Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/14
Update

映画監督・清原惟トークイベント情報。「映画とおはなしとブレイクタイム」を千葉にて開催!

  • Writer :
  • 石井夏子

ちば映画祭&cafe STAND present
映画とおはなしとブレイクタイムvol.1開催!

若手監督の作品上映を、もっと身近に、もっと気軽に、もっと楽しく!

若手監督をより身近に、作品をもっと気軽にかつ深く楽しんでいただきたく、一人の監督にスポットをあてた短編映画メインの上映と少し長めのトークを行う、映画とお話とブレイクタイムを2019年8月25日に(日)に開催します。

その記念すべき第1回目は、第10回ちば映画祭で特集上映をした清原惟(きよはらゆい)監督です。

スポンサーリンク

清原惟(きよはらゆい)監督について

清原惟監督は武蔵野美術大学映像学科卒業後、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域にて、黒沢清監督、諏訪敦彦監督に師事

修了制作の初長編作品『わたしたちの家』が、ぴあフィルムフェスティバル(PFFアワード)2017でグランプリを受賞、全国各地での上映や第68回ベルリン国際映画祭をはじめとする海外の国際映画祭での上映が続いています。

第10回ちば映画祭では、代表作『わたしたちの家』の上映のほか、ぴあフィルムフェスティバル2015入選『ひとつのバガテル』、ほぼ上映機会のない『火星の日』『波』『網目をとおる すんでいる』といった短編映画も含め、2日にわたり、5作品を上映し、好評を得ました。

今回の上映では、映画祭で上映した『火星の日』『波』『網目をとおる すんでいる』に加え、東京藝術大学大学院在学中に撮られた『音日記』を上映。

ゲストは清原惟監督のほか、俳優として清原監督の作品にも出演している菊沢将憲(俳優・映画監督)をむかえ、清原監督とその作品の魅力に迫ります

初めての方にも、そうではない方にも、楽しい時間をお届けします。

清原惟(きよはらゆい)監督プロフィール

参考:清原惟監督のツイッター

清原惟(きよはらゆい)監督は1992年生まれ。武蔵野美術大学映像学科卒業、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域修了。

黒沢清監督、諏訪敦彦監督に師事する。東京藝術大学大学院の修了制作として撮影した初長編作品『わたしたちの家』が、ぴあフィルムフェスティバル2017でグランプリを受賞。

同作は渋谷ユーロスペースを皮切りに全国各地で公開され、第68回ベルリン国際映画祭をはじめとする国内外の映画祭に招待されました。

映画とおはなしとブレイクタイム開催概要

【日時】
2019年8月25日(日)17:30開場、18:00上映開始

【場所】
cafe STAND(千葉県千葉市中央区松波 2-5-6 いずみビル)
アクセス:JR 西千葉駅北口下車、徒歩1分

【上映作品】
清原惟監督短編集
『火星の日』『波』『網目をとおる すんでいる』『音日記』

【トークゲスト】
清原惟監督、菊沢将憲(俳優・映画監督)
短編集上映終了後、ゲストによるトークを実施(イベント終了は20:00予定)

【料金】
予約1,800円/当日2,300円
ワンドリンク付

【定員】
30名

※ご予約方法などの詳細につきましてはちば映画祭公式サイトをご覧ください。

映画『波』の作品情報

映画『波』

【製作年】
2017年

【キャスト】
青木悠里、福地脩平

【作品概要】
屋久島の波間で揺れる、5分間の作品。

【あらすじ】
女は男に尾けられています。

男の姿は離れず、波の音はまだ聴こえません…。

映画『火星の日』の作品情報

映画『火星の日』

【製作年】
2017年

【キャスト】
青木悠里、倉本若菜、星野陽菜、橋本日香里、樽川菜々実、西村航

【作品概要】
時間を遡る、11分のショートムービー。

【あらすじ】
「火星には花は咲かないんだよね」

明日、青木さんが火星に行く。

彼女のアパートには、友人たちが次々に現れ、別れの挨拶をし…。

映画『網目をとおる すんでいる』の作品情報

映画『網目をとおる すんでいる』

【製作年】
2018年

【脚本と物語】
青木悠里、清原惟、坂藤加菜、中島あかね、よだまりえ

【キャスト】
坂藤加菜、よだまりえ

【作品概要】
瑞々しい映像となにげない会話。境界についての、15分の小品。

【あらすじ】
河原で見つけたビニールハウスにすんでいる「誰か」のことを想像するふたりの女性。

そしてほのかな謎が浮かび上がり…。

映画『音日記』の作品情報

映画『音日記』

【製作年】
2016年

【脚本】
峰尾賢人、加藤法子、清原惟

【キャスト】
横田光亮、守谷周人、堀夏子

【あらすじ】
マルはレコーダーで日々の音を録音しています。

マルといつもつるんでいるリュウは最近、マルと一緒に遊んでいても、知らない誰かから電話がかかってきてどこかに行ってしまいます。

ある日、マルが噂になっている公衆トイレに音を録りに行くと…。

スポンサーリンク

まとめ

参考:ちば映画祭のツイッター

監督をより身近に、作品をもっと気軽にかつ深く楽しんでいただくために企画された、一人の監督にスポットをあてた短編映画メインの上映と少し長めのトークを行う、映画とお話とブレイクタイム。

第一回目の開催は2019年8月25日、西千葉駅徒歩1分のcafe STANDにて開催されます。

清原惟監督の短編4本の上映と、上映後には清原惟監督と、俳優・映画監督の菊沢将憲によるトークイベントも。

監督と映画と、両方を身近に感じられるチャンスをお見逃しなく!



関連記事

新作映画ニュース

【U-NEXT2018年8月配信】海外ドラマおすすめ『ピクニック・アット・ハンギングロック 』ほか紹介

日本初上陸の『ピクニック・アット・ハンギングロック 』や『キャッスルロック』ほか8月配信の海外ドラマ U-NEXTが運営する動画配信サービス「U-NEXT」は、2019年8月より新たに配信を開始する海 …

新作映画ニュース

キムギドク映画『人間の時間』あらすじ。キャストはグンソクとオダギリジョーで2020年3月公開!

藤井美菜×チャン・グンソク×オダギリジョー競演。 この度、キム・ギドク監督の最新映画『人間の時間』(原題/Human, Space, Time and Human)が2020年3月より、シネマート新宿 …

新作映画ニュース

セルゲイ・ロズニツァのドキュメンタリー映画3選が日本初公開。開催日/上映館/予告動画情報も。

カンヌ国際映画祭で⼆冠、近作10作品すべてが世界三⼤映画祭に選出。 ⽇本未公開の⻤才セルゲイ・ロズニツァ待望の⽇本初公開! 「ヨーロッパ映画賞」(欧州におけるアカデミー賞)にセレクトされた、セルゲイ・ …

新作映画ニュース

インド映画『ジャッリカットゥ 牛の怒り』あらすじ/公開日/上映館。アカデミー賞代表作は暴走牛のスリラーパニック!

丑年に贈る、テンションマックスの牛追いワイルドスピード映画、ここに降臨! 第93回アカデミー賞国際映画賞のインド代表作品として選出された牛追いスリラー・パニック映画『Jallikattu』。 (c)2 …

新作映画ニュース

デニス・ホッパー映画『ラストムービー』4K修復版がリバイバル上映!公開日は12月20日に決定

ハリウッドの異端者にして鬼才デニス・ホッパーによる革命的傑作。 31年ぶりの劇場公開! 1969年にアメリカ文化の記念碑ともいえる初監督作『イージー★ライダー』を発表したデニス・ホッパー。 監督第2作 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学