Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/8/10より公開】

  • Writer :
  • かりごめあき

今週8月10日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ!

「映画鑑賞するのに失敗したくない!」

「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩みをズバッと解決いたします。

年間200本以上の映画を鑑賞する映画ライターさんが、あなたのために新作映画を厳選チョイス!

さあ、あなたはどの映画をご覧になりたいですか?

【8月10日】金曜日より公開の新作映画
映画ライターのオススメ作品はコレ⁈

若松れんのおすすめ洋画『オーシャンズ8』

「オーシャンズ」シリーズのリブート版として、2018年8月10日公開の『オーシャンズ8』は、主人公が全員女性ということで、この夏注目されている作品。

しかも、キャストが超豪華な顔ぶれということで、映画ファンからも期待が高まっています。

サンドラ・ブロックにケイト・ブランシェットにアン・ハサウェイ!盗む方も盗まれる方もド派手でゴージャス!!

▼本作品の詳細な内容なコチラ

富士野のおすすめ洋画『追想』

映画『追想』8月10日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。

ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「初夜」がついに映画化!

結婚式を終えた男女の初夜をめぐるラブストーリー。

イアン自らが脚本を手掛け、新解釈を加えた映画『追想』としてこの夏公開されます。

24歳の若さにして名だたる賞レースの女優賞の常連として名を馳せているシアーシャ・ローナン主演

▼本作品の詳細な内容なコチラ

【8月11日】土曜日より公開の新作映画
映画ライターのオススメ作品はコレ⁈

マルコのおすすめ洋画『タイニー・ファニチャー』

大ヒットドラマ『GIRLS /ガールズ』の原点、レナ・ダナム監督の『タイニー・ファニチャー』待望の公開決定です

レナ・ダナムの劇場初監督作品の『タイニー・ファニチャー』が、8月11日よりシアター・イメージフォーラムにてロードショー。

東京で僅かなイベント上映のみだったこの映画。観客たちのチケット完売が続出!若い女性たちで満席となり、また映画ツウな映画ファンから高い関心を集めた作品です。

アメリカ映画ファンにとって、見逃せない掘り出し物でオススメの1本です

▼本作品の詳細な内容なコチラ

マルコのおすすめ洋画『英国総督 最後の家』

映画『英国総督 最後の家』は、8月11日(土・祝)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

1947年、英国からの独立前夜。混迷を深める激動のインドで、歴史に翻弄された人々を鮮やかに描いた感動のドラマ。

主権譲渡のため新総督任命されたマウントバッテン卿、その妻と娘は、インドのデリーにある壮麗な総督官邸にやって来ます。

しかし、彼らを待ち受けた英国領インドの最後の6ヶ月間の舞台裏とは?

インドの歴史の一端を知る必見の真実の物語です

▼本作品の詳細な内容なコチラ

スポンサーリンク

公開中の映画からCinemarche的お薦めランキングはコレ!

一推し映画『ピース・ニッポン』(かりごめあき選)

映画『ピース・ニッポン』は、7月14日(土)より 新宿バルト9ほかにて全国ロードショー

製作した期間8年。日本の四季の絶景を圧倒的な美しさと迫力で映画化しました。

“一期一会”でしか出会うことことが出来ない神々が宿る美しい瞬間を『ピース・ニッポン』は、8年の歳月をかけてその場所が最も輝く瞬間を追い求め、全国47都道府県200箇所以上で撮影された映像を厳選。

空から見たことのない絶景の数々や、知っているようで知らなかった日本人特有の精神やルーツも紐解く、壮大でドラマチックな旅を映画館でお楽しみください

▼本作品の詳細な内容なコチラ

一推し映画『インクレディブル・ファミリー』(whitestone、若松れん選)

2018年8月1日(水)から公開されているピクサー・アニメーションの新作映画『インクレディブル・ファミリー』

2004年に公開された『Mr.インクレディブル』の続編として製作されました。

燃える超能力バトルに、ヒーローの存在意義を問う悪役、そして父親としての役割に悩む主人公。

ヒーロー映画の王道と誰もが共感する家族の悩みを描いたこの夏必見の話題作です。

子供から大人まで前作を見ていなくても楽しめる傑作

▼本作品の詳細な内容なコチラ


一推し映画『ウインド・リバー』(若松れん、まこちゃ選)

映画『ウインド・リバー』は、7月27日(金)より、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー

実際に起こった事件を参考に制作された映画で、カンヌ映画祭で監督賞を受賞し、Rotten Tomatoes他、各レビューサイトでも高く評価された作品。

ネイティブアメリカンの保留地で発生した、少女の殺害事件を物語の軸に、アメリカが抱える闇を描くサスペンス映画です。

▼本作品の詳細な内容なコチラ


一推し映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(西川ちょり、Blue Hilde選)

トム・クルーズ主演の大人気シリーズ「ミッション:インポッシブル」。

ビルの谷間を飛ぶ撮影現場で左足を骨折したニュースが流れ、多くのトムのファンが肝を冷やしたことでも知られる『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、8月3日から大ヒット公開中!

全世界で累計興行収入3000億円以上と言われる本シリーズ。

日本の夏に史上最大の“ミッション”発令!イーサン・ハントの今回の使命は!?

▼本作品の詳細な内容なコチラ


一推し映画『スターリンの葬送狂想曲』(whitestone選)

ロシアで上映禁止!史実に基づいた超黒いコメディ!史上最悪の独裁者スターリンの後釜を小悪党たちが奪い合う映画『スターリンの葬送狂想曲』

最高権力者に媚びへつらい、その死の後はグダグダの権力闘争を繰り広げる為政者たち。

彼らの身勝手な都合でバタバタと犠牲になっていく庶民たち。

笑えないんだけど酷過ぎて笑うしかないこの状況。「悲劇は引いてみると喜劇である」を地で行く猛毒ブラックコメディです

▼本作品の詳細な内容なコチラ

ネット配信中の映画から、ライターさんのオススメ映画は?

続編が公開中『Mr.インクレディブル』


(C)DISNEY/PIXAR

『トイ・ストーリー』から『ファインディング・ニモ』まで、世界中でメガヒットを飛ばすピクサー・アニメーション・スタジオの第6作目となる『Mr.インクレディブル』

『アイアン・ジャイアント』のブラッド・バード監督が11年もの間、温め続けていた大作。

この作品で初めてピクサーは人間を主人公とし、人間社会を舞台とした作品を作り出しました。

2004年度のアカデミー長編アニメ映画賞、アカデミー音響編集賞を受賞。

アニー賞では全10部門を受賞するなど、この年多くの賞を受賞した作品です。

2006年には東京国際アニメフェアにおいて第5回東京アニメアワードで海外劇場部門・優秀賞も受賞しました。

最新作『インクレディブル・ファミリー』は、8月1日(水)から公開中!涼しいお部屋で『Mr.インクレディブル』を鑑賞してから、映画館へお出かけするのもいいですね

▼▼ネット配信などの視聴方法はコチラ

夏休みにぴったりな『君の名は。』

夢の中で“入れ替わる”少年と少女の恋と奇跡の物語

『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』など、若い男女の心の機微を、美しい風景描写と共に描き出すアニメ監督の新海誠監督のオリジナル長編アニメ作品。

『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』などのスタジオジブリ作品に携わってきた安藤雅司が作画監督をつとめ、キャラクターデザインを田中将賀が手がけた。

興行収入250億円を超える歴史的な大ヒットを記録し、第40回日本アカデミー賞で、アニメーション作品として初の最優秀脚本賞を受賞。

夏に家族やカップルで観たい作品ですね

▼▼ネット配信などの視聴方法はコチラ

Cinemarche編集部の一推し!『ミッション:インポッシブル』

TM & Copyright © 2014 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

1996年公開、アメリカ映画。TV番組「スパイ大作戦」をブライアン・デ・パルマ監督で映画化。本作以降、長く続く人気シリーズの第1弾

主人公イーサン・ハントはお馴染みのトム・クルーズ、他にもジョン・ボイト、ジャン・レノ、エマニュエル・ベアールなど豪華キャストが出演します。

トム・クルーズはこの作品で初めて映画プロデューサーに挑戦しました。

過酷なアクションに挑み続けるトム・クルーズの足跡を辿りましょう!

▼▼『ミッション:インポッシブル』のネット配信などの視聴方法はコチラ

▼▼『M:I-2』のネット配信などの視聴方法はコチラ

▼▼『M:i:III』のネット配信などの視聴方法はコチラ

▼▼『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のネット配信などの視聴方法はコチラ

▼▼『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のネット配信などの視聴方法はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

今週8月10日(金)から劇場公開がスタートする新作のオススメ映画はいかがでしたか。

ハリウッドを代表する人気女優が集結した『オーシャンズ8』と、オーシャンズメンバーにも引けを取らないハリウッド若手ナンバー1女優シアーシャ・ローナン主演の『追想』は、8月10日公開。

そして、映画ファン待望の劇場公開『タイニー・ファニチャー』と、英国からの独立が迫るインドを舞台にした『英国総督 最後の家』は8月11日公開です。

公開中の映画からは、日本の美しさを再発見できる映画『ピース・ニッポン』がおすすめ。大ヒット上映中の『インクレディブル・ファミリー』も観逃せませんね。

さらに、自宅で映画を楽しむ派のあなたには、最新作『ミッション:インポッシブル フォールアウト』を観た人もこれからの人も、過去作の「ミッション:インポッシブル」シリーズはいかがですか?

美しい夏空が印象的なアニメ映画『君の名は。』も夏休みに家族で楽しめる作品ですね。

今週もCinemarcheのライターさんが書かれた鑑賞記事を参考に、検索ランキングから人気の高い作品と、映画通好みで話題のある映画まで、独断断行で編集部がピックアップしてご紹介しました。

お気に入りの映画は見つかりましたでしょうか。

あなたの人生のスピリットに、今日も映画探しの冒険に出かけませんか!

関連記事

新作映画ニュース

映画『ジョン・デロリアン』あらすじとキャスト。BTTFの車を開発した男の伝記は12月公開!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で世界的に知られる車“デロリアン”。 その開発の裏側にある知られざる真実が明かされる。 伝説の車を作った男“ジョン・デロリアン”初の伝記映画が日本公開決定! © Dr …

新作映画ニュース

映画『凱里ブルース』あらすじ/キャスト/公開日。日本で劇場上映されるビー・ガン監督の原点となる長編デビュー作!

ポン・ジュノ監督、ギエルモ・デル・トロ監督らも大絶賛! 史上最年少の26歳で金馬奨の最優秀新人監督賞を受賞作。 最新作映画『ロングデイズ・ジャーニー』のビー・ガン監督の原点とも言える初長編映画『凱里ブ …

新作映画ニュース

映画『トムボーイ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。燃ゆる女の肖像の監督長編2作目が劇場公開!

『燃ゆる女の肖像』セリーヌ・シアマ監督 長編2作目が劇場公開決定。 『燃ゆる女の肖像』にて、2019年のカンヌ国際映画祭で脚本賞とクィア・パルム賞を受賞したセリーヌ・シアマ監督。 セリーヌ・シアマ監督 …

新作映画ニュース

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』あらすじとキャスト。主題歌はE-girls

大人気漫画『パーフェクトワールド』を、岩田剛典、杉咲花のW主演で実写映画化。 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は2018年10月5日(金)より全国公開。 この度、E-girls書き下ろしの主 …

新作映画ニュース

映画『あなたの番です 劇場版』キャストの原田知世は手塚菜奈役!演技力の評価とプロフィール

映画『あなたの番です 劇場版』は2021年12月10日(金)ロードショー 日本中に考察ブームを巻き起こした大ヒットドラマを映画化した『あなたの番です 劇場版』が、2021年12月10日(金)に公開され …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学