドキュメンタリーの演出、テレビ番組の編集などをしながら映画監督への道を模索してきましたが、自分の本当にやりたいことができずに年月が過ぎていくばかりでした。
そんな時、ある知人から「一度『自主映画だからできない』という言い訳をせずに脚本を書いてみたらどうか」とアドバイスを受け、予算度外視で書いたのがこの『Cosmetic DNA』の脚本でした。そして周囲からは「こんなものは撮れるわけがない」と言われる中で撮影を断行。様々な方の助けを得ながら死にもの狂いで完成させました。
制作では色彩調整・音響に拘り、映画館の暗闇で観てこそ初めて真価が発揮される映画を目指しました。ひとりでも多くの方に映画『Cosmetic DNA』を観ていただき、「日本映画の未来」を感じてもらえたらと思っています。

スポンサーリンク

映画『Cosmetic DNA』の作品情報


(C)穏やカーニバル/大久保 健也

【公開予定】
2021年(日本映画)

【監督・脚本・撮影・照明・美術・編集】
大久保健也

【プロデューサー】
大久保健也 西面辰孝

【キャスト】
藤井愛稀、西面辰孝、仲野瑠花、川崎瑠奈、吉岡諒、石田健太

映画『Cosmetic DNA』のあらすじ


(C)穏やカーニバル/大久保 健也

化粧を愛する美大生・東条アヤカ(藤井愛稀)は、ある日クラブハウスで出会った「自称」映画監督の柴島恵介(西面辰孝)に性的暴行を受ける。

泣き寝入りせざるを得ない状態に陥り、精神が病んでいくアヤカだったが、大学院生のサトミ(仲野瑠花)、アパレル店員のユミ(川崎瑠奈)と出逢うことで少しずつ心の平穏を取り戻してゆく。

しかし、柴島の次なる標的がユミだと知ったアヤカは、突発的に柴島を殺害。やがて死体処理を行う最中に、「人間の血液」こそが理想の化粧品の材料であることに気づく……。

スポンサーリンク

まとめ


(C)穏やカーニバル/大久保 健也

映画『Cosmetic DNA』は、2021年10月9日(土)よりに新宿ケイズシネマにてロードショーされます。

2020年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭のコンペ入選作の中でも抜群の存在感を放ち、SNSを中心に男女問わず絶賛と物議の嵐を巻き起こした注目作である『Cosmetic DNA』をどこにいたとしても観損ねずに済むということでもあります。

風刺、憎悪、狂気、バイレンス、愛……何もかもが純度120パーセント超えな前代未聞のブラックコメディ超大作『Cosmetic DNA』。ぜひ見逃す手はありません。




関連記事

新作映画ニュース

仲代達矢と大林宣彦監督に特別功労賞授与が決定!【東京国際映画祭2019】

第32回東京国際映画祭は2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間にて開催。 東京国際映画祭は、永年の国内外を含めた映画界への貢献が目覚ましい方々へ贈る “特別功労賞”を、俳優の仲代達矢と …

新作映画ニュース

中村倫也映画『人数の町』あらすじ/キャスト/上映館/予告動画。劇場公開決定の謎に満ちたミステリー作品

出入りは自由だが離れることができない“町”。 衝撃のディストピア・ミステリー。 河瀨直美監督を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中から準グランプリに選ばれ …

新作映画ニュース

【MOOSIC LAB2019受賞結果】映画監督の金子由里奈『眠る⾍』で長編部門グランプリの快挙!

MOOSIC LAB2019の受賞作品紹介 2019年11月23日~12月21日にK’s cinemaとアップリンク吉祥寺で開催され、大盛況のうちに終わった音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB201 …

新作映画ニュース

高円寺シアターバッカスにて佃尚能監督の特集上映開催!映画『万置き姉弟』が劇場初公開

佃尚能監督の特集上映 2019年3月23日(土)・24日(日)の2日間、高円寺シアターバッカスリニューアルオープンを記念して、佃尚能監督の無料特集上映が開催されます。 カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映 …

新作映画ニュース

イーストウッド映画『リチャード・ジュエル』あらすじとキャスト。日本公開日は2020年1月17日!

この映画で、アトランタ・オリンピック爆破事件の“真実”を知る。 この度、ワーナー・ブラザース映画配給により『アメリカン・スナイパー』クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が、202 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学