Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/09/29
Update

映画『ジェノサイド・ホテル』あらすじと上映劇場情報。予告編やポスター解禁に

  • Writer :
  • かりごめあき

豪華五つ星ホテルが惨劇の舞台となり、甚大な被害と多数の死傷者を出した凄惨な事件を元に描く、リアリティック・アクション・スリラー!

映画『ジェノサイド・ホテル』は、10月13日(土) ヒューマントラストシネマ渋谷 “ワールド・エクストリーム・シネマ2018” にて公開です。

実話ならではのリアルさに、手に汗握ること必至の予告映像とポスタービジュアルが解禁されました。


© 2017 New Realms Films Pty Ltd. All rights reserved.

スポンサーリンク

映画『ジェノサイド・ホテル』の予告編

映画『ジェノサイド・ホテル』の公開が、特集上映「ワールド・エクストリーム・シネマ2018」内にて10月13日(土)より決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが解禁となりました。

世界第2位の人口を誇り、近年発展目覚ましい大国インド。日本からの観光客も数多く訪れる世界有数の観光大国でもあります。

しかし一方、多様な民族、原語、宗教、文化的背景を持つ人々が混在しており、分離・独立主義過激派などの組織が多数存在するため、テロ事件も頻発しており、日本の外務省も渡航者に注意を呼びかけています。

その中で近年最も残忍で多数の死傷者を出した悲劇として知られるのが、2008年11月26日にインド最大の都市ムンバイで発生したムンバイ同時多発テロ事件。

本作では特に被害の大きかった最高級ホテル「タージマハル・ホテル」での4日間に焦点を当て、被害にあった人々の恐怖と絶望を描いています。

予告映像は、「人は皆1つだと思う。この世で最も尊いのは、皆で生きるこの命。そして愛しあうこと。信仰に関わらず人は1つになれる。そう信じてた…」のナレーションで始まり、2008年11月26日の悲劇が起こり、一変します。

タージマハル・ホテルを襲撃するテロリストから逃げ惑う宿泊客と従業員。当時のものらしきニュース映像も挟みながら、スリルと恐怖を煽る映像が解禁されました。

監督を務めたのは、本作が長編デビューとなる新鋭リアム・ワーシントン

冒頭の美しい映像美から一転、観客を極限の緊張感へと誘うその手腕は高く評価され、バイロンベイ国際映画祭作品賞などを受賞し、今後ますます活躍が期待されています。

映画『ジェノサイド・ホテル』のポスタービジュアル


© 2017 New Realms Films Pty Ltd. All rights reserved.

テロリストに襲撃されたタージマハル・ホテルから立ち上る炎には「2008年11月26日 同時多発テロ勃発 破壊と殺戮の記録」の文字が浮かびます。

ホテルの中で繰り広げられた惨劇を想像してしまうような緊迫感のある仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

映画『ジェノサイド・ホテル』の作品情報

【公開】
2018年(オーストラリア・ネパール合作映画)

【原題】
ONE LESS GOD

【監督・脚本】
リアム・ワーシントン

【キャスト】
ジョゼフ・マーラー・テイラー、スクラージ・ディーバック、ミヒカ・ラーオ、カビール・シン

【作品概要】
オーストラリア・ネパール合作で贈るリアリティック・アクション・スリラー。

2008年の“ムンバイ同時多発テロ”事件を元にした衝撃の実話。

監督を務めたのは、本作が長編デビューとなる新鋭リアム・ワーシントン。

映画『ジェノサイド・ホテル』のあらすじ


© 2017 New Realms Films Pty Ltd. All rights reserved.

休暇でインド・ムンバイを訪れていたショーンは、活気に溢れた人々や町並、極彩色のお祭り、その全てに魅了されていました。

宿泊先は最高級のタージマハル・ホテル。世界各国から集まった人種、職業も異なる人々が集い、野性味あふれるこの国の喧騒とはまた違った魅力に満ちていました。

しかしその夜、彼がこの国で感じた素晴らしい時間、それどころか彼の人生を丸ごとひっくり返すような事態が発生します。

聞こえてきたのは爆発音と銃声。突如ホテルに押し入ってきた武装集団が、宿泊客に向け無差別に攻撃を開始したのです。

2008年11月26日、ムンバイ同時多発テロ事件、それは破壊と殺戮、第二の9.11とも言われた惨劇の幕開けでした…。


© 2017 New Realms Films Pty Ltd. All rights reserved.

スポンサーリンク

まとめ


© 2017 New Realms Films Pty Ltd. All rights reserved.

映画『ジェノサイド・ホテル』の公開が、特集上映「ワールド・エクストリーム・シネマ2018」内にて10月13日(土)より決定し、予告編とポスタービジュアルが解禁されました。

2008年11月26日に起きたムンバイ同時多発テロ事件を元に映画化した本作。

2018年9月6(木)~16日(日)まで開催されていた、トロント国際映画祭にてお披露目された、デヴ・パテル、アーミー・ハマー共演の話題作『HOTEL MUMBAI(原題)』も同事件・同シチュエーションを描いており、本作とともに見逃せません!

「ワールド・エクストリーム・シネマ2018」開催期間中の上映となりますので、スケジュールをご確認のうえお出かけください。

映画『ジェノサイド・ホテル』の上映スケジュール

【東京】
ヒューマントラストシネマ渋谷
10月13(土)~10月19(金)

【大阪】
シネ・リーブル梅田
11月17日(土)、19日(月)、21日(水)、23日(金・祝)

*上映時間は後日、発表となります。

また、追記の劇場情報などが決まりましたら、当サイトでおってお知らせいたします。



関連記事

新作映画ニュース

ポーランド映画『メモリーズ・オブ・サマー』の日本公開日は6月1日!アダム・グジンスキ監督が描く夏の記憶

ポーランドの風景のなか紡がれる新しい夏休み映画 日本初劇場公開となる、ポーランド映画界の新たな才能アダム・グジンスキ監督の映画『メモリーズ・オブ・サマー』。 本作の日本公開初日が、2019年6月1日( …

新作映画ニュース

【新宿東口映画祭2021】開催日/上映劇場/作品情報。「君の名は」「のらくろ」など多彩なラインナップが揃う

映画の街・新宿から、新しい映像文化を発信。 東京新宿にある映画館・武蔵野館は昨年2020年で100周年を迎えました。100周年を記念し、武蔵野館・シネマカリテでは、2019年6月より、月ごとにテーマを …

新作映画ニュース

映画『色の街』あらすじ。現役大学生のキャスト黒澤優介と監督森平周が紡ぐ青春ショートムービー

学生のエネルギーが映画界に新風を起こす! 2019年11月に公開予定の映画『色の街』は、早大劇団『てあとろ50′』出身の黒澤優介主演、森平周初監督作品。 早大演劇倶楽部出身の俳優・小手伸也が、物語のカ …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの清川伸彦役は濱田岳【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

映画『元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。上空を舞台にしたサバイバルスリラー

『ロスト・バケーション』の制作陣が放つ、脅威の体験! 海を舞台に人喰いサメとの死闘を描き話題を呼んだ大ヒットサバイバル映画『ロスト・バケーション』(2016)の制作陣が、今度は空を舞台に再びスリリング …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学