Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/11
Update

『宵闇真珠』映画監督クリストファー・ドイルをオダギリジョーらキャスト語る。世界的巨匠の映画制作の舞台裏は⁈

  • Writer :
  • 中村綾子

『ブエノスアイレス』『恋する惑星』など、映画史に燦然と輝く傑作を多数撮ってきた世界的撮影監督クリストファー・ドイル。

彼が監督を務めた映画『宵闇真珠』(よいやみしんじゅ)が12月15日(土)にシアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開。

香港の片隅にある漁村を舞台に村を訪れた異邦人との出会いにより、世界を知る少女の物語を描いた映画『宵闇真珠』。

ジェニー・シュンとともに共同監督を務めた世界的撮影監督クリストファー・ドイルのインタビューと、彼について語るオダギリジョー、主演を務めた新人女優アンジェラ・ユンのコメントが解禁となりました。

スポンサーリンク

世界的撮影監督クリストファー・ドイル


©Pica Pica Media

1990年代に香港映画ブームを巻き起こしたウォン・カーウァイ監督の『欲望の翼』や『恋する惑星』。

それらの作品で、クリストファー・ドイルが行った手持ちのズームカメラでの撮影は一躍有名となりました。

映画の内容によって、スタイリッシュな画面構成や色彩構成を行うことで、常に時代の先を行く映像を届けてくれます。

幼少期には日本文学を多読するなど、日本にも造詣が深いクリストファー・ドイル。

そんな彼が今回共同監督として関わった『宵闇真珠』は、広東語、北京語、英語、日本語が飛び交う、国際色豊かな作品となっています。

クリストファー・ドイルの『宵闇真珠』に迫る

©Pica Pica Media
女優を美しく撮るという愛情表現は、セックスよりも素晴らしい!?

そんな彼独特の表現をした世界的巨匠クリストファー・ドイルに迫ります。

クリストファー・ドイル本人が語る

©Pica Pica Media

クリストファー・ドイルは、何年間も待って出会った逸材と評するアンジェラ・ユンについて、独自の理論を次のように語りました。

「ライトやカメラで女優を美しく撮る、そうすることで彼女達を祝福するのが私の仕事です。それは自分にとってひとつの愛情表現で、セックスよりも素晴らしいも素晴らしい(笑)。ほかの女優たちと同じようにアンジェラとの間には信頼関係があって、それは日常生活で得られるものとは全然違う関係でした。私が女優を愛することで、彼女の気持ちが私に伝わって、それを映像で表すことができるんです」

愛情表現は数々ありますが、“美しく撮り、祝福する”とは独特の表現方法ですね。


(C)Pica Pica Media

今回、共同監督としても参加したクリストファー・ドイルは演出について、オダギリジョーやアンジェラ・ユンに極力演技をしないように演出したと語り、2人について、このように評価しました。

「特別なエネルギーを持っていて、歌舞伎役者のような大きい演技はしなくても、ただそこにいるだけで映画になってしまう役者がいます。そういう役者と、良い空間、良いストーリーがあれば映画になる。」

雰囲気だけで画になる”ということでしょうか。主演2人から醸し出される雰囲気が、うまく映像とマッチしたんでしょうね。


(C)Pica Pica Media

良い空間といえば、映画の舞台となった漁村(大澳)からはすごく刺激を受けたと語り、次のように続けました。

「自分にとって空間はとても重要です。私は映画の撮影技術をちゃんと勉強したことはありませんが、いろんな国を旅して、その土地や空間からエネルギーや物語を感じるという経験を積んできました。カメラの技術というよりは、その場所のエネルギー、“気”みたいなものを感じることがすごく大切なんです。映画というのはエネルギーをシェアするものであって、技術的なものではないと思います」

エネルギーをシェアすることで、映画の雰囲気や物語を感じる。土地や空間を感じる。

だからこれまでの映画でも、スタイリッシュな映像でその土地を間近に感じられる映画を撮り続け、今回の映画でも、舞台の漁村が間近に感じられるんですね!

さらに、これから映画を見る日本のファンに向けて、真剣な表情でこう語りました。

「誰もが〈本当の自分をわかってほしい〉という願いを持っています。すべての女性の心の中に、この物語の少女がいるんじゃないでしょうか。青年は少女のことを〈君は特別だ〉と言って去ってしまいますが、それは彼女がとり残されて一人になるということではなく、しっかり自分と向き合えるようになるということなのです。そして、それがすごく難しいことだということを、この映画を観て感じて欲しいですね」

心に残る映像美と、心に残るセリフ。

クリストファー・ドイル監督のエネルギーをぜひ劇場でシェアしてもらいたいです。

オダギリジョーが語る


(C)Pica Pica Media

「僕たちの世代からすると、ウォン・カーウァイとクリストファー・ドイルって避けては通れない存在なんですよね。1990年代の映画の象徴というか、彼等の映画から本当にたくさんの刺激や影響を受けました。クリス(クリストファー・ドイル)の現場は、即興的なものやハプニングも含めて何でも受け入れて楽しむような、とっても自由で創造性豊かな現場でした」

主演を務めたオダギリジョーは、中高生の多感な時期に一番刺激を受けたという香港映画

欧米諸国の映画とは違い、懐かしさと刺激的な映像が、今見ても斬新に見えてきます。

そんな映画の撮影を行なってきたクリストファー・ドイルとの現場は、きっと刺激的だったんだと思います。

©Pica Pica Media

アンジェラ・ユンが語る


(C)Pica Pica Media

「私は台本に従って演技をするだけですが、クリストファー・ドイル監督はライティングについて試行錯誤を繰り返していました。例えば、どの紙が最も光を効果的に映し出し最高の結果を出すか、様々な紙にライトを当てて確かめるんです。私にとって、そんな現場は初めてでした」

出会うのを待ちわびていたと言わんばかりに、好評価するアンジェラ・ユンを、どのように撮れば美しく見せるか、世界的巨匠だからこそ1ミリの妥協も許さないことが、彼女のコメントからうかがえますね。


©Pica Pica Media

スポンサーリンク

映画『宵闇真珠』作品情報

©Pica Pica Media

【公開】
2018年(香港・マレーシア・日本合作映画)

【原題】
白色女孩 The White Girl

【脚本・監督】
ジェニー・シュン、クリストファー・ドイル

【キャスト】
オダギリジョー、アンジェラ・ユン、マイケル・ニン、トニー・ウー、サム・リョン、ランヤ・リー

【作品概要】
『欲望の翼』や『恋する惑星』など、90年代にウォン・カーウァイ作品のカメラマンとしても知られるクリストファー・ドイルが、新鋭ジェニー・シュンとの共同監督を務めた映画。

日光を浴びるとやせ細って死んでしまうという少女と、どこからともなくやってきた異邦人の男との出会いから始まる物語です。

主人公の少女を演じるのは、香港出身のアンジェラ・ユン。シャネルやシュウ・ウエムラの広告塔やアンバサダーに起用され、香港では「文青女神(サブカルオシャレ好きにとっての女神の意味)」と呼ばれています。

異邦人の男役には、日本にとどまらず、ワールドワイドに活躍を続ける実力派俳優オダギリジョー。

映画『宵闇真珠』のあらすじ

©Pica Pica Media
香港最後の漁村、珠明(じゅめい)村に、一人の少女が住んでいました。

彼女は、幼少時から日光にあたるとやせ細って死んでしまう病気だと言い聞かせられていて、太陽から肌を隠して生活していました。

透き通るような白い肌のため、村人たちからは「幽霊」と呼ばれ、気味悪がられています。
©Pica Pica Media
彼女の孤独を癒す唯一の楽しみは、日没後、肌を露出し、お気に入りの音楽を気に入りの場所で楽しむことでした。

ある日、どこからともなくやってきた異邦の男と出会った少女は、今まで知ることのなかった自身のルーツに触れていくことになるのですが…。

スポンサーリンク

まとめ

©Pica Pica Media
クリストファー・ドイルが出会いを待ちわびていたというアンジェラ・ユンの映り。

青春時代に刺激を受けた映画監督の現場で、再び刺激を受けたオダギリジョー。

1990年代に一世を風靡した香港映画の撮影監督が魅せる最新作『宵闇真珠』は、こだわりと刺激の詰まった、それでいてどこか懐かしい雰囲気を感じさせる映画です。

インタビューでクリストファー・ドイル監督が語ったように、撮影したその土地や空間のエネルギーを感じ、“シェア”してほしいと思います。

映画『宵闇真珠』は2018年12月15日シアター・イメージフォーラムほかで全国ロードショー!

ぜひお見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

映画『ひまわり(公開50周年版)』あらすじ/上映館。ソフィアローレン代表作が劇場で蘇る!

1970年の公開から50年、今鮮やかによみがえる。 多くの日本人が愛し続けた、映画史に残る永遠の名作。 ネオ・レアリズモの名匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督による戦争によって引き裂かれた夫婦の悲しき愛の …

新作映画ニュース

『あらののはて』長谷川朋史監督の映画演出!リアリティの追求は“見せない・描かない妙味”。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭Q&Aリポート

映画『あらののはて』長谷川朋史監督が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭Q&Aに登壇! 俳優のしゅはまはるみと藤田健彦、そして舞台演出を手がける長谷川朋史の3人が結成した自主映画制作ユニット「 …

新作映画ニュース

【映画(2020)予告動画】井筒和幸監督が新作『無頼』を松本利夫×柳ゆり菜の共演で戦後日本を描く

総勢400余名の俳優たちが演じる社会のはみ出し者たち、 あぶれ者たちを通して、戦後の日本の姿を描く 『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』など、デビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満 …

新作映画ニュース

映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』日本公開決定!人生と音楽を捉えたドキュメンタリー

“ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンス生誕90周年記念 “ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンス生誕90周年を記念し、エヴァンスの「時間をかけた自殺」とも言われた51年の人生と音楽を捉えたドキュメンタリ …

新作映画ニュース

映画『聖なる犯罪者』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話から衝撃の話題作が誕生!

ショーン・ベイカー、エドガー・ライトも驚嘆 第92回アカデミー賞®国際長編映画賞ノミネート作品 聖人か?それとも悪人か?信仰深き犯罪者が起こした聖なる罪。 実話からうまれた衝撃作がいよいよ日本上陸しま …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学