Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/09/12
Update

映画『ブルー・マインド』あらすじと上映劇場情報。予告編とポスタービジュアル解禁

  • Writer :
  • かりごめあき

スイス・アカデミー賞7部門ノミネート、作品賞ほか3部門受賞。恐ろしくも美しく、狂おしく淫らな、カミング・オブ・エイジ・ホラー。

映画『ブルー・マインド』は、10月13日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷“ワールド・エクストリーム・シネマ2018”にて公開です。

この度、予告編とポスタービジュアルが解禁されました。


© 2017 tellfilm GmbH & Zürcher Hochschule der Künste ZHdK

スポンサーリンク

映画『ブルー・マインド』の予告編解禁

映画『ブルー・マインド』の公開が、特集上映「ワールド・エクストリーム・シネマ2018」内にて10月13日(土)より決定し、あわせて予告編&ポスタービジュアルが解禁となりました。

スイスのアカデミー賞に相当する、スイス映画賞で7部門ノミネート、作品賞・主演女優賞・脚本賞の主要3部門受賞という圧倒的評価を獲得した本作。

大人へと変わっていく15歳の少女の身に起こった奇妙な出来事と、逃れられない運命の結末を、美しくも生々しい痛みとともに描ききり国内外で高い評価を獲得しました。


© 2017 tellfilm GmbH & Zürcher Hochschule der Künste ZHdK

予告映像は、気だるげにソファに身を預けた少女が、元気よく熱帯魚たちが泳ぎ回る水槽を見つめ、次の瞬間おもむろに金魚を口へと運ぶ衝撃的な場面から始まります。

やがて彼女に待ち受ける恐ろしい運命を美しく収めた必見の予告編です。

映画『ブルー・マインド』のポスタービジュアル解禁


© 2017 tellfilm GmbH & Zürcher Hochschule der Künste ZHdK

水に浸かりこちらを見つめる少女。漂う赤い液体の上には「少女は変態する。」のキャチコピーが浮かびます。

美しくも恐ろしいポスタービジュアルが解禁されました。

『イット・フォローズ』(2016)や『RAW 少女のめざめ』(2018)のような映画界騒然の“ニュータイプ・ホラー”とも言うべき本作で、主人公の少女・ミアを演じたのは、弱冠19歳の新星ルナ・ヴェドラー

ミアの本性が覚醒していく姿を恐ろしくも美しく、そして官能的に演じきりました。

本作の出演によって、スイス映画賞主演女優賞のほか、ハリウッドの一線で活躍するレイチェル・ワイズやメラニー・ロラン、キャリー・マリガンらを輩出したベルリン国際映画祭にて、若き才能に送られるシューティングスター賞を受賞するなど、新たな才能として高い注目を浴びています。

スポンサーリンク

映画『ブルー・マインド』の作品情報

【公開】
2018年(スイス映画)

【原題】
BLUE MY MIND

【監督・脚本】
リサ・ブリュールマン

【撮影】
ガブリエル・ロボス

【音楽】
トーマス・クラットリ

【キャスト】
ルナ・ヴェドラー、ゾーイ・パスティル・ホルトアイゼン、レグラ・グラウヴィラー

【作品概要】
スイス映画賞で7部門ノミネート、作品賞・主演女優賞・脚本賞の3冠を受賞した傑作。

主演のルナ・ヴェドラーは、ベルリン国際映画祭2018にて、若き才能に送られるシューティングスター賞を受賞した注目の女優。

2018年に公開され話題となった『RAW 少女のめざめ』や『ゆれる人魚』などに共通する、少女から大人への過渡期にある主人公の15歳の少女の身体に突如として起こった異変と、彼女の逃れられない運命について描いたホラー映画。

映画『ブルー・マインド』のあらすじ


© 2017 tellfilm GmbH & Zürcher Hochschule der Künste ZHdK

両親の仕事の関係で新しい街へと引っ越してきた15歳の少女・ミア。

親の都合に振り回されることへの苛立ちと、大人の女性へと変わっていく自分自身への言いようのない不安の中、ミアはクラスでも目立つ存在のジアンナたちと仲良くなります。


© 2017 tellfilm GmbH & Zürcher Hochschule der Künste ZHdK

アルコール、万引き、男の子たち、ミアは憂鬱な気持ちを振り払うように、仲間たちと悪い遊びに手を染めていきました。

そんな中、彼女は決定的な体の変化を感じ始めます。しかし、それは明らかに「成長」と言うにはあまりに不気味で、不自然なものでした。

果たしてミアの身に一体何が起こっているのか、彼女を待ち受ける過酷な運命とは…。


© 2017 tellfilm GmbH & Zürcher Hochschule der Künste ZHdK

スポンサーリンク

まとめ


© 2017 tellfilm GmbH & Zürcher Hochschule der Künste ZHdK

映画『ブルー・マインド』の公開が、特集上映「ワールド・エクストリーム・シネマ2018」内にて10月13日(土)より決定しました。

あわせて、美少女が金魚を口にする衝撃の予告映像と、美しくも恐ろしいポスタービジュアルが解禁されました。

「ワールド・エクストリーム・シネマ2018」開催期間中の上映となりますので、スケジュールをご確認のうえお出かけください。

映画『ブルー・マインド』の上映スケジュール

【東京】
ヒューマントラストシネマ渋谷
10月13(土)~10月19(金)

【大阪】
シネ・リーブル梅田
11月10日(土)、12日(月)、14日(水)、16日(金)

*上映時間は後日、発表となります。

また、追記の劇場情報などが決まりましたら、当サイトでおってお知らせいたします。



関連記事

新作映画ニュース

映画『ワイルド・ストーム』災害用特殊車両“ドミネーター”登場の予告編解禁

6億ドル強奪×超巨大ハリケーン上陸! 前代未聞のディザスター・パニック&クライム・アクションムービー! ロブ・コーエン監督最新作、映画『ワイルド・ストーム』は2019年1月4日(金)新宿バルト9ほか全 …

新作映画ニュース

夏帆×シム・ウンギョン映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』がドイツや台湾の映画祭で上映決定!

世界各国の映画祭で上映決定! 箱田優子初監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開致します! 先日の第43回香港国際映画祭ヤング・シネマ・コンペ …

新作映画ニュース

映画『MOTHER マザー』キャスト長澤まさみは母親役シングルマザーの三隅秋子役を熱演【演技評価とプロフィール】

2020年7月3日公開の長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』キャスト紹介 母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』が2020年7月3日(金)よりTOHO …

新作映画ニュース

ニコール・キッドマン&ラッセル・クロウの演技力を原作者も絶賛!映画『ある少年の告白』で見せる実力とは

オスカー俳優の演技力 俳優のジョエル・エドガートンが『ザ・ギフト』(2016)に続き監督を務め、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2017)で一躍その名を世界に知らしめたルーカス・ヘッジズが初主演を …

新作映画ニュース

映画『河童の女』あらすじ/キャスト/公開日。笑える感動作を51歳の新人監督辻野正樹が生み出す!

「カメ止め」現象を巻き起こしたENBUゼミナール CINEMA PROJECT最新作。 今や恋愛映画の旗手と呼ばれる今泉力哉監督の『退屈な日々にさようならを』(第6弾)や、上映館数350館・動員224 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学