Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/21
Update

韓国映画『神と共に』あらすじとキャスト。日本劇場公開は2019年5月と6月で2部作上映決定!

  • Writer :
  • 中村綾子

韓国映画史上歴代2位の成績をたたき出し、韓国累計で2700万人を動員したメガヒット・ムービー『神と共に 第一章:罪と罰』は5月24日(金)より、『神と共に 第二章:因と縁』は6月28日(金)より新宿ピカデリーにて全国ロードショー!


© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

韓国に人気ウェブサイトコミックが原作の『神と共に』は、準備に約5年、撮影に約1年を費やし、第1部と第2部を同時進行で製作した異例のビッグ・プロジェクトです。

アメリカ、カナダ、香港、台湾など世界中であの『新感染 ファイナル・エクスプレス』を超える歴史的大ヒット作がついに日本に上陸!あらすじとキャストをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『神と共に』について

韓国の漫画サイト「Webtoon」で大人気だったチュ・ホミンのファンタジー漫画『神と共に(신과 함께)』が原作です。

韓国でたくさんの賞を受賞し注目を集めました。

人間の死後、冥土に来た亡者が49日間、殺人・怠惰・嘘・不正・背徳・暴力・天倫といった7つの地獄の審判を受ける事によってストーリー展開していきます。

様々な神話の神たちが登場するのも見どころで、漫画版では3つのシリーズで展開されています。

作品の主な舞台である冥途の世界はVFXを駆使して表現され、想像の世界を見事に具現化しています。

ハリウッドでも活躍するデクスター・デジタルの技術により、冥界の魔物や怨霊とのバトルシーンのスピード感、地獄世界の壮大さはハリウッド映画に匹敵する迫力です。

スタイリッシュな登場人物による新感覚ファンタジー・アクションでありながら、グッと心に刺さるような今までにない物語の設定で、これまでの韓国映画とは一線を画します


『神と一緒に』ヤングガンガンコミックス

日本でもヤング・ガンガンで、2011年から2014年まで『神と一緒に』として三輪ヨシユキの作画によリメイク版が連載されていました。

映画『神と共に 第一章:罪と罰』の作品情報

【公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
신과함께 죄와 벌

【監督】
キム・ヨンファ

【キャスト】
ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、チャ・テヒョン

【作品概要】
原作はチュ・ホミンの人気ウェブマンガ『神と共に』です。“あの世”に来た死者のジャホンが、49日間に7つの地獄で試練を受けていくというコミック。

冥界の使者カンニム役は、韓国を代表する実力派俳優で『お嬢さん』のハ・ジョンウ。

護衛担当の使者ヘウォンメクに扮するのはチェ・ジフン。スター俳優からいまや映画賞を獲得するほどの演技派俳優です。

消防士ジャホンは『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンが演じます。

監督は『ミスターGO!』のキム・ヨンファ。

映画『神と共に 第一章:罪と罰』のあらすじ


© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

死を迎えた消防士のジャホンの前に突然現れた3人の冥界の使者のヘウォンメクとドクチュン、そしてカンニム。

彼らはこれからジャホンが転生のために通る7つの地獄の裁判の弁護と護衛を行います。

ジャホンは生前の善い行いが認められ、19年ぶりの貴人として転生は確実と使者たちも楽勝ムードが漂っていました。

しかし裁判が進むにつれ、地獄鬼や怨霊が出現し冥界が揺らぎ始めます。

原因は一体なんなのか?無事にジャホンはすべての裁判をクリアーし手人間に戻ることができるのでしょうか?

いま冥界と下界を巻き込んだ壮大な物語が始まります…。

スポンサーリンク

映画『神と共に 第二章:因と縁』の作品情報

【公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
신과함께 인과 연

【監督】
キム・ヨンファ

【キャスト】
ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、チャ・テヒョン、D.O.、マ・ドンソク

【作品概要】
映画『神と共に 第一章:罪と罰』の続編。韓国では公開初日から124万人を突破し、2018年及び韓国映画歴代最高オープニング新記録を達成しました。

新たなキャストとしてソンジュ神を演じるのは『新感染 ファイナル・エクスプレス』のマ・ドンソク。

映画『神と共に 第二章:因と縁』のあらすじ


© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

1000年間で48人の死者を転生させた3人の使者。

あと1人を転生させたら、彼らも新しい生を得ることができるというのです。

カンニムは怨霊だったジャホンの弟スホンを最後の裁判を受ける貴人に決めます。

本来、怨霊は消滅させなければならないのですが、閻魔大王は3人の使者に条件を出しカンニムの提案を受け入れまs。

条件はソンジュ神に守られ、訪れた使者をことごとく追い払う老人チュンサムを、スホンの裁判が終わるまでに冥界に連れてくること。

下界に降りたヘウォンメクとドクチュンは、偶然ソンジュ神が1000年前に2人を冥界に連れて行った使者だったことを知るのでした。

そして彼らは、ソンジュ神により驚愕の真実を知ることになり…。

映画『神と共に』魅力あるキャスト陣

参考映像:『お嬢さん』(2017)

物語の中心人物となる、知性と武力を持ち合わせた冥界の使者カンニム役は『お嬢さん』『テロ、ライブ』など韓国を代表する実力派俳優ハ・ジョンウ。

強力なリーダーシップを発揮し2人の部下と共に立ち向かう姿は、男も身震いするほどのカッコよさです。

そして、護衛を担当する使者ヘ・ウォンメク役にはチュ・ジフン。

『アシュラ』『背徳の王宮』をはじめ、Netflixオリジナルシリーズ「キングダム」など、スター俳優からいまや、数々の映画賞を獲得するほどの演技派へと成長しました。

2カ月以上に及ぶ練習を重ねたキレキレのアクションと、お笑いパートを見事に兼ね合わせた演技を披露しています。

7つの地獄の裁判行うそれぞれの大王にも『新しき世界』のイ・ジョンジェ、『青春漫画』のキム・ハヌルに、『新感染 ファイナル・エクスプレス』の天才子役で記憶に新しいキム・スアンまで、豪華キャスト陣が集結しています。

彼らはそれぞれ特殊メイクに身を包みこれまでにないキャラクターを演じているのも見どころです。

第一章には『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンが、第二章には『新感染 ファイナル・エクスプレス』のマ・ドンソクが出演し物語にインパクトを残しています。

さらに、EXOのD.O.が兵士でありながらも精神的に不安定な役柄を見事に演じていて、豪華俳優陣と引けを取らない演技を見せています。

スポンサーリンク

まとめ


© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

韓国では不人気とされていたファンタジー作品。

そんな中興行収入がそれぞれ1000万人以上を突破し、さらに続編の3・4作目とドラマ版まで作られていると言います。

全編がクライマックスと言っても過言ではないスリルとサプライズがいっぱいです。

誰も見たことがないが、誰もが行くであろう冥界世界の全ての謎が解き明かされることまちがいないしです。

世界を魅了した、超・ド級ファンタジー・アクション『神と共に』シリーズがついに日本上陸です!!

映画『神と共に 第一章:罪と罰』(5/24より)『神と共に 第二章:因と縁』(6/28より)として、新宿ピカデリーにて全国ロードショー

ぜひ、お見逃しなく!



関連記事

新作映画ニュース

映画『ANNA/アナ』あらすじ/キャスト/公開日。美人女優(モデル)のサッシャ・ルスがアクションスターへ!

5分で40人を倒す、新たな最強ヒロインが誕生。 『ニキータ』『レオン』『LUCY/ルーシー』など、強く美しいヒロインを撮り続けてきたリュック・ベッソン監督。 (C)2019 SUMMIT ENTERT …

新作映画ニュース

【のむコレ2019】LGBTQ映画『虹色の朝が来るまで』あらすじとキャスト。上映館情報も!

ろう者の監督が描く、全編手話で綴られた ろう者×LGBTQの心温まる物語 制作時から地上波などのメディアに取り上げられ、国内外の映画祭で満席の上映を続けてきた本作『虹色の朝が来るまで』。 ©2018 …

新作映画ニュース

ジャ・ジャンクー監督来日記者会見レポート。映画最新作『帰れない二人』の製作秘話と市山プロデューサーの受賞について

複雑に絡み合うロマンチックな悲劇『帰れない二人』。 中国の名匠ジャ・ジャンクー監督最新作『帰れない二人』が、2019年9月6日(金)Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館にて公開されます。 一組の …

新作映画ニュース

実写映画『東京リベンジャーズ』あらすじ/キャスト/公開日/登場人物紹介。北村匠海や吉沢亮らイケメン俳優が共演!

映画『東京リベンジャーズ』は2020年10月9日公開! 和久井健の人気コミック『東京卍リベンジャーズ』(とうきょうリベンジャーズ)が実写映画化します。 (C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東 …

新作映画ニュース

韓国映画『はちどり』あらすじ/キャスト/公開日。実話を基に女性監督が少女の成長を描く!

ベルリン映画祭を始め、世界各国で45以上の賞を受賞。 韓国の単館公開としては異例、公開1か月で観客動員数12万人超の大ヒットを記録した映画『はちどり』。 (C) 2018 EPIPHANY FILMS …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP