Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/18
Update

映画『エンド・オブ・ステイツ』あらすじとキャスト。ジェラルド・バトラーに襲いかかる最大のピンチとは

  • Writer :
  • 松平光冬

“史上最強のシークレットサービス”マイク・バニングに訪れる最大のピンチ!

『ジオストーム』(2018)、『ハンターキラー 潜航せよ』(2019)などの主演作で、今やハリウッド屈指の人気スターを誇るジェラルド・バトラー。

その彼がアメリカ大統領専属シークレットサービスのマイク・バニングを演じる「エンド・オブ~」(2013~16)シリーズの第3弾『エンド・オブ・ステイツ』が、2019年11月15日(金)より新宿バルト9ほかにて公開されます。


(C)2019 Fallen Productions, Inc.

本作のポスタービジュアル、特報予告、本予告映像もあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

「エンド・オブ~」シリーズについて

参考映像:『エンド・オブ・ホワイトハウス』予告

本作『エンド・オブ・ステイツ』は、ジェラルド・バトラーがアメリカ大統領専属シークレットサービスのマイク・バニングを演じた『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)からなる「エンド・オブ~」シリーズ最新作です。

欧米では原題の『Olympus Has Fallen』から、「フォールン」シリーズと呼ばれています。

大統領を護るべく、時には非情なまでに敵を殲滅していくマイクの頼れる男っぷりが好評を博し、舞台をロンドンに移した第2作『エンド・オブ・キングダム』(2016)もヒットを記録、バトラーの当たり役となりました。

シリーズ最大のヒットを記録した『エンド・オブ・ステイツ』

そしてシリーズ3作目となる『エンド・オブ・ステイツ』は2019年8月23日より全米で封切られ、3日間で興行収入2,138万987ドル(※約22.7億円)と見事に全米初登場NO.1を達成、2週連続No.1の大ヒットを記録(※Box Office Mojo調べ、1ドル106円計算)しました。

また、米・映画レビューサイトRotten Tomatoes(AUDIENCE SCORE)で95%(2019.8.27時点)という驚異の支持率を得るなど、興行、批評ともにシリーズ最高の成績となりました。

映画『エンド・オブ・ステイツ』のポスタービジュアル

本記事冒頭に掲載した日本版ポスタービジュアルは、破れた星条旗の間から、銃を構えたマイクと、モーガン・フリーマン演じるトランブル大統領の姿が見えます。

また、背後に炎上するホワイトハウスが写っているのに加えて、「アメリカが堕ちる――」というキャッチコピーが、事の重大さを予感させるものとなっています。
                   

スポンサーリンク

映画『エンド・オブ・ステイツ』の特報予告編

また、日本公開版の30秒特報予告編では、休暇中のトランブル大統領に向けて、無数のドローン爆弾に奇襲される瞬間や、ドローンの大群を撃ち落とし、大統領を守ろうとするマイクを活写。

さらには、身に覚えのない嫌疑に逮捕されたマイクが、「俺をハメた人間がいる」と訴え、陰謀を暴こうとする戦いが繰り広げられます。

「堕ちた英雄」、「世界大戦の危機」という謎めいた言葉に緊張感が高まる、アクションシーン満載の映像となっています。

キャスト陣が緊迫するドラマを盛り上げる

参考画像:『エンド・オブ・ステイツ』海外版ツイッター

本作ではマイク役のバトラーや大統領役のフリーマンといった、前作から続投するキャストに加え、新たに個性的な面々が集いました。

マイクに嫌疑をかけるFBI捜査官ヘレンを演じるのは、ウィル・スミス夫人としても知られるジェイダ・ピンケット=スミス

また、マイクの父親クレイ役に、アカデミー賞に二度ノミネートされた実績を持つニック・ノルティが扮します。

さらに、「ジョン・ウィック」シリーズ(2014~19)での謎めいたホテルコンシェルジュ役で注目を集めたランス・レディックも出演します。

スポンサーリンク

映画『エンド・オブ・ステイツ』の本予告編

この度到着した予告編では、大統領暗殺容疑をかけられたマイクが、世界大戦の危機が迫るなかで命を狙われながら真犯人を探しに向かうものとなっています。

名優・モーガン・フリーマン演じるトランブルが、前作の副大統領から大統領に昇格し、彼の命を守るべく任務遂行するマイク。

“新時代兵器・ドローン爆弾”に奇襲されるなか、命がけで大統領を護衛する姿や、あろうことかマイクに大統領暗殺容疑がかけられ逮捕される様が映し出されていきます。

そしてマイクは護送車から抜け出し、世界中から追われるなか真犯人探しへと向かい…。

さらにマイクの父親との再会も描かれており、“爆弾じじいめ!”と呼んでしまう程のハチャメチャぶりも垣間見る事が出来ます。(『48時間』シリーズ)ニック・ノルティが、マニングの父親を演じます。)

かつて直面した“ホワイトハウス陥落”、“ロンドン同時多発テロ事件”を越える、“世界大戦の危機”という危機に対して、最強のシークレット・サービス/マイク・バニングは自身の無実を晴らし、陰謀を阻止することが出来るのか!? 

巨大な陰謀に立ち向かうジェラルド・バトラーの鬼気迫る演技に圧倒される予告編に仕上がりました。

映画『エンド・オブ・ステイツ』の作品情報

(C)2019 Fallen Productions, Inc.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Angel Has Fallen

【監督】
リック・ローマン・ウォー

【キャスト】
ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、ジェイダ・ピンケット・スミス、ランス・レディック、ティム・ブレイク・ネルソン、パイパー・ペラーボ、ニック・ノルティ、ダニー・ヒューストン

映画『エンド・オブ・ステイツ』のあらすじ

世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレットサービスのマイク・バニングは、英雄として名を馳せ、副大統領から大統領となったトランブルから絶大な信頼を得ていました。

しかし、歴戦の負傷によって肉体がむしばまれ、近頃は引退も考えるようになっていました。

そんなある日、休暇中のトランブル大統領が大量のドローンによって襲撃される事件が発生。

トランブルと帯同していたマイクも激しい攻撃を受けて意識を失い、目を覚ますと大統領暗殺を企てた容疑者として拘束され、FBIの執拗な尋問を受けていました。

辛くも隙を突いて逃げ出したマイクは、真実を明らかにするため奔走しますが…。

まとめ

参考画像:『エンド・オブ・ステイツ』海外版ツイッター

前2作で直面した“ホワイトハウス陥落”、“ロンドン同時多発テロ事件”を超える危機が、マイクを陥れます。

果たしてマイクは自らの無実を晴らし、世界破滅の危機を救う事が出来るのか?

映画『エンド・オブ・ステイツ』は、2019年11月15日(金)より新宿バルト9ほかにて公開!

関連記事

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの女中国マフィア・チアチー役は藤岡麻美【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開されます。 監督を務 …

新作映画ニュース

福山雅治×石田ゆり子映画『マチネの終わりに』あらすじとキャスト。平野啓一郎の小説を映像化!

交錯する想い、あらがうことの出来ない運命 出会ってしまった二人の愛の結末とは。 東京・パリ・ニューヨークを舞台に音楽家とジャーナリストの男女二人が、出会い、悩み、そして愛した6年の歳月。 芥川賞を史上 …

新作映画ニュース

ほぼ実話の映画『“隠れビッチ”やってました。』予告編とビジュアル解禁!現代女性の心に寄り添う物語

3年間で振った男の数は600人(ほぼ実話!!) “隠れビッチ”のモテテクニックに笑い、隠されたリアルな本音に思わず共感。 イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセ …

新作映画ニュース

イーサンホークおすすめ映画『ストックホルム・ケース』予告動画/上映館。ボブディランの名曲がストーリーを加速させる!

世界が驚愕した銀行強盗事件の結末とは? ボブ・ディランの名曲と共にスリリングに描きだす予告編解禁。 イーサン・ホーク×『ブルーに生まれついて』ロバート・バドロー監督との再タッグで話題となっている『スト …

新作映画ニュース

夏菜映画『愛・革命』あらすじとキャスト。劇場舞台挨拶の開催日時情報【ユナイテッド・シネマ豊洲】

映画『愛・革命』は、夏菜、品川祐、でんでんら日本人キャストが多数出演し、ほぼ全編が日本語で展開される香港製アクションラブコメディです。 2015年に撮影され、2016年夏に完成した本作は、第3回新人監 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP