Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『空白』キャストの寺島しのぶは草加部麻子役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『空白』は2021年9月23日よりロードショー

『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督による、主演・古田新太、共演・松坂桃李の映画『空白』が、2021年9月23日(木・祝)より公開されます。

『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督によるオリジナル脚本作品『空白』。

第43回日本アカデミー賞三冠を獲得した『新聞記者』(2019)、現実の祖父母殺人事件にインスパイアされた『MOTHER マザー』(2020)、その他、『ヤクザと家族』(2020)など、意欲的・挑戦的なテーマの作品を次々と生み出しているスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画。

『ヒメアノ〜ル』(2016)、『愛しのアイリーン』(2018)、『BLUE/ブルー』(2021)など衝撃とともにその才能を見せつけた吉田恵輔と、河村光庸プロデューサーがタッグを組み、現代の「罪」と「偽り」、そして「赦し」を映し出すヒューマンサスペンスです。

中学生が万引き未遂を店長に見つかり、逃げた際に車に轢かれて死亡したことから、彼女の父親が、店長を激しく追及するうちに恐るべきモンスターと化していく様を描きます。

悪夢のような父親・添田充に、劇団☆新感線の看板役者で、世界にただ一つの存在感を打ち立てた古田新太。7年ぶりの主演作に挑みます。

土下座しても泣いても決して許されず、人生を握りつぶされていくスーパーの店長・青柳直人に、『新聞記者』でアカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた松坂桃李。

本作が初共演となる古田新太と松坂桃李の息もつかせない圧巻の競演が襲いかかってきます。

共演には田畑智子、藤原季節、趣里、伊藤蒼、片岡礼子、寺島しのぶら豪華キャストが顔を揃えます。

この記事では草加部麻子役の寺島(てらじま)しのぶについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『空白』の作品情報


(C)2021「空白」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本】
吉田恵輔
※吉田監督のよしは土となります。

【企画・製作・エグゼクティブプロデューサー】
河村光庸

【音楽】
瀬武裕子

【キャスト】
古田新太、松坂桃李、田畑智子、 藤原季節、趣里、伊東蒼、片岡礼子、寺島しのぶ

【作品情報】

第43回日本アカデミー賞三冠を獲得した『新聞記者』などを生み出してきたスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画し、『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督がオリジナル脚本を書きおろした映画『空白』

中学生の少女の万引き未遂事件と逃走中の不幸な死によって、追いかけた店長は少女の父親の恫喝により人生を脅かされていきます。

沈鬱なテーマをシニカルにブラックユーモアを交えて描く秀作です。

悪夢のような父親・添田充に扮するのは、7年ぶりの主演となる劇団☆新感線の看板役者の古田新太。

人生を握りつぶされるスーパーの店長・青柳直人を、『新聞記者』でアカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた松坂桃李が演じます。

田畑智子、藤原季節、趣里、伊藤蒼、片岡礼子、寺島しのぶら豪華俳優陣が共演。

映画『空白』のあらすじ


(C)2021「空白」製作委員会

スーパーの化粧品売り場で、万引き現場を店長の青柳に見られ逃走した女子中学生の添田花音。

彼女は、追いかけられて国道に出た瞬間、乗用車とトラックに轢かれて死亡してしまいます。

娘に無関心だった花音の父親・添田充はせめて娘の無実を証明しようと、事故に関わった人々をモンスターのように追い詰めていきます。

父親の執拗な追求にも増して、加熱するワイドショー報道。さらに、店長の青柳と女性ドライバーは、混乱の極みと自己否定に追い込まれます。

何が真実で何が正義なのか。

人々の疑念は膨らみ続け、事態は思いもよらない結末へと展開していき…。

スポンサーリンク

映画『空白』草加部麻子役は寺島(てらじま)しのぶ

参考映像:『キャタピラー』(2010)

映画『空白』で草加部麻子役を演じる寺島(てらじま)しのぶは1972年12月28日生まれの女優。東京都出身。トップコート系列・アプティパ所属。

父は七代目尾上菊五郎、母は富司純子、弟は五代目尾上菊之助という芸能一家の生まれです。

男社会の歌舞伎の家に生まれ、自身の存在に複雑な思いを抱いて成長する中、父の親友の女優・太地喜和子のすすめで、大学在学中の1992年に文学座に入団。

舞台やドラマを中心に活躍を重ねます。

1996年に退団する際には、看板女優だった杉村春子からエールを送られたそうです。

蜷川幸雄、江守徹、久世光彦ら大御所に起用されながら、演技の幅を広げていきました。

2000年『シベリア超特急2』で映画デビュー。

2003年『赤目四十八瀧心中未遂』『ヴァイブレータ』『ゲロッパ!』でアカデミー賞はじめ数々の賞を受賞。

その後も『Tokyo Tower』『愛の流刑地』『ヘルタースケルター』などで多数映画賞を受賞。

2010年若松孝二監督作『キャタピラー』ではベルリン国際映画祭銀熊賞をはじめ、数多くの国内映画賞を受賞しました。

私生活では2007年にフランス人アートディレクターのローラン・グナシアと結婚。一人息子の幼い寺嶋眞秀(まほろ)も役者として活躍中。

映画『空白』草加部麻子はどんな役?


(C)2021「空白」製作委員会

寺島しのぶ演じる草加部麻子は、松坂桃李演じる青柳直人が店長を務めるスーパーアオヤギのパート店員。

スポンサーリンク

寺島(てらじま)しのぶの演技力の評価は

参考映像:『ヘルタースケルター』(2013)

愛に生きる女性の業を演じることにかけて圧倒的な力を見せつける女優・寺島しのぶ。

歌舞伎界の名門一家に生まれ、大学在学中から女優活動をスタートさせました。

2003年主演した映画『赤目四十八瀧心中未遂』では、背中一面に入れ墨を入れた姿をさらすシーンやセックスシーンなども厭わず体当たりで熱演。

母の富司純子から「ヌードになるなら私は自殺する」とまで言われる中、振り切って自ら出演を決め、濃密な魅力を持った女を演じました。

『赤目四十八瀧心中未遂』と同年出演の映画『ヴァイブレータ』『ゲロッパ!』での演技が認められ、第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を始め、国内外で10以上の映画賞を受賞。

2004年『Tokyo Tower』で第29回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、2007年映画『愛の流刑地』で第31回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞するなど快進撃を続けます。

2008年には、シアタークリエ『私生活』の演技で第63回文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞。

2010年若松孝二監督の映画『キャタピラー』で、世界三大映画祭の1つであるベルリン国際映画祭の最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。

日本人受賞としては、1964年の左幸子、1975年の田中絹代に次ぎ日本人として35年ぶりの快挙となりました。

合わせて第84回キネマ旬報賞主演女優賞、第65回毎日映画コンクール女優主演賞、第53回ブルーリボン賞主演女優賞、第34回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。

2013年映画『ヘルタースケルター』でも第36回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞するなど、高い演技力で観る者を圧倒し続けています。

本作『空白』では、松坂桃李演じる青柳のもとでパートとして働くスーパー店員の草加部麻子を好演。作品世界に深みを与えています。

寺島(てらじま)しのぶの公式SNSの紹介

残念ながら寺島しのぶの公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2021「空白」製作委員会

『ヒメアノ〜ル』の鬼才・吉田恵輔と、日本アカデミー賞三冠を獲得した『新聞記者』などのスターサンズ・河村光庸プロデューサーがタッグを組んだ衝撃のヒューマンサスペンス『空白』。

万引き未遂で逃げた中学生が車に轢かれて死亡し、追いかけた店長を激しく追及するモンスター化した彼女の父親。

空白の時間に起きた事件が生み出す人々の心の空白を描きます。

狂気に陥る父親・添田充を演じるのは、劇団☆新感線の看板役者の超個性派・古田新太。

人生を狂わされていくスーパーの店長の青柳直人を、『新聞記者』でアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した松坂桃李が演じます。

日本演劇界きっての実力派女優・寺島しのぶが、スーパーアオヤギのパート店員・草加部麻子に扮します。

共演には田畑智子、藤原季節、趣里、伊藤蒼、片岡礼子ら豪華キャストが集結。

注目の映画『空白』は、2021年9月23日よりロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

映画『RUN!-3films-』あらすじとキャスト。土屋哲彦と畑井雄介の監督作が11月に劇場上映!

2019年11月に池袋シネマ・ロサにて劇場ロードショー ゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ、数々の映画祭に招待され受賞もしてきた土屋哲彦監督、畑井雄介監督の疾走感溢れる3作品を1つに集めたオ …

新作映画ニュース

映画『DAHUFA 守護者と謎の豆人間』あらすじ/公開日/上映館。中国初の大人向けバイオレンスアニメが日本公開決定!

“中国アニメ史上初の挑戦”異色のバイオレンスアニメが遂に日本上陸。 中国史上初の年齢制限付のアニメとして注目を集め、過激な暴力描写で熱狂的な支持を得たバイオレンスアニメ映画『DAHUFA -守護者と謎 …

新作映画ニュース

水橋研二×瀧内公美映画『カゾクデッサン』あらすじとキャスト。公開日は3月21日で家族の絆を描く

家族って、どこまでが家族ですか? 彷徨う大人たちと子どもを結ぶ 色とりどりの「絆」と「幸せ」のかたち 水橋研二×瀧内公美×大友一生といった日本映画の際立つ才能が交ざり合う映画『カゾクデッサン』。 家族 …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストは永作博美と井浦新。近日公開の感動ミステリー!

“主要キャスト解禁” 日本映画史に新たに刻まれる傑作の布陣が明らかに! 実の子を授かることが叶わず、特別養子縁組により、男の子を家族に迎えた夫婦。中学生で妊娠し、断腸の思いで子どもを手放すことになった …

新作映画ニュース

【お知らせ】大阪アジアン映画祭2020の取材について、関係者各位のご提案・ご相談をお待ちしております。

第15回大阪アジアン映画祭は2020年3月6日〜15日に開催! 国内外から多くの映画監督やキャストが招待され、春の祭典として注目のアジア映画や、優れた日本映画を上映する「大阪アジアン映画祭」。2020 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学