Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/12
Update

映画『バスターズ』あらすじとキャスト。上映館の情報紹介【のむコレ2018】

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『バスターズ』(原題『ACAB: ALL COPS ARE BASTARDS』)の日本公開日が決まりました。

映画館シネマート新宿・シネマート心斎橋にて開催中の特集上映『のむコレ2018』にて11月18日(日)より上映決定です!

あわせてポスタービジュアルおよび予告映像が到着しました。

モスクワ国際映画祭で国際批評家連盟賞ほか3冠を獲得と、その年の映画賞レースを席巻した本作。

危険の最前線に身を置く機動隊員たちの複雑な人間模様、そしてリアルなアクションにも注目です!

スポンサーリンク

映画『バスターズ』とは


©2011 CATTLEYA S.R.L. –BABE FILMS S.A.S

2012年に製作された本作は、モスクワ国際映画祭で国際批評家連盟賞ほか3冠を獲得。

イタリア・アカデミー賞に相当するダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では6部門ノミネート、惜しくも受賞は逃したもののその年の映画賞レースを席巻しました。

危険の最前線に身を置きながらも、市民からは目の敵にされてしまう。

それでも職務を全うしようとする機動隊員たちの姿を、時に正義とは、正しさとは何かと問いかけるような複雑な人間模様とリアルなアクションを交えながら描ききっています。

監督を務めたのは、続く『暗黒街』(2017)でも高い評価を獲得し、アカデミー賞ノミネート作の続編として2018年11月16日(金)より公開となる『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』の監督に抜擢されたステファノ・ソッリマ。

ステファノ・ソッリマが国際的注目を浴びるきっかけとなった、いわば原点とも言える作品が遂に日本でそのヴェールを脱ぎます。

映画『バスターズ』の作品情報


©2011 CATTLEYA S.R.L. –BABE FILMS S.A.S

【公開】
2018年(イタリア・フランス合作映画)

【原題】
ACAB: ALL COPS ARE BASTARDS

【監督】
ステファノ・ソッリマ

【キャスト】
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、フィリッポ・ニグロ、マルコ・ジャリーニ、アンドレア・サルトレッティ、ドメニコ・ディエーレ

【作品概要】
『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』の監督に抜擢されたイタリアの俊英ステファノ・ソッリマが監督し、モスクワ国際映画祭で国際批評家連盟賞ほか3冠に輝いたポリスアクション。

デモや暴動といった危険な現場の最前線で活躍するイタリア国家警察機動隊の警官たちを描きました。

出演は『ラッシュ/プライドと友情』(2014)のピエルフランチェスコ・ファビーノ、『おとなの事情』(2017)のマルコ・ジャリーニです。

スポンサーリンク

映画『バスターズ』のあらすじ


©2011 CATTLEYA S.R.L. –BABE FILMS S.A.S

イタリア、国家警察機動隊。

デモや強制退去そして暴動、常に危険な現場の最前線で体を張る警官たち。


©2011 CATTLEYA S.R.L. –BABE FILMS S.A.S

国の治安を守っているというプライドと熱意を持ちながらも、人一倍仲間思いの凄腕隊員コブラは市民に対する過剰防衛で裁判中。

リーダーのマジンガは息子が極右組織に出入りしていることに頭を抱え、熱血漢のネグロは仕事にのめり込むあまり妻に家を追い出され行き場を失うなど、それぞれに問題を抱えていました。


©2011 CATTLEYA S.R.L. –BABE FILMS S.A.S

新人として入隊したアドリアノはそんな個性的な面々にはじめは戸惑いつつも、徐々に彼らの一員として成長していきます。

しかし、ある日の暴動でマジンガが重症を負ったことをきっかけに、彼らは自ら犯人探しに乗り出します。

本来の職務を逸脱した行為は、やがて暴走を始め、とんでもない事態を引き起こすことになるのですが…。


©2011 CATTLEYA S.R.L. –BABE FILMS S.A.S

まとめ


©2011 CATTLEYA S.R.L. –BABE FILMS S.A.S

シネマート新宿・シネマート心斎橋にて開催中の特集上映『のむコレ2018』にて2018年11月18日(日)より上映が決定した映画『バスターズ』

『ACAB: ALL COPS ARE BASTARDS』の原題で2012年に製作され、モスクワやイタリアの映画賞レースを席巻した本作がいよいよ日本上陸です。

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』の監督に抜擢されたステファノ・ソッリマのいわば原点とも言える映画『バスターズ』を、どうぞお見逃しなく!

映画『バスターズ』の上映劇場情報


©2011 CATTLEYA S.R.L. –BABE FILMS S.A.S

【シネマート新宿(東京)上映スケジュール】
11月18日(日) /11月20日(火)/11月26日(月)/11月29日(木) /12月5日(水)

【シネマート心斎橋(大阪)上映スケジュール】
11月28日(水) /11月29日(木) /12月12日(水) /12月17日(月) /12月18日(火)

※上記に記載した情報は11月12日現在のものです。ご鑑賞の際には、必ず『のむコレ2018』公式サイトをご覧ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの駒井蓮は片倉美咲役を演じる【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

新作映画ニュース

イーストウッド演じる実在の主人公アールに共感の声続出!映画『運び屋』は俳優・監督人生の集大成

ひとりの老人がイーストウッドの心を動かした 2019年3月8日(金)に全国ロードショーされ、大ヒットしているクリント・イーストウッド監督・主演の映画『運び屋』。 俳優クリント・イーストウッドが自身の監 …

新作映画ニュース

映画『ワンピースFILM RED』公開日解禁!谷口悟朗監督による新作特報は“赤髪”と“歌声”がキーワード

『ONE PIECE FILM RED』が2022年8月6日(土)に公開決定!! “国民的コミック”として絶大な人気を博す週刊少年ジャンプでの連載開始から、24年を超えた超人気コミック『ONE PIE …

新作映画ニュース

20代若手女優の円井わんによる無料配信『コウキの雨鳴き』あらすじ/キャスト。注目のドラマ動画をYouTubeで見る!

監督西川達郎×俳優円井わん 若手コンビによる完全リモート企画の連続モキュメンタリードラマ始動! 映画『向こうの家』で2019年ええじゃないかとよはし映画祭でグランプリを受賞した監督・西川達郎が、新たに …

新作映画ニュース

映画『RUN/ラン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。サーチの監督最新作は毒親と娘のサイコスリラー!

“母の愛からは逃れられない” 車椅子の娘に向けられた毒母の狂気が暴走する。 『search/サーチ』のアニーシュ・チャガンティ監督&製作陣の最新作『RUN』(原題)。 (C) 2020 Summit …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学