Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/11/27
Update

映画『ラストレター』キャストの鮎美と未咲役は広瀬すず【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『ラストレター』は2020年1月17日より全国公開!

2020年1月17日(金)より全国公開されるラブストーリー『ラストレター』。

監督を務めるのは『Love Letter』『スワロウテイル』『花とアリス』など数々の名作で知られる岩井俊二。

初めて出身地である宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まるふたつの世代の男女の恋愛と、その心の再生と成長を描きます。

名優松たか子、広瀬すず、庵野秀明、森七菜、神木隆之介、福山雅治ら超豪華キャストが一堂に集結。

中山美穂、豊川悦司も参加し、名作『Love Letter』を感じさせる世界観の中で、全く新しい物語を紡ぎます。

この記事では、鮎美役と未咲役の2役を演じる広瀬すずについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ラストレター』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・原作・脚本】
岩井俊二

【キャスト】
松たか子、広瀬すず、庵野秀明、森七菜、神木隆之介、福山雅治、中山美穂、豊川悦司

【作品概要】
本作の主人公・裕里を演じるのは映画『告白』『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』、ドラマ『HERO』『カルテット』と数多くの人気作に出演し、日本を代表する女優、松たか子。

裕里の姉・未咲と、その娘・鮎美の一人二役を、映画『海街diary』『ちはやふる』『三度目の殺人』、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演し、若手のトップを走る女優・広瀬すずが演じます。

共演は『容疑者Xの献身』『三度目の殺人』の福山雅治、『桐島、部活やめるってよ』『3月のライオン』の神木隆之介。

1995年公開の岩井俊二監督作品『Love Letter』に主演した中山美穂と豊川悦司も出演し、独特の世界観を醸し出しています。

ほか庵野秀明、森七菜、小室等らが共演。

監督を務めるのは、『Love Letter』『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』などで高く支持されている名匠・岩井俊二。

SNSが広まっているこの時代で手紙を使った物語は不可能と思われた中、それを可能にするアイディアを思いついてしまったところから、物語の構想がスタートしたと語っています。

本作は名作『Love Letter』に対するアンサー映画となりました。

映画『ラストレター』のあらすじ


(C)2020「ラストレター」製作委員会

裕里の姉の未咲が、亡くなりました。

裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられます。

未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校の人気者だった姉と勘違いされてしまう裕里。

そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎と再会し、未咲のふりをしたまま彼と文通することとなります。

やがてその内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎と未咲、そして裕里の学生時代の淡い初恋の思い出を辿り始めます。

ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていき…。

スポンサーリンク

映画『ラストレター』鮎美役と未咲役は広瀬すず

参考映像:「ちはやふる」上の句・下の句のダイジェスト映像

映画『ラストレター』で鮎美役と未咲役を演じる広瀬すずは1998年6月19日生まれの女優、ファッションモデル。静岡県出身。フォスタープラス所属。

実姉は女優の広瀬アリス。

姉のアリスがモデルを務めていた雑誌『Seventeer』のイベントを訪れた時に、現事務所の社長から声をかけられて芸能界入りしました。

2012年『Seventeen』オーディションで「ミスセブンティーン2012」グランプリとなり、同誌専属モデルとしてデビューしました。

同年に『天才!志村どうぶつ園』でテレビ初出演し、その後「進研ゼミ」CMでCM初出演。

2013年ドラマ『幽かな彼女』で女優デビューし、映画『謝罪の王様』で銀幕デビューしました。

同年山下達郎の『クリスマス・イブ(30th Anniversary Edition)』ショート・フィルムで初主演。

2014年に第93回全国高等学校サッカー選手権大会の応援マネージャーに就任。

2015年『学校のカイダン』で連続ドラマ初主演。

同年出演作『海街diary』が第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、公式上映に出席。

この作品で演技力を高く評価され、数多くの新人賞を総なめにしました。

2016年には『ちはやふる』シリーズに主演。日本アカデミー賞では優秀主演女優賞・優秀助演女優賞をダブル受賞するなど、多数映画賞を受賞しました。

2017年「タレントCM起用社数ランキング」で男女合わせて単独首位を獲得。

2018年には第69回NHK紅白歌合戦の司会を務めました。

2019年度前期放送の連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』ヒロイン・なつを好演

2019年10月からの『Q:A Night At The Kabuki』で初舞台を踏みました。

そのほか、映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』『ラプラスの魔女』『三度目の殺人』、ドラマ『anone』『怪盗 山猫』など多数の話題作に出演しています。

アニメ『バケモノの子』『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』などで声優としても活躍しています。

映画『ラストレター』未咲はどんな役?


(C)2020「ラストレター」製作委員会

未咲は主人公・裕里の亡くなった姉

高校時代はクラスのヒロイン的存在でした。

スポンサーリンク

映画『ラストレター』鮎美はどんな役?

鮎美は主人公・裕里の亡くなった姉・未咲の娘。母の面影を残す顔立ち。

祖父母の過ごす美咲と裕里の実家に身を寄せています。

母の葬儀で裕里に、母宛ての同窓会の案内と、未咲が自分に残した手紙の存在を告げます。

裕里と鏡史郎との手紙のひとつが届いたことから、母と鏡史郎、そして裕里との学生時代の恋の思い出を辿りだし…。

広瀬は、岩井監督作品へ出演できることがとにかく嬉しい、とコメント。

岩井作品の映画の空気が大好きなので、カメラの前で感じられた空気、温度を大切に、嘘なく演じられるように頑張りたいと語っています。

広瀬すずの演技力の評価は

参考映像:『三度目の殺人』(2017)

数々の名作に出演し、輝くオーラで第一線を走り続けるトップ女優・広瀬すず。

『万引き家族』でカンヌ国際映画祭パルムドール賞を受賞した、日本を代表する名匠・是枝裕和監督からも高く評価されており、『海街diary』『三度目の殺人』で重要な役を演じています

2015年に『海街diary』で日本アカデミー賞新人俳優賞、第89回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞ほか多数の映画賞を受賞

2016年には『ちはやふる-上の句』で第40回日本アカデミー賞優秀主演女優賞、『怒り』でも日本アカデミー賞優秀助演女優賞とダブル受賞して注目されました。

2017年には『三度目の殺人』では、第41回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞しています。

2019年前期の、記念すべきNHK朝の連続テレビ小説100作目『なつぞら』でヒロインを務め、その知名度と人気を確固たるものにしました。

ドラマ評論家の成馬零一氏は、『なつぞら』の広瀬の演技について高く評価しています。

そこにいるだけで画になってしまう役者。朝ドラなど出演者が多い中では、ヒロインは“技”だけでやり通すことは難しい中、余白の多い演技をする広瀬さんは相対する役者たちを受け止めることができている。演技に不自由さがない。広瀬との共演シーンは、どの役者も生き生きとしており、ヒロインでありながら誰よりも引き立て役に回っている」と語っています。

朝ドラを終えた広瀬は、野田秀樹による『Q:A Night At The Kabuki』で舞台に初挑戦。

ドラマとはまた違う世界で、更なる進化を遂げることは間違いありません。

本作『ラストレター』では、物語の大きなカギとなる女性を2役に挑戦します。二人の異なる人物をどう演じ分けるのかに要注目です。

広瀬すずの公式SNSの紹介

広瀬すずの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

(C)2020「ラストレター」製作委員会

『Love Letter』『スワロウテイル』『花とアリス』などで高い支持を得ている名匠・岩井俊二監督によるオリジナル作品の本作『ラストレター』。

名作『Love Letter』のアンサー映画であることにも、大きな注目が集まっています。

男女の手紙のやりとりが、時代を超えて様々な真実を明かしていきます。

主人公の裕里役には、映画『告白』『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』やドラマ『HERO』『カルテット』の日本を代表する実力派女優・松たか子。

その姉・未咲と娘の鮎美の二役を、NHKドラマ『なつぞら』や映画『ちはやふる』『海街diary』『三度目の殺人』などで活躍目覚ましい若手女優・広瀬すずが務めます

共演にも福山雅治、神木隆之介、庵野秀明、森七菜、中山美穂、豊川悦司ら人気実力派俳優が揃っており、大きな期待が本作に寄せられています。

豪華な監督・キャストで贈る映画『ラストレター』は、2020年1月17日より全国ロードショーです。





関連記事

新作映画ニュース

映画『ジェノサイド・ホテル』あらすじと上映劇場情報。予告編やポスター解禁に

豪華五つ星ホテルが惨劇の舞台となり、甚大な被害と多数の死傷者を出した凄惨な事件を元に描く、リアリティック・アクション・スリラー! 映画『ジェノサイド・ホテル』は、10月13日(土) ヒューマントラスト …

新作映画ニュース

【EUフィルムデーズ2019開催情報】ブルーノ・ガンツ映画『キオスク』も上映決定

欧州連合(EU)加盟国が各国の話題作を紹介! 2019年で17回目の開催となる、「EUフィルムデーズ」。 『EUフィルムデーズ2019』は5月31日(金)より東京から始まり、その後京都、広島、福岡で開 …

新作映画ニュース

映画『再会の夏』あらすじとキャスト。実話を基に犬がつなぐ絆をジャンベッケルが描く

“愛犬”だけが真実を叫び続けた。 © ICE3 – KJB PRODUCTION – APOLLO FILMS – FRANCE 3 CINEMA – UMEDIA 『最強のふたり』のフラ …

新作映画ニュース

【映画祭のむコレ情報】ドニー・イェン新作からLGBTQ作品まで11月15日よりシネマート新宿・心斎橋にて

劇場発信型映画祭「のむらコレクション」(通称:のむコレ)。 2019年もスケールアップして開催! 2018年、超速で日本公開を実現し大ヒットした『魔女/The Witch』や、個人の自主配給ながら全回 …

新作映画ニュース

映画スウィンダラーズ|AFTERSCHOOLナナのセクシーな詐欺師の本編映像公開!

アジア各国で絶大な人気と知名度を誇るヒョンビンが、初めて詐欺師を演じた話題作『スウィンダラーズ』が、7月7日(土)より全国ロードショー。 詐欺師だけをダマす詐欺師5人とエリート検事による予測不可能な犯 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP