Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/08/29
Update

《動画で見る小林竜樹インタビュー》映画『横須賀綺譚』東日本大震災の風化や記憶の改ざんはあってはならない

  • Writer :
  • 儀保俊弥

話題の映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート!

大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新宿K’sシネマでの公開を終え、現在は全国順次公開中。そして8月29日(土)から大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開も始まりました


(C)横須賀綺譚

東日本大震災で亡くなったと思われていたかつての恋人が、実は生きていた!? あれから9年。春樹は、知華子を探す旅に出るのですが…。

今回は春樹役を演じた、小林竜樹さんのインタビュー動画をご紹介します。

『横須賀綺譚』という、東日本大震災をテーマにした作品で主演を務めるにあたり、どのような気持ちで臨んだのか。また撮影現場で大塚監督といかなるディスカッションを試みたのか、大いに語っています。

スポンサーリンク

小林竜樹インタビュー動画:8分42秒

小林竜樹のプロフィール


photo by 田中舘裕介

1989年、神奈川県出身。2009年、歌手369(ミロク)と加賀美セイラがコラボレーションした楽曲「I LOVE YOU」のPVに出演。

2011年、園子温監督作「恋の罪」で映画デビューを果たし、カンヌ国際映画祭の監督週間に正式出品されました。同年に岩松了が作・演出を手がけた「カスケード やがて時がくれば」で初舞台を踏み、たんじだいご演出「SUKIYAKI」にも参加。

その他、ドラマ、WEB作品、CMのモデルなど様々なフィールドで活躍。鈍牛倶楽部に所属。

映画『横須賀綺譚』の作品情報


(C)横須賀綺譚

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
大塚信一

【キャスト】
小林竜樹、しじみ、川瀬陽太、長内美那子、湯舟すぴか、長屋和彰、烏丸せつこ

【作品概要】
今作が長編映画デビュー作となる大塚信一監督。自ら脚本も手掛け、5年の歳月をかけ完成となりました。カナザワ映画祭2019に、期待の新人監督賞として正式出品されています。

東日本大震災で亡くなったはずのかつての恋人が横須賀で生きている? そんな怪情報をもとに旅に出る男の物語。

主人公・春樹を演じるのは、『恋の罪』(2011)で映画初出演を果たし、『菊とギロチン』『真っ赤な星』(2018)、舞台「カスケード やがて時がくれば」など、その他CMなどでも活躍中の小林竜樹。

相手役の知華子には、映画『終わってる』(2011)『Motherhood』(2009)出演のほか、Vシネ、舞台など幅広く活動する女優しじみが演じます。

また、春樹のライバルとなる川島役には、小林竜樹とともに『菊とギロチン』にも出演、瀬々敬久監督作品ではお馴染みの川瀬陽太が登場です。

スポンサーリンク

映画『横須賀綺譚』のあらすじ


(C)横須賀綺譚

2009年3月、東京。知華子は、友達の絵里と引越し作業をしています。小説家を目指していた知華子の荷物は、たくさんの本であふれていました。

家を去ろうとした時、酔っ払った春樹が帰ってきます。「今日、引越しって知ってたよね」。責め立てる絵里。

「いいの。この人いいひとよ。でもそれって、欲がなくて、執着もしない。愛がない、薄情な人ってこと」。知華子は、すでに諦めたような穏やかな顔をしていました。

父親の介護のため実家の福島に帰ることにした知華子と、それならばと別れを決めた春樹。これからの知華子との生活よりも、東京での仕事を優先した選択でした。

9年後の東京。証券会社で働く春樹は、後輩もでき、仕事のノルマ達成に追われていました。契約を取り付けるためなら、違法行為ぎりぎりの仕事もいといません。

そんなある日、春樹はばったり絵里に再会します。そこで、知華子が震災で行方不明のままだと知らされます。「いままで知らなかったの? 本当に薄情だね」。

春樹は仕事の休暇を取り、福島へと向かいます。新しい堤防の上、海を眺める春樹の携帯電話が鳴ります。「もしもし」。

「1回ぐらい遊びに来なよ」。知華子が出て行く時の言葉でした。沈黙のあと続いた「来ないね」。確かに知華子の声でした。

その後、春樹は絵里からの知らせで、役場の方に知華子の転移届が提出されていたことを知ります。転移先は、横須賀ということでした。

春樹は半信半疑のまま、知華子を探すために横須賀を目指します。たどり着いた場所は「桃源郷」という老人介護施設でした。

その施設で春樹は、知華子の幼馴染だという川島拓と出会います。ひょんなことから、そこで1週間働くことになった春樹。

どこか奇妙で別世界のような横須賀時間の中で、春樹は老人たちとの交流を通し、長いトンネルの終わりに導かれて行きました。

『横須賀綺譚』劇場公開情報(2020年8月28日現在)

(C)横須賀綺譚

【東京】
K’s Cinema (終了)
UPLINK渋谷 (終了)   
下高井戸シネマ 9/19(土) 〜

【関東】
神奈川県:横浜シネマリン 8/22(土)~      
​栃木県:小山シネマロブレ 10/9(金)〜       
​群馬県:前橋シネマハウス 10/10(土)〜   

【東北】
福島県:フォーラム福島 9/11(金)~  

【東海・北陸地域】
愛知県:シネマスコーレ 9/26(土)~ 
​長野県:松本シネマセレクト 10/30(金)
​新潟県:シネ・ウインド 近日公開

【京阪地域】
大阪府:シアターセブン 8/29(土)~
京都府:京都みなみ会館 9/25(金)~
兵庫県:元町映画館 8/29(土)〜

【山陰・中部地域】
岡山県:シネマ・クレール 近日公開
広島県:横川シネマ 近日公開

本記事に使用したインタビュー動画は、《映画メディア「アマゴチャン MOVIE A GO GO」》で制作された動画であり、本サイト「Cinemarche」と業務提携の姉妹サイトです


関連記事

新作映画ニュース

『マダムのおかしな晩餐会』の上映館情報と映画冒頭の動画解禁。パリで始まる大人のロマンチック・コメディとは

映画『マダムのおかしな晩餐会』は、2018年11月30日 TOHO シネマズ シャンテほか全国順次公開。 © 2016 / LGM CINEMA – STUDIOCANAL – PM – …

新作映画ニュース

映画『ヘルムート・ニュートンと12人の女たち』日本公開日/上映館。シャーロットランプリングらが世界的カメラマンの素顔を語る!

ヘルムート・ニュートン生誕100周年記念。 一流ファッション誌で女性を撮り続けたファッション・フォトグラファーの世界的巨匠ヘルムート・ニュートン。 シャーロット・ランプリング、イザベラ・ロッセリーニら …

新作映画ニュース

映画『HAKONIWA』あらすじ/キャスト。秋元龍太朗が主演する若松宏樹監督の長編SFが制作開始!

映画『HAKONIWA』は2020年完成予定。 アメリカの大学院で監督専攻のMFAを取得した若松宏樹監督。 若松宏樹監督 卒業制作のSF短編映画では国内外で高い評価を得た若松監督が、秋元龍太朗と佐藤乃 …

新作映画ニュース

イーストウッド映画『リチャード・ジュエル』あらすじとキャスト。日本公開日は2020年1月17日!

この映画で、アトランタ・オリンピック爆破事件の“真実”を知る。 この度、ワーナー・ブラザース映画配給により『アメリカン・スナイパー』クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が、202 …

新作映画ニュース

映画『この世はありきたり』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月4日と決定の塩出太志監督作!

塩出太志×岡田あがさ。 奇才と鬼才の狂演。 『死神ターニャ』(第26回・東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ)、『時時巡りエブリデイ』『ロード・オブ・ツリメラ』など独自の世界観の映画を創り続けている塩 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学