Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/24
Update

ドキュメンタリー映画『わたしは分断を許さない』あらすじ。ジャーナリスト堀潤が監督した世界の5年間とは

  • Writer :
  • 石井夏子

ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追った、「分断」された世界。

ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追ったドキュメンタリー映画『わたしは分断を許さない』が、2020年早春よりポレポレ東中野ほか全国順次公開する運びとなりました。

公開決定とあわせて特報、ティザービジュアル、堀監督コメントが解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『わたしは分断を許さない』について

(C)8bitNews

シリア、パレスチナ、朝鮮半島、福島、沖縄…。

わたしたちの世界は「誰」に分断されているのか。そして「誰」が人々に沈黙を強いるのか

第1作目『変身 Metamorphosis』(2014)にて日米原発事故の3つの現場を追い、不条理と大衆の「忘却」を描いた堀潤。

本作では、第1作からの5年間で膿み続けた 国内外の「分断」を描きます

堀潤監督のコメント

参考:堀潤監督の公式ツイッター

わたしには、どうしても許してはいけないと感じるものがある。それは「分断」だ。この10年で、国内外の様々な社会課題の現場で「分断」が深まったと感じる。人々の疑心暗鬼は、やがて差別や排斥をうむ。2020年は東電福島第一原発事故から、そしてシリア内戦から10年目を迎える年だ。世間の忘却に耐え、未だ孤立し、支援を待つ人たちがいる。一体なぜここまで、そして一体誰がこの分断を生んだのか。わたしは世界各地の現場へ取材の旅に出た。どうしても分断の手当てが今必要だからだ。

スポンサーリンク

堀潤監督のプロフィール

参考動画:『変身 Metamorphosis』予告編

本作にて監督・撮影・編集・ナレーションを務めている堀潤(ほりじゅん)は1977年7月9日兵庫県神戸市生まれのジャーナリスト

2001年にNHK入局。「ニュースウオッチ9」リポーターとして主に事件・事故・災害現場の取材を担当しました。

独自取材で他局を圧倒し報道局が特ダネに対して出す賞を4年連続5回受賞。

2010年、経済ニュース番組「Bizスポ」キャスターを務めた後、2012年より、アメリカ・ロサンゼルスにあるUCLAで客員研究員に。

2013年春の帰国後、4月1日付でNHKを退職し、フリーランスになりました。

2014年に日米の原発メルトダウン事故を追ったドキュメンタリー映画『変身 Metamorphosis』を制作。

NPO法人「8bitNews」代表です。

映画『わたしは分断を許さない』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・撮影・編集・ナレーション】
堀潤

【脚本】
きたむらけんじ

【音楽】
青木健

スポンサーリンク

映画『わたしは分断を許さない』のあらすじ

東電福島第一原発事故から、そしてシリア内戦から10年目を迎える2020年。

しかしいまだに復興も支援も行き届かず、助けを求める人たちがいます。

ジャーナリストの堀潤が、分断された世界を捉える旅に出ます。

まとめ

2014年に制作された『変身 Metamorphosis』では、過酷なメルトダウンを起こした福島第一原発事故(2011)、米国のスリーマイル島原発事故(1979)、そしてサンタスサーナ原子炉実験場事故(1959)を取材した堀潤。

本作ではシリア、パレスチナ、朝鮮半島、福島、沖縄など、世界各地で深まる分断を映し出します。

映画『わたしは分断を許さない』は2020年早春よりポレポレ東中野にてロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『アマンダと僕』上映館は2019年6月公開シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次に決定

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジックランタン賞を受賞し、第31回東京国際映画祭東京グランプリ&最優秀脚本賞のW受賞に輝いた映画『AMANDA』(原題)。 日本公開に向けて邦題を『アマ …

新作映画ニュース

《動画で見る小林竜樹インタビュー》映画『横須賀綺譚』東日本大震災の風化や記憶の改ざんはあってはならない

話題の映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート! 大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新 …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018オールナイト上映!SFホラーのダークヒーロー作品とは

1980年代の映画はあらゆるジャンルが溢れたプログラムピクチャー最後の黄金時代! Images courtesy of Park Circus/MGM Studios Images courtesy …

新作映画ニュース

映画『町田くんの世界』キャストの高嶋さくら役は高畑充希。プロフィールと演技力評価

第20回手塚治虫文化賞・新生賞を受賞した安藤ゆきの同名マンガ『町田くんの世界』を実写化した青春映画が2019年6月7日に公開されます。 監督は、『舟を編む』で史上最年少の30歳で日本アカデミー賞最優秀 …

新作映画ニュース

【2019年11月29日〜30日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP