Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/11
Update

ポーランド映画『メモリーズ・オブ・サマー』の日本公開日は6月1日!アダム・グジンスキ監督が描く夏の記憶

  • Writer :
  • 石井夏子

ポーランドの風景のなか紡がれる新しい夏休み映画

日本初劇場公開となる、ポーランド映画界の新たな才能アダム・グジンスキ監督の映画『メモリーズ・オブ・サマー』

本作の日本公開初日が、2019年6月1日(土)に決定しました。

YEBISU GARDEN CINEMA、UPLINK吉祥寺を皮切りに全国順次ロードショーです。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』について

アンジェイ・ワイダ、ロマン・ポランスキー、イエジー・スコリモフスキといった巨匠たちに続き、近年、パヴェウ・パヴリコフスキ(『イーダ』『COLD WAR あの歌、2つの心』)、アグニェシュカ・スモチンスカ(『ゆれる人魚』)と次々に実力派監督を生み出すポーランド映画界。

そしてまた新たな才能が日本に紹介されます。

デビュー短編『ヤクプ』(1997)がカンヌで絶賛された1970年生まれのアダム・グジンスキ監督。

監督自身の体験をもとにつくりだした映画『メモリーズ・オブ・サマー』は、子どもと大人の狭間で揺れる12歳の少年の目を通して描かれる、忘れられない一夏の記憶を描きだします。

俳優ロベルト・ヴィェンツキェヴィチとは

参考動画:映画『マイティ・エンジェル』予告編

映画『メモリーズ・オブ・サマー』に出演する俳優、ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ

“Jerzy”という役名だそうですが、主人公のピョトレックの父なのか、それとも母に関係する男なのか、まだ判明していません。

調べてみましたら、ロベルト・ヴィェンツキェヴィチはすごい経歴の俳優でしたのでご紹介します。

ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ(Robert Wieckiewicz)は1967年6月30日にポーランドのノバ・ルダで生まれました。

映画やテレビで大活躍の俳優で、身長は178cmと高いですね。

奥様との間に息子さんがひとりいるそうです。

主演映画も数多く、『ソハの地下水道』(2011)、『ワレサ 連帯の男』(2013)といった伝記的映画で、リアリティのある存在感を見せました。

また、『マイティ・エンジェル』(2014)では第27回東京国際映画祭コンペティション部門で最優秀男優賞を受賞。

本作でもその演技力を発揮してくれると期待しています。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』の作品情報


© 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź -Miasto Kultury w Łodzi

【日本公開】
2019年(ポーランド映画)

【原題】
Wspomnienie lata(英語題:Memories of Summer)

【監督・脚本】
アダム・グジンスキ

【キャスト】
マックス・ヤスチシェンプスキ、ウルシュラ・グラボフスカ、ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ

【作品概要】

デビュー短編『ヤクプ』(1997)がカンヌで絶賛された1970年生まれポーランド出身のアダム・グジンスキ監督。

アダム・グジンスキ監督自身の体験をもとに本作をつくりだしました。

ポーランドを代表し、世界で活躍するロベルト・ヴィェンツキェヴィチが出演しています。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』のあらすじ


© 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź -Miasto Kultury w Łodzi

1970年代末、夏。

ポーランドの小さな町で、12歳のピョトレックは新学期までの休みを母ヴィシアと過ごしています。

父は外国へ出稼ぎ中。

母と大の仲良しのピョトレックは、母とふたりきりの時間を存分に楽しんでいました。

ですがやがて母はピョトレックを家に残し毎晩出かけるようになり、ふたりの間に不穏な空気が漂い始めます。

ピョトレックは、都会からやってきた少女マイカに好意を抱きますが、彼女は、町の不良青年に夢中に。

それぞれの関係に失望しながらも、自分ではどうすることもできないピョトレック。

そんななか、大好きな父が帰って来ますが…。

まとめ

12歳の少年の子ども時代が、夏とともに終わりを告げます。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』は2019年6月1日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA、UPLINK吉祥寺を皮切りに全国順次ロードショー。

苦くて眩しい夏の記憶、一緒に辿ってみませんか。


関連記事

新作映画ニュース

映画『甘いお酒でうがい』あらすじ/キャスト/公開日。原作本はシソンヌじろうで大九明子が映像化!

松雪泰子、11年ぶりの映画主演作。 40代独身OL川嶋佳子のちょっぴり後ろ向きだけどポジティブな517日の物語。 『勝手にふるえてろ』の大九明子監督による最新作『甘いお酒でうがい』が、2020年9月2 …

新作映画ニュース

映画『3つの鍵』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ナンニ・モレッティ監督最新作はスリリングに魅せる緊迫のドラマ

予告編解禁&カンヌ国際映画祭総代表コメント到着! ナンニ・モレッティ監督、待望の最新作映画『3つの鍵』が2022年9月16日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、UPLINK吉祥寺ほ …

新作映画ニュース

角田光代原作映画『愛がなんだ』 本予告映像&本ビジュアル&主題歌解禁!【岸井ゆきの×成田凌】

好きと言えない、全ての人へ。 直木賞作家、角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を“正解のない恋の形”を模索し続けてきた恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が映画化した『愛がなんだ』。 主演に岸井ゆきのを迎 …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2020情報】開催時期と会場は?劇場上映をメインに「観客賞」と「TOKYOプレミア」を新たな形で実施

第33回東京国際映画祭の実施について。 2020年の第33回東京国際映画祭は、2020年10月31日から11月9日まで開催するべく準備が進められています。 (c)2020 TIFF オンラインだけでな …

新作映画ニュース

映画『チア男子!!』あらすじとキャスト。横浜流星&中尾暢樹&瀬戸利樹ら7人のメンバープロフィール紹介も

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングチーム“SHOCKERS”をモデルに書き上げた小説『チア男子!!』。 第3回高校生 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学