Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/07/05
Update

『Cosmetic DNA』“映倫先輩”に会いにいく【自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦1】

  • Writer :
  • 大久保健也

連載コラム『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』
第1回「『Cosmetic DNA』“映倫先輩”に会いにいく」

ほとんどの方、初めまして。一部の方、いつもお世話になっております。長編インディーズ映画『Cosmetic DNA』の監督の大久保健也です。

正式には監督・脚本・撮影・編集などいろいろです。誇張なく本当に命をカツオ節のように削りながら何とか完成まで漕ぎ着けた自主映画『Cosmetic DNA』は、2020年、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて北海道知事賞を受賞しました。ありがたいことでした。


(C)田中舘裕介:『Cosmetic DNA』を演出した大久保健也監督

そして今、2021年の秋に向けてコソコソと劇場公開に向けての準備を進めています。そうです、何と『Cosmetic DNA』が映画館で上映されるのです。

まだご存じない方のために何回だって言います。『Cosmetic DNA』は映画館で上映されます。ロードショーされるんです。

そもそもそのコスメなんちゃらって何?という方はCosmetic DNAで検索してみてください。今話題沸騰中のとってもクールでファンキーなナウいフィルムです。

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

スポンサーリンク

『Cosmetic DNA』、映画倫理機構へ


(C)穏やカーニバル

劇場公開の準備の中で、今回、映画倫理機構さんに審査をしてもらうということをしました。皆さんご存じの、あの「映倫」です。

最近映画館に行くと「NO MORE 映画泥棒」の前か後かにヴィヴァルディの春が流れてG、PG12、R15、R18のそれぞれの説明が流れ始めますね、あれのことです。あれと言っては失礼でしょうか、あちらのことです。

映倫先輩は、その「映画」は全年齢観ても良いもの(G指定)なのか、小学生以下は保護者同伴で観ることが推奨される程度にはちょっとヤバい映画(PG12指定)なのか、15歳未満立ち入り禁止(R15指定)なのか、18禁(R18指定)なのか、観てジャッジしてくれます。

そして、それを証明するマークをくれます。映倫の審査を通った(映倫マークのついた)作品は、映画館で、自信を持って皆さんにお届けできます。皆が安心して映画を楽しめる。映倫は素晴らしいです。映倫は最高。映倫に足向けて寝れません。

プロデューサー兼、俳優の西面辰孝も映倫先輩に会いに行きました


(C)穏やカーニバル

そして『Cosmetic DNA』はどの映倫審査がくだされたのか。みなさんワクワクでしょうか。焦らないでください。焦って良かったことなんか人生において一度もないでしょう。心配しなくても今から発表します。

それでは発表します。デデデデデデデデ……PG12指定です。

PG12作品は、映倫サイトによると「小学生以下のお子様が視聴する際、保護者の助言・指導が必要。 鑑賞する際にはなるべく保護者同伴をオススメする作品です。」だそうです。なんてエクセレント!

あの、ゆうばりファンタで北海道知事賞をもぎ取った『Cosmetic DNA』を、親子で楽しく映画館で鑑賞できる。こんな素晴らしい現象がこの世にありましょうか?いや、ないです。

『Cosmetic DNA』を撮った監督として、書いた脚本家として、作ったプロデューサーとして言います。

是非、小学生の皆さん、『Cosmetic DNA』を観に映画館に足を運んでください。きっとその暗闇の中には、友達と群れる放課後の何倍も楽しく、夕方のTVアニメの何倍も刺激的な体験が待っているはずです。単純な楽しい、面白いを越えた体験がキミを待っている。

映画を観るのに映画館まで行くの、面倒臭いのはわかります。今時、暗闇で何もせずに2時間弱も映像観るのなんてダサいってわかります。わかるんですが、1回『Cosmetic DNA』を映画館で観てほしい。映画って、こんなに自由で、こんなやっちゃいけないこともできて、こんなに人の感情を揺さぶることができるんだって、思ってほしい。

そろそろこの文章を読んでいるあなたは気づいているかもしれませんが、当然、僕はこの文章を小学生に向けて書いていません。仮にこの文章を小学生であるキミが読んでたら物凄いことです。これはもう観るしかない。公式Twitterを今すぐフォローするしかない(@CosmeticDna)。キミは選ばれし運命の人だ。旅に出よう。

小学生だろうが中学生だろうが、ひとりでも多くの、いろんな人に観にきてほしいと心から思っています。だから『Cosmetic DNA』はPG12映画です。全年齢、全世代、新生児から老人まで、人を選びません。全ての人間に開かれたエンターテインメント大作です。

そして、願わくば、この社会に怒りを感じ、この社会を恨み、この社会を破壊したくてたまんない、超クールでキュートなオーサムガールに観てほしい。あなたのためにこの映画を作りました。だからPG12映画なのです。

次回の『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』は…


(C)穏やカーニバル

今後、定期的に大久保健也が自らを連載コラム通して、インディーズ映画『Cosmetic DNA』の魅力を更新していきます。

『Cosmetic DNA』の劇場公開を終えるまで、粛々と続けていこうと思います。全ての劇場公開が終わった時、それまでの連載コラムの記事を全部読んだという人は自己申告してください。自己申告は大事です。

【『Cosmetic DNA』公式Twitter】
@CosmeticDna

【『Cosmetic DNA』公式facebook】
https://www.facebook.com/CosmeticDna/

【連載コラム】『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』一覧はこちら

大久保健也監督プロフィール


(C)田中舘裕介

1995年生まれ、大阪育ち。中学時代より自主映画の制作を始め、60本以上の映像作品を制作。近年は様々なアーティストのMVなどを手がける傍ら、自主映画の制作を行っている。

2021年秋公開予定の『Cosmetic DNA』は初の長編監督作となる。

スポンサーリンク

映画『Cosmetic DNA』のあらすじ


(C)穏やカーニバル

化粧を愛する美大生・東条アヤカ(藤井愛稀)は、ある日クラブハウスで出会った自称映画監督・柴島恵介(西面辰孝)に性的暴行を受ける。

泣き寝入りせざるを得ない状態に精神的に病んでいくアヤカだったが、大学院生のサトミ(仲野瑠花)、アパレル店員のユミ(川崎瑠奈)と出逢うことで少しずつ自我を取り戻していく。

しかし、柴島の次なる標的がユミであることを知ったアヤカは突発的に柴島を殺害。やがて死体処理を行う最中に人間の血液こそが理想の化粧品であることに気付くが……。

大久保健也監督へ応援のメッセージをお寄せください。

映画『Cosmetic DNA』を監督した大久保健也さんの連載コラムを読んでいただき、

*本記事は大久保健也監督がnoteに執筆したものを、監督本人に意向を伺いながら再構成した内容になっております。本文の一部の文言について編集部で追記調整した箇所があります。

関連記事

連載コラム

『護られなかった者たちへ』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。映画化ここに注目!|永遠の未完成これ完成である14

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第14回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは2021年10月1日に公開予定の『護られなかった者たち …

連載コラム

映画『BEYOND BLOOD』あらすじと感想レビュー。フレンチホラーのニューウエーブに小林真里監督が斬り込む!|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019⑥

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。 世界中のホラー映画ファンを熱狂させた、0(ゼロ)年代に巻き起こった“ニューウェイヴ・オブ・フレンチホ …

連載コラム

ベルイマン映画『沈黙』解説ネタバレと感想考察レビュー。”神の沈黙三部作”ラスト最終章で描かれる“空虚な心”|電影19XX年への旅8

連載コラム「電影19XX年への旅」第8回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第8回は、『叫びとささやき』や『仮面/ペルソナ』など、数多く …

連載コラム

今見るべき2020年映画ランキングベスト5|困難を極める時代だからこそ必見のセレクション《シネマダイバー:桂伸也選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー桂伸也 新型コロナウィルスの猛威という未曽有の障害が全世界を覆った2020年、感染拡大防止策のために人々の生活はさまざまな面で大きく制限 …

連載コラム

映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』あらすじと感想評価。キャストの吹越満が現代における“戦争”を熱演する|映画という星空を知るひとよ48

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第48回 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』は、太平洋戦争の平和記念館を設立させることで、祖父の過去を改ざんしようとする市長と、それに反対する戦犯遺族の物語。 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学