Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

少年時代の終わりを描いた映画『メモリーズ・オブ・サマー』予告編解禁。子役のマックスは天才的演技で受賞した逸材!

  • Writer :
  • 石井夏子

少年の子ども時代が夏とともに終わりを告げる。

2019年6月1日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショーされる映画『メモリーズ・オブ・サマー』

デビュー短編『ヤクプ』(1997)がカンヌで絶賛されたアダム・グジンスキ監督が自身の体験をもとにつくりだした本作は、1970年代末のポーランドの小さな町を舞台に、12歳の少年の目を通して描かれる、切なくも忘れられない一夏の記憶です。

このたび本作の本予告映像が完成いたしました。夏の暑さと、切なさに満ちた予告映像をお楽しみください。

スポンサーリンク

映画『メモリーズ・オブ・サマー』の本予告映像

解禁となった本予告では、水辺で走り、泳いで遊ぶ少年たちが映し出されます。そのなかの1人が主人公のピョトレック。

映画のタイトルが出た後、走る汽車とそれを自転車で追いかけるピョトレックと母の姿が。

そして都会から、彼らの家の隣に越してきた少女・マイカがやってきます。彼女は田舎の暮らしが退屈でたまりません。

マイカへの淡い思いを抱きながら、母親とふたりで楽しく夏休みを過ごしているピョトレックでしたが、やがて母親の隠しごとを察する様子や、秘密を持つ母の意味深な表情に気付き始めます。

離れて暮らす父と久しぶりに再会を果たし、家族は幸せな時間を過ごすのですが…。

予告は「それは、僕が子どもでいられた、最後の夏だった」というナレーションと、タイトルコールで幕を閉じます。

楽しげで色彩鮮やかな遊園地での映像と、切ないナレーションとの対比に、胸が締め付けられる予告編です。

主人公を演じたマックス・ヤスチシェンプスキとは


© 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź -Miasto Kultury w Łodzi

主人公の少年ピョトレックを演じたマックス・ヤスチシェンプスキは、ワルシャワの小学校に通っていたときに、グジンスキ監督に見出された逸材。

主人公に適した少年がなかなか見つからず、撮影自体を延期し、2年間かけて探したといいます。

マックスは本作で初めて演技に挑戦し、ポーランドの映画祭ネティア・オフカメラ2017で『ライジングスター賞』を見事受賞しました。

スポンサーリンク

映画『メモリーズ・オブ・サマー』の作品情報


© 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź -Miasto Kultury w Łodzi

【日本公開】
2019年(ポーランド映画)

【原題】
Wspomnienie lata(英語題:Memories of Summer)

【監督・脚本】
アダム・グジンスキ

【キャスト】
マックス・ヤスチシェンプスキ、ウルシュラ・グラボフスカ、ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ

【作品概要】

デビュー短編『ヤクプ』(1997)がカンヌで絶賛された1970年生まれポーランド出身のアダム・グジンスキ監督。

アダム・グジンスキ監督自身の体験をもとに本作をつくりだしました。

ポーランドを代表し、世界で活躍するロベルト・ヴィェンツキェヴィチが出演しています。

主人公ピョトレックを演じたマックス・ヤスチシェンプスキは、演技初挑戦ながら、ポーランドの映画祭ネティア・オフカメラ2017で『ライジングスター賞』を受賞しました。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』のあらすじ


© 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź -Miasto Kultury w Łodzi

1970年代末、夏。

ポーランドの小さな町で、12歳のピョトレックは新学期までの休みを母ヴィシアと過ごしています。

父は外国へ出稼ぎ中。

母と大の仲良しのピョトレックは、母とふたりきりの時間を存分に楽しんでいました。

ですがやがて母はピョトレックを家に残し毎晩出かけるようになり、ふたりの間に不穏な空気が漂い始めます。

ピョトレックは、都会からやってきた少女マイカに好意を抱きますが、彼女は、町の不良青年に夢中に。

それぞれの関係に失望しながらも、自分ではどうすることもできないピョトレック。

そんななか、大好きな父が帰って来ますが…。

スポンサーリンク

まとめ

ポーランドの気鋭の映像作家、アダム・グジンスキ監督が、自身の体験をもとに描く思春期の輝きと揺らぎ。

鮮やかな色彩とエモーショナルな映像は、観る者の心を切なく締め付けます。

少年期特有の“揺らぎ”を繊細に捉えた本作にご期待下さい。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』は2019年6月1日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA、UPLINK吉祥寺を皮切りに全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

台湾映画『恋の病 潔癖なふたりのビフォーアフター』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ドンデン返しで運命のラブストーリーを描く

世界中の映画祭で話題を呼び、数々の映画賞を受賞作。 潔癖症&不器用な彼と、潔癖症&窃盗症の彼女が運命的な出会いを果たします。 凸凹で偏人なふたりが繰り広げる予測不能な恋のドンデン返しを描いた『怪胎(英 …

新作映画ニュース

【のむコレ2019】LGBTQ映画『虹色の朝が来るまで』あらすじとキャスト。上映館情報も!

ろう者の監督が描く、全編手話で綴られた ろう者×LGBTQの心温まる物語 制作時から地上波などのメディアに取り上げられ、国内外の映画祭で満席の上映を続けてきた本作『虹色の朝が来るまで』。 ©2018 …

新作映画ニュース

ジェシー・バックリー映画『ワイルド・ローズ』あらすじとキャスト。日本公開日は6月26日(金)と決定!

賞レースを賑わす話題作、日本公開決定。 新星ジェシー・バックリーが魅せる圧巻の歌唱力! 2018年トロント国際映画祭のプレミア上映で好評を博し、新進気鋭の女優、ジェシー・バックリーがその歌声を披露した …

新作映画ニュース

細野辰興×木下ほうか×佐藤利明(娯楽映画研究家)トークショーinシネマハウス大塚【貌斬り/著作権人格権の上映会から】

骨太な世界観を基調に現代の歪みを作品で問いかける細野辰興監督。 9月1日、2日にミニシアター「シネマハウス大塚」にて、細野作品の『貌斬り KAOKIRI~戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より~』と『著 …

新作映画ニュース

【一般試写会プレゼント】野村周平主演映画『WALKING MAN』25組50名様ご招待!10月2日(水)渋谷ユーロライブにて

映画『WALKING MAN』は2019年10月11日(金)より全国公開! 日本を代表するカリスマラッパーANARCHY(アナーキー)が、映画監督に挑みます。 主演は人気俳優野村周平。極貧生活のどん底 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学