Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『爆裂魔神少女バーストマシンガール』劇場公開日は11月22日!小林勇貴監督プロフィール紹介

  • Writer :
  • 石井夏子

レジェンド・オブ・カルト『片腕マシンガール』が 令和元年リブート。
『全員死刑』の新鋭監督・小林勇貴が新たに放つ、クレイジー・パンク・バイオレンス・アクション!

たった一人の弟を殺された女子高生の壮絶な復讐劇を描いて、日本を飛び出してアメリカでも大ヒットを飛ばした井口昇監督による伝説のカルト・ムービー『片腕マシンガール』(2008)。

『片腕マシンガール』を基に、まったく新しいストーリーと世界観で描くリブート作品『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』が、2019年11月22日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほかで公開されます。

この度、パンチの効いたアクションカットが解禁されました。

片腕にマシンガンを義手を装着した姉妹“マシンガール”のマシンガン、ロケットランチャー・シーンや、姉妹同士が刀を交えるカットの他、銃撃戦あり、砲撃戦あり、肉弾戦ありの激しい場面写真を、本作の魅力とともにご紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』とは?

Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

優等生的作品が多い昨今の日本映画界にケンカを売るような、パンクでクレイジーな傑作が令和の時代に誕生しました。

伝説のカルト・ムービー『片腕マシンガール』(2008)を基に、本作『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』が描くのは、近未来、日本の何処かにある幻の街

臓器密売組織が支配するその街は、未来でありながら、どこか昭和の日本を思わせる、カオスと暴力にあふれた異空間です。

そして、異形の者たちが跋扈するスラム街を舞台に、片腕にマシンガン義手を装着した姉妹“マシンガール”の、血みどろの戦いが幕を開けます。

小林勇貴監督について

Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

本作の監督は、本物の不良少年たちを起用した問題作『孤高の遠吠』(2015)で世間を騒がせ、間宮祥太朗主演の『全員死刑』(2017)でメジャー映画デビューを飾り、ドラマイムズ『スカム』(MBS/TBS)の監督も務める、現在もっとも勢いがある新鋭監督、小林勇貴

原作にあった「グロテスクなスプラッター」や「ジャパニーズ・オタク・テイスト」を残しつつも、「不良感度満点のバイオレンス」、「一線を超えまくる描写」、「滅茶苦茶なようで実は痛快なカタルシス」、等々、小林勇貴ならではのヤバすぎる世界が炸裂します。

【プロフィール】
1990年生まれ、静岡県出身。

出演者に実際の不良を起用した『孤高の遠吠』(2015)が大きな話題となり、作品評価をあげ、同作でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016グランプリを受賞。

間宮祥太朗初主演映画『全員死刑』で、2017年メジャー作品デビューを飾ります。

【フィルモグラフィー】
2014『Super Tandem』
2015『Night Safari』『孤高の遠吠』
2016『逆徒』
2017『ヘドローバ』『全員死刑』
2018 ドラマ『GIVER 復讐の贈与者』

スポンサーリンク

魅力的なキャストたち

Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

2人の“マシンガール”、アミとヨシエ役には、ドラマ『下町ロケット』(2018)や『3年A組‐今から皆さんは人質です‐』(2019)に出演し、本作にオーディションで選ばれた、今後のブレイクが期待される搗宮姫奈と、『仮面ライダー鎧武/ガイム』(2013〜2014)のチャッキー役で女優デビューを果たし、テレビ、映画と活動の幅を拡げている花影香音、2人のフレッシュな若手女優が抜擢。

高い身体能力を持つ2人は、アクション監督の強烈なシゴキと過酷な撮影に耐え抜き、爆裂魔神少女を完璧に演じ切り、新たなるアクション・ヒロインを生みだしました。

Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

そして2人を鍛え上げたアクション監督(匠馬敏郎名義)にして、流れ者の殺し屋マツカタを演じたのが『RE:BORN リボーン』の坂口拓

世界に通用する本格アクション俳優の実力が、スクリーンで爆発します。

Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

マツカタと対決する殺し屋キキョウには、2018年にAKB48グループを卒業し、現在女優として活躍中の北原里英

アクションも強烈ですが、ビジュアルも強烈。殺し屋キキョウのとんでもない正体は観てのお楽しみです。

これまでの北原里英からは想像不可能なその姿…ファンが騒然となること、間違いなし。

悪の元締め青山ダルマには、ベテラン女優の根岸季衣。妖怪のような極悪ババアを怪演し、底知れぬ存在感を見せつけました。

Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

第32回東京国際映画祭にて上映

Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

本作は、第32回東京国際映画祭にて行われるオールナイトイベント「東京国際ファンタスティック映画祭」にて上映が決定しました。

マ・ドンソク主演のヴァイオレンス・アクション『悪人伝』との2本立てで上映されます。

【日程】
2019年11月2日(土)22:30より

【会場】
TOHOシネマズ六本木ヒルズ

【上映作品】
『悪人伝』、『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』

【料金】
3,500円

【チケット購入方法】
2019年10月12日(土)12:00より東京国際映画祭公式サイトにて発売開始

※詳細につきましては東京国際映画祭公式サイトにてご確認ください。

東京国際映画祭とは

東京国際映画祭(通称 TIFF)は日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭です。

1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生した TIFFは、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。

いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供しています。

東京国際ファンタスティック映画祭とは

Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

東京国際ファンタスティック映画祭は、1985年から2005年まで、毎年、東京国際映画祭の協賛企画として同時期に2002年まで渋谷パンテオン、2003年から新宿ミラノ座にて開催されました。

黎明期のホラー映画のブームを牽引し、香港・韓国・インド映画などをいち早く特集し話題を呼んだ映画祭です。

14年の歳月を経て、2019年に一夜限りの復活を果たします。

スポンサーリンク

映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』の作品情報

Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

【日本公開】
2019年(映画)

【原作】
映画『片腕マシンガール』(Fever Dreams Inc.)

【オリジナルキャラクター制作】
井口昇

【監督・脚本・編集】
小林勇貴

【キャスト】
搗宮姫奈、花影香音、坂口拓(TAK∴)、北原里英、根岸季衣、佐々木心音、矢部太郎(カラテカ)、住川龍珠、石川雄也

【作品概要】
井口昇監督作『片腕マシンガール』(2008)を基に、まったく新しいストーリーと世界観で描くリブート作品。

監督は、間宮祥太朗主演の『全員死刑』(2017)でメジャー映画デビューを飾った新鋭の小林勇貴が務めます。

アミとヨシエ役は、テレビドラマ『3年A組‐今から皆さんは人質です‐』(2019)の搗宮姫奈と『仮面ライダー鎧武/ガイム』(2013〜2014)で女優デビューを果たした花影香音が演じました。

プロデューサーは、『冷たい熱帯魚』(2011)『凶悪』(2013)『日本で一番悪い奴ら』(2016)等の問題作を連発する千葉善紀と、監督として『東京残酷警察』(2008)や『蠱毒 ミートボールマシン』(2017)などを手掛けた西村喜廣が務めます。

映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』のあらすじ

Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

無法地帯のスラム街『イシナリ地区』。

正義も秩序もないその街は、臓器売買の元締め『ダルマ屋』が支配し、貧乏人は肉体を切り売りしながら、何とか食い扶ちを稼いでいます。

幼い頃、親に身体を売られた姉妹のアミとヨシエは、ゴダイ一座の見世物小屋でアイドルとして舞台に立ちながら、助け合って生きていました。

その見世物小屋にある日、流れ者のマツカタがワラジを脱ぎます。

その正体は、『殺し屋協会ランキング5位』の凄腕殺し屋。

ヨシエはアミには内緒で、失った片腕にマシンガン義手を装着し、ダルマ屋の女ボス青山ダルマに復讐を考えていました。

臓器売買の現場に乗りこんだヨシエは、ダルマの息子カルマを半殺しに。

激怒したダルマは、改造人間兵器『ドリルブラシスターズ』を放ち、激闘の末、ヨシエはダルマ屋に囚われてしまいます。

知らせを聞いたアミは救出に駆けつけますが、ダルマ一味に捕まり、片腕を切断されてしまいました。

ダルマはゴダイ一座を皆殺しにするため、『殺し屋協会ランキング1位』の橘キキョウ(北原里英)を送り込み…。

まとめ

Ⓒ2019 「爆裂魔神少女」製作委員会

東京国際映画祭での上映も決定し、ますます注目度が高まる本作。

『全員死刑』で小林勇貴をデビューさせた過激プロデューサーたちが、再びチームを組んで挑む、新たなる極悪エンターテイメント

映画『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』は、2019年11月22日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿ほかにて公開です。

ご期待下さい!







関連記事

新作映画ニュース

映画『帰れない二人』あらすじとキャスト。ジャ・ジャンクー監督が変わりゆく中国を描く【アッシュ・イズ・ピュアレスト・ホワイト】

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された、中国の名匠ジャ・ジャンクー監督作『アッシュ・イズ・ピュアレスト・ホワイト』の邦題が『 …

新作映画ニュース

佐藤快磨映画『歩けない僕らは』あらすじとキャスト。リハビリテーション病院を舞台にした人間ドラマ

映画『歩けない僕らは』は2019年公開予定! 2019年6月に香港にて開催された第13回Fresh Wave International Short Film Festivalでワールドプレミアを行っ …

新作映画ニュース

海外ドラマ『Halo』など動画配信が充実!U-NEXTとViacomCBSが独占ライセンスパートナー契約を締結

アメリカプレミアムチャンネルSHOWTIMEの最新作『Halo』『Your Honor』『City on a Hill』など6作品を続々、日本初独占配信へ U-NEXTは、ViacomCBSグローバル …

新作映画ニュース

映画『蜜蜂と遠雷』あらすじとキャスト。主演・松岡茉優で恩田陸の小説を実写化

直木賞と本屋大賞をダブル受賞するという史上初の快挙を成し遂げた、恩田陸のベストセラー小説『蜜蜂と遠雷』を、『愚行録』の石川慶監督が実写映画化。 映像化不可能と言われた本作。製作サイドから満場一致でオフ …

新作映画ニュース

高橋一生×蒼井優映画『ロマンスドール』あらすじとキャスト。特報予告編とティザービジュアル紹介!

高橋一生×蒼井優18年ぶり共演、初の夫婦役に挑む。 惹かれ合い、愛し合った先にある、夫の“嘘”と妻の“秘密”とは―。 一人のラブドール職人と、彼が一目で恋に落ち結婚した妻との日々を描いたタナダユキの小 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学