Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『シークレット・ヴォイス』あらすじ。カルロス・ベルムト新作が「未体験ゾーンの映画たち2019」にて公開

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『シークレット・ヴォイス』は、2019年1月4日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷 “未体験ゾーンの映画たち2019”にてロードショー


© 2018/ Apache Films, S.L. / Las Películasdel Apache S.L. / ÁralanFilms S.L. / Les Films du Worso All rights reserved.

名匠ペドロ・アルモドバルなど世界中のクリエイターの称賛を浴びた映画『マジカル・ガール』を演出したカルロス・ベルムト監督。

そのカルロス監督最新作『シークレット・ヴォイス』の2019年日本公開とビジュアル解禁されました。

スポンサーリンク

映画『シークレット・ヴォイス』とは


© 2018/ Apache Films, S.L. / Las Películasdel Apache S.L. / ÁralanFilms S.L. / Les Films du Worso All rights reserved.

本作は原題『Quién te cantará』をあらため、邦題『シークレット・ヴォイス』として、2019年にヒューマントラストシネマ渋谷にて「未体験ゾーンの映画たち2019」での公開が決定しました。

前作『マジカル・ガール』で、劇場デビュー作ながらサン・セバスチャン国際映画祭にてグランプリと監督賞のダブル受賞という快挙を成し遂げたカルロス・ベルムト監督

スペインの名匠ペドロ・アルモドバル監督から“宝石のような映画”と言わしめた新鋭の映像作家です。

参考映像:『マジカル・ガール』(2014)

観客から注目が集まるなか発表された本作は、記憶をなくした国民的歌手と彼女に心酔する貧しいシングルマザーという全く立場の異なる二人の女声を主人公に据え、出会うはずのなかった二人の人生の交錯を、美しく、時に残酷に描いた魅惑のミステリー

本作もその独創的なストーリーと巧みな構成、そして予測不能の結末が大きな話題を呼び、トロント国際映画祭に正式出品、サン・セバスチャン国際映画祭で Zinemaldia FEROZ Awardを受賞

またも観客や批評家の双方から圧倒的指示を獲得しました。

映画『シークレット・ヴォイス』の作品情報


© 2018/ Apache Films, S.L. / Las Películasdel Apache S.L. / ÁralanFilms S.L. / Les Films du Worso All rights reserved.

【公開】
2019年公開(スペン映画)

【原題】
Quién Te Cantará

【脚本・監督】
カルロス・ベルムト

【キャスト】
ナイワ・ニムリ、エヴァ・リョラッチ、カルメ・エリアス、ナタリア・デ・モリーナ

スポンサーリンク

映画『シークレット・ヴォイス』のあらすじ


© 2018/ Apache Films, S.L. / Las Películasdel Apache S.L. / ÁralanFilms S.L. / Les Films du Worso All rights reserved.

人気絶頂のなか、突如、引退し表舞台から姿を消した国民的トップシンガーのリラ・カッセン。

それから10年…。様々な憶測が飛び交う中彼女の復帰ツアーが発表されました。

しかしコンサートが間近に迫ったある日、リラは突然倒れ、記憶喪失となり歌うことさえできなくなってしまい、復帰が失敗すれば彼女は全てを失うことになってしまう。

切迫した状況のなか、リラに人生を捧げてきたマネージャーのブランカは、バーでリラの曲を本人さながらに歌いこなすシングルマザーのヴィオレタと出会います。

類まれな才能を持ちながらも精神的に不安定な無職の娘と貧しい二人暮らし。

人生に絶望していたヴィオレタにとってリラの曲だけが心の支えでした。

極秘裏に「リラにリラの歌を教えてほしい」という、ビアンカの奇妙な依頼を大喜びで引き受け、リラと対面したヴィオレタ。

しかし、そこで彼女は、誰も知らなかったリラの“ある秘密”を知ることになるのですが…。

まとめ


© 2018/ Apache Films, S.L. / Las Películasdel Apache S.L. / ÁralanFilms S.L. / Les Films du Worso All rights reserved.

本作のキャストのナイワ・ニムリは、『オープン・ユア・アイズ』や『ルート・アイリッシュ』で知られた女優。

またエヴァ・リョラッチは、カルロス・ベルムト監督の『マジカル・ガール』に引き続きキャスティングされました。

この作品はシネマスコープ、上映時間は125分。

新鋭カルロス・ベルムト監督の新たなる問題作、ぜひ、劇場でご覧くださいね。お見逃しなく!

映画『シークレット・ヴォイス』は、2019年1月4日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷 “未体験ゾーンの映画たち2019”にてロードショー

関連記事

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018のおすすめ厳選5作品。あらすじと登壇ゲストの日程紹介も

いよいよ開幕が迫ってきた、第31回東京国際映画祭。チケット販売開始と同時に完売の作品も続出しました。 この記事では、コンペティション部門に選出された16本の作品から気になる海外映画5作を取り上げてご紹 …

新作映画ニュース

映画『彼女はひとり』キャスト/劇場公開日/上映館。黒沢清・森崎ウィンのおすすめコメントも紹介!

映画『彼女はひとり』は田辺・弁慶映画祭セレクション2020で上映。 テアトル新宿にて2020年11月20日(金)から開催される田辺・弁慶映画祭セレクション2020。 田辺・弁慶映画祭セレクション202 …

新作映画ニュース

ジーンの力が暴走する予告解禁!映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』はシリーズ最終章となるのか⁈

史上最強のヒーロー“ダーク・フェニックス”はいかにして生まれたのか? ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation 世界を危機に陥れる強大な敵とミュータント …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの田中紀子役は石橋静河【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

映画『きさらぎ駅』あらすじ/キャスト/公開日。垣松祐里が「2ちゃんねる発」のキングオブ都市伝説に挑む!

現代版”神隠し”と言われるKING OF 都市伝説を実写化した垣松祐里主演映画『きさらぎ駅』が2022年6月劇場公開決定! 本作で映画初主演を飾る恒松祐里を迎え、インターネット掲示板「2ちゃんねる」発 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学