Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/20
Update

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』あらすじ/キャスト/公開日。セドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作!

  • Writer :
  • かりごめあき

『猫が行方不明』『スパニッシュ・ アパートメント』などで知られる、セドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作『おかえり、ブルゴーニュへ』の日本公開が決定しました。

11月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開です!

“ワインの日(毎月20日)”に合わせて解禁された場面写真3点とともに、『おかえり、ブルゴーニュへ』をご紹介します。


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

スポンサーリンク

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』日本公開決定!


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

フランス・ブルゴーニュ地方のワイナリーを舞台に、人生の熟度を味わう珠玉のヒューマンドラマ『Back to Burgundy(原題)』の日本公開が決定し、邦題が『おかえり、ブルゴーニュへ』(キノフィルムズ配給)に決まりました。

11月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開です。

監督は、『猫が行方不明』や『スパニッシュ・アパートメント』で知られる、セドリック・クラピッシュ監督。

『スパニッシュ・アパートメント』(2001)、『ロシアン・ドールズ』(2005)、『ニューヨークの巴里夫』(2013)からなる“青春三部作”の完結から4年、待望の新作です。

現代フランスを代表する人気監督セドリック・クラピッシュは、前作までは都会を舞台に、ごくありふれた人々とその日常を活き活きと軽妙に、そしてあたたかなまなざしで映し出してきました。

しかし本作では、キャリア12作目にして初めて田舎を舞台に自然撮影に挑み、フランス・ブルゴーニュを舞台に、ワイン醸造家だった父親の死をきっかけに10年ぶりに再開した3兄弟の悲喜こもごもが描かれています。

長男は離婚問題を抱え、長女は醸造家としての働き方に悩み、次男は義父問題に揺れていて、いろんなことはあるけれど、季節とともに移ろいながら、ワインのように熟成を重ねる…。そんな彼らの姿は、いつの間にか私やあなたが紡ぐ日々とオーバーラップするはずです。

都会の喧騒を離れ、くすぐったいような幼い頃の思い出と家族の絆で包み込んでくれる本作は、ふと立ち止まり、自分の人生を見つめるきっかけを与えてくれるに違いありません。

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』の作品情報


©2016 – CE QUI ME MEUT – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
Ce qui nous lie(英題:Back to Burgundy)

【監督】
セドリック・クラピッシュ

【脚本】
セドリック・クラピッシュ、サンティアゴ・アミゴレーナ

【キャスト】
ピオ・マルマイ、アナ・ジラルド、フランソワ・シビル

【作品概要】

『スパニッシュ・アパートメント』(2001)、『ロシアン・ドールズ』(2005)、
『ニューヨークの巴里夫』(2013)からなる“青春三部作”の完結から4年、セドリック・クラピッシュ監督待望の新作。

都会を舞台に、ごくありふれた人々とその日常を活き活きと軽妙に描いてきた監督が、長編12作目にして初めて田舎を舞台に自然撮影に挑んだ作品。

フランス・ブルゴーニュを舞台に、10年ぶりに再会した3兄弟を『間奏曲はパリで』のピオ・マルマイ、『FOUJITA』のアナ・ジラルド、『FRANK -フランク-』のフランソワ・シビルが演じる。

スポンサーリンク

映画『おかえり、ブルゴーニュへ』のあらすじ

フランス・ブルゴーニュ地方にあるドメーヌ(※自ら葡萄畑を所有し(畑の賃借も含む)、栽培・醸造・瓶詰を一貫して行うワイン生産者)の長男ジャン(ピオ・マルマイ)は、10年前、世界を旅するために故郷を飛び出し、家族のもとを去りました。

その間、家族とは音信不通でしたが、父親が末期の状態であることを知り、10年ぶりに故郷ブルゴーニュへと戻ってきます。

稼業を受け継ぐ妹のジュリエット(アナ・ジラルド)と、別のドメーヌの婿養子となった弟のジェレミー(フランソワ・シビル)との久々の再会もつかの間、父親は亡くなってしまいます。

残された葡萄畑や自宅の相続をめぐり、さまざまな課題が出てくるなか、父親が亡くなってから初めての葡萄の収穫時期を迎えます。

3人は自分たちなりのワインを作り出そうと協力しあいますが、一方で、それぞれが互いには打ち明けられない悩みや問題を抱えていて…。

まとめ

セドリック・クラピッシュ監督の新作『おかえり、ブルゴーニュへ』の公開が決定しました。

長編12作目にして初めて田舎を舞台に自然撮影に挑んだセドリック・クラピッシュ監督が、どのようにブルゴーニュの自然や人々の暮らしを映し出しているのか楽しみですね。

『おかえり、ブルゴーニュへ』は11月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開です

お見逃しなく!!

関連記事

新作映画ニュース

中国映画『クライマーズ』あらすじ/キャスト/日本公開日。ジャッキー・チェンが実話の山岳アクションに挑む!

中国初の山岳アクション・アドベンチャー超大作。 ジャッキー・チェン×ウー・ジン×チャン・ツィイー×ツイ・ハークがエベレスト登頂に挑む、中国初の山岳アクション・アドベンチャー超大作『攀登者』(原題)。 …

新作映画ニュース

映画『はりぼて』劇場公開決定と上映館。腐敗した地方政治を富山のテレビ局がドキュメンタリーで暴く

虚飾を剥がせ!この映画こそ日本の縮図だ!! 富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』。 この度、映画『はり …

新作映画ニュース

映画『セブンガールズ』全国のミニシアターに作品を無料提供!興行収入の全額を上映館に寄付

「皆で助け合って生きていく」というテーマの作品を寄付。 新型コロナウイルスの蔓延に伴う大幅な動員減少に続き、緊急事態宣言による多くの映画館の休館の報道に多くの関係者・映画ファンが心を傷めています。 ミ …

新作映画ニュース

松本動監督の映画一挙上映!『WiFiを捨てよ 渋谷へ出よう』2月18日に渋谷ユーロライブにて開催

全世界累計139の映画祭を席巻!! グランプリ11冠を含む全50冠の作品群!! 2021年2月18日(木)渋谷のユーロライブにて、国内外の映画祭を席巻して来た実力派の新鋭、松本動(ゆるぐ) 監督の作品 …

新作映画ニュース

映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』上映館/日本公開日。名曲の裏話やクラプトンのインタビューから再評価するドキュメンタリー!

製作総指揮はマーティン・スコセッシ、ロン・ハワード。 音楽界の超大物たちのインタビューと当時の貴重な映像の数々で贈るドキュメンタリー。 2019年トロント国際映画祭オープニング作品として選出された映画 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学