Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『太陽と踊らせて』内容解説/公開日/上映館。実在のイビサ島のDJを追ったドキュメンタリー

  • Writer :
  • 石井夏子

息をのむような島の映像とバレリアックな音楽にのせて贈る、あまりにも自由で極上な音楽ドキュメンタリー。

リリー・リナエ監督作『太陽と踊らせて』が、2021年7月24日(土)より新宿K’s cinema、アップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開することが決定しました。

(C) Pure in the Moon

映画『太陽と踊らせて』は、地中海に浮かぶイビサ島のDJジョン・サ・トリンサを追ったドキュメンタリー映画です。

公開決定にあわせて、メインビジュアル、場面写真が解禁となります。

スポンサーリンク

映画『太陽と踊らせて』について

(C) Pure in the Moon

スペインの東、地中海に浮かぶ世界遺産イビサ島は、世界一のパーティアイランド。夏場はヨーロッパの有名ナイトクラブが店を開け、世界中からスターDJが集まります。

しかし、イギリスから移住したDJジョン・サ・トリンサは、島の最南端サリナスビーチで25年間、パーティサウンドとは異なる音楽を紡いでいました。

それが、ジャンルレスで物語にあふれたバレアリック・ミュージック。

バレアリック・ミュージックとはイビザで生まれたどんな音楽ジャンルにも限定されないジャンルレスのDJスタイル

あまりにも自由で垣根のない生き方をする彼の精神そのもの。

本作『太陽と踊らせて』は、そんな風のような伝説的おじさんDJの生きざまを、島に息づく多彩な、しかし時代の波の中で変容もする文化とともに、息をのむような映像とバレリアックな音楽にのせて描き出します。

台南生まれ新宿歌舞伎町育ちで、TV局や広告代理店に勤めながらも日本社会での自らの立ち位置に窮屈さを感じていた映像作家リリー・リナエは、旅行中に出会った、物語と色彩に溢れるDJジョン・サ・トリンサの音楽に衝撃を受け、居ても立っても居られずイビサとジョンの懐に飛び込びました。

20代の貯金と日米のクラウドファンディングで集めたお金、そして3年間の月日をつぎ込み、リナエ監督が全力で作り上げた初めての長編ドキュメンタリー映画となっています。

ジョン・サ・トリンサのプロフィール

(C) Pure in the Moon

本作の主役となるジョン・サ・トリンサは、ホセ・パディーヤやアルフレッドなど世界に名を轟かせるクラブDJとは一線を画し、毎日一畳半ほどの海小屋から音楽を奏でるイビサのローカル DJ。

アジア・アフリカ音楽好きにも愛されヨーロッパを中心に多くの熱狂的なファンをもつ伝説的なDJアーティストです。

1987年ロンドンでDJのキャリアをスタート、1994年イビサ島へ移住。 以来四半世紀、サリナスビーチにあるサ・トリンサというレストランに併設された小さなチリンギート(海小屋)で、正午から夕日が落ちるまでの8時間あまりDJしています。

昼食と夕飯はレストランからウェイターが持ってきてくれ、お気に入りメニューはバジルパスタ。

サリナスビーチは世界各地からジョンの音楽を求めにやってくる人々で埋まり、気ままに極上の時間を届けるジョン。

イビサの繁忙期である夏が終わると、世界中を旅しながら当地の海辺でDJを続けています。

スポンサーリンク

リリー・リナエ監督のプロフィール

(C) Pure in the Moon

本作で監督を務めたリリー・リナエは、1986年台南生まれ新宿歌舞伎町育ち。リリー・リナエという名は監督名です。

大学でジャーナリズムを専攻後、テレビ局でディレクター兼キャスターを担当。

後に大手広告代理店に転職、クリエイティブ・プロデューサーを務め、30歳手前で単独渡米しました。

独立後はNYブルックリンに映像プロダクションを設立。米国フジテレビでのオリジナルコンテンツや、ドキュメンタリー、広告映像まで制作に没頭。

コロナ禍により2020年に拠点を東京に戻し、NHKなどの硬派な番組やロックバンドのドキュメンタリーを制作します。

本作は、2017年にプロジェクトを開始し、3年間をかけて完成させた長編映画初監督作です。

映画『太陽と踊らせて』の作品情報

(C) Pure in the Moon

【日本公開】
2021年(日本映画)

【言語】
英語・スペイン語・日本語・フランス語

【監督・字幕】
リリー・リナエ

スポンサーリンク

まとめ

(C) Pure in the Moon

パーティサウンドとは異なるジャンルレスのバレリアックミュージックを、小さな海小屋で伝説のDJは今日も気ままに音楽を奏でます。

ぜひ劇場で、ジョンの誠実で自由な生きざま、イビサの包み込むような風土、流れるバレアリックな音楽に触れてください。

映画『太陽と踊らせて』は、2021年7月24日(土)より新宿K’s cinema、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『帰れない二人』あらすじとキャスト。ジャ・ジャンクー監督が変わりゆく中国を描く【アッシュ・イズ・ピュアレスト・ホワイト】

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された、中国の名匠ジャ・ジャンクー監督作『アッシュ・イズ・ピュアレスト・ホワイト』の邦題が『 …

新作映画ニュース

映画『空白』キャスト古田新太は狂気の主人公・添田充役!演技力の評価とプロフィール

映画『空白』は2021年9月23日よりロードショー 『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督による、主演・古田新太、共演・松坂桃李の映画『空白』が、2021年9月23日(木・祝)より公開されます。 『ヒメアノ~ …

新作映画ニュース

森山未來映画『アンダードッグ』アキラ役でボクサーの真の肉体改造を見せる【演技評価とプロフィール】

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』。 『全裸監督』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをテーマに、森山未來、北村匠海、勝地涼をキャストに迎え …

新作映画ニュース

映画『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』上映館/予告動画。劇場公開が世界初となる香港の歌手で運動家の姿を捉えたドキュメンタリー

香港に自由を!願いが、一つの歌になる。 香港ポップス界のスター歌手デニス・ホーを追ったドキュメンタリー映画『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』(原題:DENISE HO: BECOMING THE …

新作映画ニュース

映画『不倫ウイルス』上映に金子みひろ、しゅはまはるみ、馬渕恭子、依田啓嗣が登壇!池袋HUMAXシネマズでの公開初日舞台挨拶リポート

『不倫ウイルス』は2022年10月28日(金)より池袋HUMAXにて公開 愛していない人間とも肉体関係を持ってしまうウイルスに感染してしまった人と、彼らをとりまく人々の姿を描く群像ラブコメディ『不倫ウ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学