Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/12/31
Update

北川景子映画『ファーストラヴ』あらすじ感想と内容解説。容疑者役を芳根京子が体当たり演技で堤幸彦ミステリーに挑む

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ファーストラヴ』は2021年2月11日(木)より全国順次ロードショー!

直木賞作家、島本理生の人気原作小説を、サスペンスミステリーでは定評のある堤幸彦監督によって映画化された『ファーストラヴ』。

本作は、父親殺しの容疑者をめぐり取材を行う臨床心理士の女性が、事件の真相に迫っていく中で、その真実が自身の抱く心の闇に絡まっていく様を描いたサスペンスストーリー。

主人公の臨床心理士女性を北川景子、父親殺しの容疑者女性を芳根京子が担当、新旧の実力者女優が演技で火花を散らしています。他にも中村倫也、窪塚洋介、木村佳乃、板尾創路らクセ者といえる超個性派俳優が集い、濃密でミステリアスな堤幸彦ワールドを絶妙に描き上げています。

スポンサーリンク

映画『ファーストラヴ』の作品情報


(C) 2021「ファーストラヴ」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
堤幸彦

【脚本】
浅野妙子

【原作】
島本理生「ファーストラヴ」

【キャスト】
北川景子、中村倫也、芳根京子、窪塚洋介、板尾創路、石田法嗣、清原翔、高岡早紀、木村佳乃

【作品概要】
臨床心理師が、父親を殺した女子大生の事件に迫る中で、犯人の心の闇とともに自身の過去とも向き合っていく姿を描きます。

『明日の記憶』『十二人の死にたい子どもたち』『望み』などの堤幸彦監督が作品を手掛け、脚本を『彼女がその名を知らない鳥たち』などの浅野妙子が担当しました。

主人公の臨床心理士・真壁由紀を北川景子、父親殺しの容疑で確保される女性・聖山環菜役を芳根京子が担当。メインキャストにはさらに中村倫也が脇を固めます。また窪塚洋介、板尾創路、木村佳乃、石田法嗣、清原翔、高岡早紀ら若手、ベテラン、個性派、実力派などバラエティに富んだ配役も物語を盛り上げます。


映画『ファーストラヴ』のあらすじ


(C) 2021「ファーストラヴ」製作委員会

ある大学のトイレで、一人の男性が胸を刺され倒れていました。一方、血まみれのナイフを持ち川端の道を歩く一人の女性。彼女はアナウンサー志望の女子大生、聖山環菜(芳根京子)。その後彼女は、トイレで倒れていた父であり画家の那雄人(板尾創路)を殺した容疑で逮捕、大きくメディアで報じられます。

警察の取り調べに対し「動機はそちらで見つけてください」と返答したという環菜。その彼女について取材の依頼を受けた臨床心理士の真壁由紀は、彼女への接見を決意します。

環菜の弁護士は国選弁護人として選任された由紀の夫・我聞(窪塚洋介)の弟である弁護士・庵野迦葉(中村倫也)。因縁の関係を持つ迦葉と由紀は大学の同級生で、彼女は戸惑いながらも迦葉に接見希望を申し出て、ついに環菜と対面します。

「あの子はくせ者だよ。心が読めない」という迦葉の言葉に身構えながら、最初は臨床心理士の立場として冷静に環菜を観察するものの、環菜を取り巻くさまざまな人物から改めて知らされる事実に翻弄されていく由紀。

そしていつしかその真実は、由紀自身が抱える心の闇へとつながっていくのだが…。

スポンサーリンク

映画『ファーストラヴ』の感想と評価


(C) 2021「ファーストラヴ」製作委員会

この物語のポイントは、謎が謎を呼び展開していく原作のサスペンス・ストーリーを、堤幸彦監督がどう料理していくのか、という点にあります。

近年は、社会的な問題をテーマとしたシリアスなミステリー小説の映画化を度々手掛けている堤監督だけに、この物語もそのメインストリーム作品にあたる一本といえます。

しかし一方で、堤監督は本作を手掛けるにあたって、事前に難しさをおぼえていたとも明かしています。

その要因は、本作のメインテーマに起因する女性心理を、いかに描くかという点にあります。

作品のテーマとしては「複雑な家庭内虐待によって苦しむ女性の顛末」という、考えてみれば意外にピンポイントなものであり、確かにこれまでの堤監督が手掛けてきた作品を振り返ると、どちらかというとあまり性別に左右されない描き方をされてきたと感じるところもあって、堤監督が挑むテーマとしては新しいものだということがうかがえます。


(C) 2021「ファーストラヴ」製作委員会

そして、その課題に対して本作は、原作の基本を押さえつつ表現に対して敢えて「女性心理」ということをそれほど細かく押し出さない表現をとっており、真壁由紀、聖山環菜という二人のヒロインを変に女々しく描かず生々しいまでの姿で描き上げています。

本作のキャスティングは、全般的に当て書きされたのかと思えるくらいに役柄とピッタリ合った印象すらあり、その中で北川と芳根の二人は、少女時代から虐待やさまざまに複雑な境遇を持つことで心に傷を負った由紀、環菜という女性を、文字通り体当たりの演技で表現しています。

その演技に堤監督作品ではよく見られる速いカット展開をうまく絡ませて、心に闇を抱えた女性の生々しくオドロオドロしい心理を見るものにショッキングに伝えていきます。


(C) 2021「ファーストラヴ」製作委員会

そのショックがダイレクトなだけに、見るものとしてはそのキャラクターの境遇を考え、そしてその心理を想像します。

つまり「描かない」ことで観衆自身の中にその「無い部分」を直接見るよりずっと強い感情を湧き起こさせ、最も重要なポイントを鮮烈に描くことに成功しています。

またキャストの印象としては、やはり北川の存在が最も光ります。この作品における由紀という立場の役柄は、平たく言えば周りに振り回されるというもので、メインキャラクターである環菜、迦葉、我聞というそれぞれの人物とのシーンは、ある意味役者として三連組手の戦いを演じるような位置関係に立ちます。

その北川が三人の共演者それぞれに対して「こんな表情を見せるのか」と時に意外な引出しを見せ相手を翻弄する姿は、北川自身の役者という仕事におけるスキルの高さを物語っています。

そしてその北川の演技による煽りがあってこそ芳根、中村倫也、窪塚洋介らの表情も非常に生きて物語に新鮮さを与えています。北川の起用は、本作が作品として成立するための要素として大きな部分を占めているともいえるでしょう。


まとめ


(C) 2021「ファーストラヴ」製作委員会

この物語のメインテーマの一方で興味深いのは、窪塚が演じる我聞という役柄です。

彼は幼馴染であり不遇な少年時代を過ごした従弟の迦葉を、無償の愛情をもっと弟として家族に受け入れて、自身のカメラマンとしてのキャリアを由紀と結婚することで潔く諦めて…と絵に描いたような“いい人”として描かれます。

この物語に登場する人物はどこかに闇のようなものを抱えた人ばかりの中で、彼の存在はある意味特異点でもあり、その裏に何かあるのではないかと勘繰りたくもなります。

特に本作を原作の予備知識もなく見ると、これまでの作品では強烈な印象の役柄を多く演じ異彩を放ってきた窪塚の演技、そしてこれまで自身の作品で大きなどんでん返しをいくつも見せて、見るものを驚かせてきた堤監督だけに「我聞という役柄には、物語をひっくり返す何かがあるのではないか?」と思わせるようなところがあります。

こんな思惑を抱かせる一方、窪塚は本作で全体的にほとんど表情の変化を見せておらず、劇中で北川とは全く正反対の存在感を見せています。

彼の表情は展開の不穏な空気を微妙に深くしたり、あるいは我聞という人物のバックグラウンドを想像させたりと、物語の奥行きを深く作り上げている印象もあります。本作はこうした人物の置き方、描き方などにおいて、非常に緻密に計算されている様子を感じさせます。

そして『ファーストラヴ』というタイトル付けはどのような意味合いを持つものなのか、堤幸彦作品ならではのカラーをたたえつつしっかりと原作に描かれたその本質を描いており、堤監督作品として非常に見ごたえのある一作品となっています。

映画『ファーストラヴ』は2021年2月11日(木)より全国順次ロードショーされます!


関連記事

サスペンス映画

映画『愚行録』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ー仕掛けられた3度の衝撃。あなたの日常が壊される。ー 第135回直木賞の候補になった貫井徳郎の小説『愚行録』を映画化! 妻夫木聡主演、日本が誇る戦慄の群像ミステリー『愚行録』を紹介します! スポンサー …

サスペンス映画

22年目の告白キャストとあらすじ!映画舞台挨拶や試写会情報も

“すべての国民が、この男に狂わされる” 韓国映画『殺人の告白』を入江悠監督がリメイクしたクライムサスペンス映画『22年目の告白 私が殺人犯です』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画 …

サスペンス映画

ソフィア・コッポラ最新作『ビガイルド』予告でキッドマン血だらけのドレスとは?

ソフィア・コッポラ監督『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、2月23日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開ですね。 ソフィアファン待望の日本版予告編および、第2弾ポス …

サスペンス映画

映画『娘よ』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も《日本で初めて公開されたパキスタン作品》

今回ご紹介する映画『娘よ』は、日本で初めて公開されるパキスタン映画。 世界の片隅では、今だ起き続ける紛争に巻き込まれた少女や、少年の哀しみをネットでよく見かけます。また昨今は、過激な発言で一部の国民を …

サスペンス映画

キアヌリーヴス映画『ブルー・ダイヤモンド』あらすじと感想評価。丁寧な人間ドラマも見どころ

映画『ブルー・ダイヤモンド』は、2019年8月30日(金)から全国公開。 ロシアを舞台に、ロシアンマフィアとの取引に挑む男の、危険な駆け引きを描いた映画『ブルー・ダイヤモンド』。 ダイヤモンドにだけ魅 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学