Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Cosmetic DNA主演女優:藤井愛稀さんについて【自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦6】

  • Writer :
  • 大久保健也

連載コラム『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』
第6回「『Cosmetic DNA』主演女優:藤井愛稀さんについて」

皆様、お疲れ様です。『Cosmetic DNA』の監督の大久保健也です。そろそろお名前、覚えて頂けましたでしょうか、大きく久しく保ち、健康なり、大久保健也です。どうぞよろしくお願い致します。映画監督です。

本記事の趣旨に入る前に告知いいでしょうか。7月14日の10時に『Cosmetic DNA』の諸々の情報解禁されました。

劇場公開は2021年10月9日の土曜から新宿K’s cinemaさんで、特報映像&ポスタービジュアル、公式サイトも解禁になりました。

『Cosmetic DNA』公式Twitterもバリバリ動き出しました!

いやあ、いろいろ解禁されましたね。どうでしょうか。メキメキ観たくなってきましたでしょうか。僕も段々観たくなってきました。とても楽しみですね!!

今後またガンガンあたらしいナウい情報、どんどん楽しい告知イベント等、大企画して参りますので是非チェックしてほしいです。絶対に楽しませます。映画丸ごとお祭り騒ぎ、是非是非馬鹿騒ぎしてほしいです。

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

スポンサーリンク

『Cosmetic DNA』主演女優:藤井愛稀さん


(C)穏やカーニバル

さて、今日は『Cosmetic DNA』の主演・藤井愛稀さんについてお話します。

僕は本作で監督、脚本、撮影、照明、美術、編集等を全部やっているが故に、まるで役者に興味のない映像派監督だと思われるのも心外なので、ここで藤井さんについて、お芝居についてのお話をしたいと思います。

まず、僕は役者ありきで映画を撮っています。生身の人間がもたらす本物の芝居が、映画内世界のリアリティをどこまでも果てしなく引き上げることを信じています。この肌感覚はアニメーション(ロトスコープ、パフォーマンス・キャプチャアニメ等は除く)では絶対に出せない。

鬼滅の刃がめちゃくちゃ売れて、シンエヴァもめちゃくちゃ売れて、実写映画監督を目指す自分としてはやはり悔しい。アニメーションに勝ちたい。生身の人間の凄みが伴った芸術で勝ちたい。そんな気持ちで日々実写映画を撮っています。

藤井さんのことは『Cosmetic DNA』の脚本を書く遥か前から存じ上げていました。いろいろな映画の中での彼女のお芝居は非常に繊細で、それでいてピッタリと地に足を付けている。映画内世界のリアリティを引き上げるお芝居です。

何よりお芝居の中に「私かわいいでしょう?」的自意識がないのがすごく好きで、いつか自分の映画に出てほしいなと思っていました。


(C)穏やカーニバル

さて『Cosmetic DNA』の脚本を書き終えた時、主人公・東条アヤカは誰がいいだろうという話をキャスト兼プロデューサーの西面辰孝さんと話していた時のこと。あれは確かコメダ珈琲での出来事でした。

ふと、本当にふと稲妻のように「東条アヤカは藤井愛稀さんがぴったりじゃないか!!!」と頭を過ったのです。

当時の藤井さんは、しっとりとした純情な女の子、みたいな役柄を演じることが多く、そういうパブリックイメージが定着しつつありました(あくまで主観の話ですが)。そして、僕はそういう役者さんにこそクソ男共をぶっ潰す、性格ちょっぴり難ありアーティスト肌のウルトラクールビューティー&ファッキンオーサム美大生・東条アヤカを演じてほしかった。


(C)穏やカーニバル

僕は映画監督として、映画プロデューサーとして、役者さんに毎回似たような役柄ばかりお願いし続けるのは失礼なことだと思っています(異論は直筆の手紙でお願いします)。

毎回、毎回、全く違う役柄を役者さんに振り続ける。その役者さんが身についてしまったパブリックイメージを突き破るような役をやってもらう。あるいは役者自身がそういう役を探す、書いて生む。それを死ぬまで繰り返す。そういう役はきっと手癖では演じ切れないので、かなりしんどいでしょうし、かなり精神的にもやられることでしょう。でも、それが演じること、役者でいることの本質だと思います。

監督業にも同じことが言えます。毎回、毎回、似たようなテーマ、似たような映像スタイルで似たような映画を撮っていても、ある種のスキルは身に付くと思いますが表現者とは言えない。

ストーリーテラーとは言えない。毎回、毎回、一瞬、一瞬、自分の手癖ではできない、自分にとってストレスで胃に穴があくぐらい難しい表現、物語に向かっていくべきだと思います。

話が逸れましたが、そういう経緯で僕は藤井さんに会って、是非とも「東条アヤカを演じてほしい」とお願いしました。


(C)穏やカーニバル

現場での藤井さんは本当に頼もしかったです。

藤井さん、学生時代に死ぬほど「映画」のこと勉強なさった方なんだなとひしひし感じました(だからこそ『血を吸う粘土~派生』など商業映画の主演もされている)。

映画の監督も一度経験があるそうで、このアングルでこう撮るとああなる、役者がこう動くとカメラにはこう映る、というようなロジックが思考の中で出来上がっていて、そういった「現場を俯瞰する」感覚を生かしながら、ちょうど「映画の現場における芝居」の理想と現実の狭間でお芝居をしてくださる。

ただ場数踏んでいいお芝居をしてくださるだけの役者さんとは違う、素晴らしい役者さんだなあと思いました。

何より藤井さんは瞳の奥がとても綺麗に、繊細に、芸術的に濁っています。

僕が好きで、リスペクトできて、今後も機会があれば一緒に映画を作りたいなと思う人は大体瞳の奥がこのように綺麗に濁っています。まるで急須で淹れたような濁りの旨みです。

次回の「自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦」は…


(C)田中舘裕介:『Cosmetic DNA』を演出した大久保健也監督

今後、定期的に大久保健也が自らを連載コラム通して、インディーズ映画『Cosmetic DNA』の魅力を更新していきます。

『Cosmetic DNA』の劇場公開を終えるまで、粛々と続けていこうと思います。全ての劇場公開が終わった時、それまでの連載コラムの記事を全部読んだという人は自己申告してください。自己申告は大事です。

【『Cosmetic DNA』公式Twitter】
@CosmeticDna

【『Cosmetic DNA』公式facebook】
https://www.facebook.com/CosmeticDna/

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

大久保健也監督プロフィール

1995年生まれ、大阪育ち。中学時代より自主映画の制作を始め、60本以上の映像作品を制作。近年は様々なアーティストのMVなどを手がける傍ら、自主映画の制作を行っている。

2021年秋公開予定の『Cosmetic DNA』は初の長編監督作となる。

スポンサーリンク

映画『Cosmetic DNA』のあらすじ


(C)穏やカーニバル

化粧を愛する美大生・東条アヤカ(藤井愛稀)は、ある日クラブハウスで出会った自称映画監督・柴島恵介(西面辰孝)に性的暴行を受ける。

泣き寝入りせざるを得ない状態に精神的に病んでいくアヤカだったが、大学院生のサトミ(仲野瑠花)、アパレル店員のユミ(川崎瑠奈)と出逢うことで少しずつ自我を取り戻していく。

しかし、柴島の次なる標的がユミであることを知ったアヤカは突発的に柴島を殺害。やがて死体処理を行う最中に人間の血液こそが理想の化粧品であることに気付くが……。

大久保健也監督へ応援のメッセージをお寄せください。

映画『Cosmetic DNA』を監督した大久保健也さんの連載コラムを読んでいただき、

*本記事は大久保健也監督がnoteに執筆したものを、監督本人に意向を伺いながら再構成した内容になっております。本文の一部の文言について編集部で追記調整した箇所があります。

関連記事

連載コラム

『ダークナイト』ネタバレ感想と映画評価。ヒースレジャーのジョーカーが完成させた伝説|最強アメコミ番付評38

連載コラム「最強アメコミ番付評」第38回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は、故ヒース・レジャーがバットマンの宿敵ジョーカーを演じ、大きな話題を呼んだシリーズ第2作の『ダークナイト』(2008)を考 …

連載コラム

【8月編集後記】新作映画に見る父親越えとオヤジとの夏休みの思い出

猛暑となった灼熱の日差しのなか、お盆を迎えたので夏休みをとり、とある施設に入居した父親のもとを母親と訪ねた。 久しぶりに会った父親は、いくつもの皮を剥いだように、いっそう小さくなっていた。 誰もが老い …

連載コラム

映画『タロウのバカ』感想とレビュー評価。大森立嗣監督が元々はデビュー作として構想した20年越しの力作|メランコリックに溺れたい1

はじめまして、こんにちは。 このたび、Cinemarcheで新コラム「メランコリックに溺れたい」を始めることになりましたライターの近藤です。よろしくお願いします。 映画の好みは人それぞれですが、最近話 …

連載コラム

香港映画『G殺』あらすじと感想レビュー。リー・チョクバン監督の語り口の旨さに酔いしれる|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録2

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第2回 毎年3月恒例の大阪アジアン映画祭が今年もスタートしました。 今年は第14回目となり、2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間に …

連載コラム

映画『エイリアン4』ネタバレあらすじ感想とラスト評価考察。ニューボーンとクローンで新たに描く“母”の強さ|SFホラーの伝説エイリアン・シリーズを探る 第4回

連載コラム「SFホラーの伝説『エイリアン』を探る」第4回 謎の宇宙生命体とリプリーの、最後の戦いを描いた映画『エイリアン4』。 『エイリアン4』は前作『エイリアン3』でゼノモーフ(宇宙生命体)とともに …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学