Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/05/05
Update

映画『かそけきサンカヨウ』キャスト/公開日。今泉力哉最新作は志⽥彩良×井浦新で思春期の娘と父の関係を繊細に描く

  • Writer :
  • 大塚まき

人気作家・窪美澄×監督・今泉力哉

⼈気作家・窪美澄の短編集『水やりはいつも深夜だけど』(角川文庫刊)所収の「かそけきサンカヨウ」が映画化されます。


(c)2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

主演に今注目を浴びている期待の新⼈の一⼈、志田彩良が抜擢され、その⽗親役を映画、ドラマともに出演オファーの絶えない井浦新が務めた映画『かそけきサンカヨウ』が、2021年10月15日より全国公開されることが決定しました。

また、主演・志⽥彩良、原作者・窪美澄、今泉⼒哉監督からのコメントが届きましたので併せてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『かそけきサンカヨウ』について


(c)2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

原作は2017年に発売された窪美澄の短編集『水やりはいつも深夜だけど』(角川文庫刊)所収の「かそけきサンカヨウ」。日々悩みながらも前を向いて賢明に生きようとする⼈たちの姿を描いた6つの物語の一篇が映画化となります。

本作は、芸能事務所・テンカラットの設⽴25周年企画、第⼆弾として製作されました。

映画は、家庭環境のせいで早く⼤⼈にならざるを得なかった⾼校生・陽の葛藤と成⻑が描かれています。

監督は作品に流れる空気感やリアリティが⾼い評価を受け、『愛がなんだ』のヒット以降、『アイネクライネナハトムジーク』、『mellow』、『his』と作品を作り続け、2021年は『あの頃。』『街の上で』と既に2本も作品が公開された⼈気監督の一⼈、今泉⼒哉

窪美澄の短編集から⾃ら映画化を希望し、主⼈公・陽が家族について悩みながら成⻑していく姿を丁寧に映像化しました。

主⼈公・国⽊田陽を演じるのは、『ドラゴン桜』(TBS)、『ゆるキャン△2』(TX)に出演中でドラマ、映画など幅広く活躍中の志田彩良

志田彩良にとっては、『ひかりのたび』以来の映画主演になります。

今泉⼒哉監督とは、『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)、『mellow』(2020)に続き映画3作目にして主演に抜擢されました。

また、陽をやさしく⾒守る⽗親役を、『あのときキスしておけば』に出演している井浦新が演じています。

主演:志⽥彩良(国⽊⽥陽役)のコメント

参考:志田彩良の公式インスタグラム

この度主演の志田彩良は今泉組での撮影を振り返り、以下のようなコメントを寄せています。

誰かの⾔葉や存在で少しだけ⼼が軽くなる。
⾃分よがりでない相⼿を思う気持ちの⼤切さに改めて気づかされました。
⼾惑いながらも前に進んでいく陽の強さも弱さも全部が愛おしくて、⼤好きな今泉組で陽として過ごした時間は⼤切な宝物です。
密かに目標の一つとしていた今泉組での主演が、まさか本当に、そしてこんなにも早く叶う日が来るとは想像もしていなくて嬉しさと有難い気持ちでいっぱいです。
⼤変な状況下ではありますが少しでも多くの方に届く事を祈っています。
そして、この作品が誰かの救いとなりますように。

スポンサーリンク

原作者:窪美澄のコメント

この度原作者の窪美澄は映像化にあたり以下のようなコメントを寄せています。

⼈と⼈との境目はがっちりとした強固なものではなく、淡く滲んでいたほうがいい。
年齢を重ねるにつれ、そんなことを強く思うようになりました。
そう思っていたほうが⼈は深く息ができるからです。
親⼦、恋愛、友情、この映画にはさまざまなことが描かれていますが、⼈と⼈との縁の不思議さ、淡く⾏き来する感情のようなものを今泉監督は原作のなかから丁寧に掬いあげてくださいました。
やさしさ、誠実さ……、雑多な日常のなかでそういうものを私たちは忘れてしまいがちですが、この映画を⾒終わったあとには、⾃分のなかのそういう光の部分をもう一度⼤切にしてあげようと思えます。
ぜひ、たくさんの方に⾒ていただければ、原作者としてこれほどうれしいことはありません。
そして、こんなにやさしい映画にしてくださった今泉監督、ありがとうございました。

監督:今泉⼒哉のコメント

この度今泉⼒哉監督から以下のようなコメントが寄せられました。

窪さんの小説はいつも、どこか弱い⼈、何かが欠けている⼈、⼈生がうまくいかない⼈について描いている気がします。私もずっとそういう⼈を描いていきたいと思っていて、今まで映画をつくってきました。
強さではなく弱さについての物語。小説「かそけきサンカヨウ」を読んだ時に感じたのは、その弱さが単純なものではなく、曖昧で、強さとも表裏一体であること。嫌いになってもおかしくない相⼿に確実にもっている愛情。恋愛と呼べるかわからないようなモラトリアムの時間。気丈に振舞っているけど実は張り詰めている感情の機微。⾔葉にするなら、ある家族の再生の物語、とかなのかもしれませんが、⾔葉では説明できない細微な感情をめいっぱい詰めこんで映画にしました。
何度もご一緒して絶対的な信頼を置いている志田さん、いち映画ファンとして憧れでもあった井浦新さん、また、スタッフに⽀えられて生まれたこの映画を⾒た誰かの体温を少しだけあげることができたら。
秋の日の陽気の中で。

スポンサーリンク

映画『かそけきサンカヨウ』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
窪美澄『水やりはいつも深夜だけど』(角川文庫刊)所収「かそけきサンカヨウ」

【監督】
今泉⼒哉

【脚本】
澤井香織、今泉⼒哉

【キャスト】
志⽥彩良、井浦新ほか

まとめ


(c)2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

本作のプロデューサーである宇⽥川寧は主演に志⽥彩良を起⽤した理由を以下のようにコメントしています。

『かそけきサンカヨウ』を映画にしたいと監督からお話をいただいたのはちょうど、『パンとバスと2度目のハツコイ』の
撮影前でした。その作品で初めて志田さんとご一緒しましたが、あのほっこりした笑顔と共にある、その凛とした佇まいと内面にある意志の強さを感じ、瞬間的に『かそけき〜』の陽がいましたねと、監督と話したのを覚えています。上品でチャーミング、彼⼥の魅⼒のおかげで、より一層作品に余韻を与えてくれました。

主演の志⽥彩良と井浦新が思春期の娘と父の関係を繊細に表現した映画『かそけきサンカヨウ』は、2021年10月15日より全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ザ・プレイス』あらすじとキャスト。パオロ・ジェノヴェーゼ監督作品のメインビジュアル解禁!

『おとなの事情』のパオロ・ジェノヴェーゼ監督による最新作 『ザ・プレイス 運命の交差点』は、4月5日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開。 アメリカの大ヒットしたワンシチ …

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト阿部サダヲは内縁の夫・川田遼役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

新作映画ニュース

藤原竜也映画『Diner ダイナー』あらすじとキャスト。蜷川実花が描く平山夢明原作の小説とは

俳優の藤原竜也と、写真家で映画監督の蜷川実花が初タッグを組み、殺し屋専用の食堂を描く異色サスペンス映画『Diner ダイナー』が、2019年7月5日(金)に公開されることが決定しました。 (C)201 …

新作映画ニュース

映画監督アディナ・ピンティリエが話題作『タッチ・ミー・ノット』へコメント!劇場公開は7月4日より

映画『タッチミーノット~ローラと秘密のカウンセリング~』は2020年7月4日(土)より公開。 第68回ベルリン国際映画祭にて金熊賞〈最高賞〉と、最優秀新人作品賞を受賞したアディナ・ピンティリエ監督作『 …

新作映画ニュース

映画『Diner ダイナー』キャストのブロ役は武田真治。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学