Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/06/02
Update

柄本佑×石橋静河×染谷将太映画『きみの鳥はうたえる』特報予告とティザービジュアル解禁

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

シネマアイリス開館20周年記念作品『きみの鳥はうたえる』のティザービジュアル・特報解禁!

函館の映画館シネマアイリスの開館20周年を記念し製作された、原作を佐藤泰志、三宅唱監督の『きみの鳥はうたえる』は、9月1日より新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほか公開されます。

本日、キャストの柄本佑×石橋静河×染谷将太の魅力ある様子を切り取った、ティザービジュアルと特報を解禁されました。

スポンサーリンク

映画『きみの鳥はうたえる』とは

“函館の夏、まだ何ものでもない僕たち3人はいつも一緒だった―。”

本作品『きみの鳥はうたえる』は、佐藤泰志の原作をもとに映画化したもので、これまでに『海炭市叙景』(2010)、『そこのみにて光輝く』(2014)、『オーバー・フェンス』(2016)に続く、4作目となっています。

キャストに若手実力派俳優の柄本佑が、函館郊外の書店で働く「僕」という主人公を演じています。

また、今、注目される若手女優の石橋静河は、「僕」と同じ書店で 働く佐知子を務めています。

さらに俳優として実力が高く評価されている染谷将太は、「僕」と一緒に暮らす失業中の静雄に臨みました。

今回の演出に挑んだのは三宅唱監督。2012年に『Playback』、2015年に『THE COCKPIT』などの意欲的な作品を制作してきました。

本作『きみの鳥はうたえる』では、「僕」を中心に若い3人が夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう様子を、じっくりと見つめ、今を生きる私たちのために描いた青春映画。

三宅監督は原作の骨格はそのままに、舞台を東京から函館へ移し、現代の物語として大胆に翻案しました。

『きみの鳥はうたえる』のティザービジュアルと特報


© HAKODATE CINEMA IRIS

今回、解禁されたティザービジュアルでは、柄本佑が演じる「僕」、石橋静河の演じる佐知子、染谷将太が演じる静雄の3人が函館のクラブで過ごした一夜の場面を見ることができます。

また、同時に解禁された特報では、3人がビリヤードやクラブで楽し気に過ごす様子も見られ、「1、2、3、4…」とカウントダウンする声が入ります。

その後、「僕」を演じた柄本佑の「僕にはこの夏がいつまでも続くような気がした。9月になっても10月になっても、次の季節はやってこないように思える」という、モノローグが印象にものになっています。

特報のラストには、夜景の向こうに広がる函館山を捉えたショットで終わるのも、まだ何もない青春のということを連想させる心象風景のようです。

本作の音楽を制作したのは、ヒップホップユニット「SIMI LAB」のトラックメーカーHi’Spec

2017年に三宅監督作品『密使と番人』でも音楽を担当しましたが、本作では同メンバーのOMSBとともに劇中にも出演しています。

また、キャメラマンは四宮秀俊が務めており、三宅組の作品では、2012年の『Playback』、2017年の『密使と番人』を担当しています。

近年は2016年に塩田明彦監督の『風に濡れた女』、2017年に内藤瑛亮監督の『ミスミソウ』などで、活躍を見せています。

このような若手実力派俳優と新鋭スタッフたちが結集し、作り上げた映画『きみの鳥はうたえる』に期待が高まります。

8月25日(土)より函館シネマアイリス先行公開。9月1日(土)より新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほかロードショー、以降全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

坂本サク映画『アラーニェの虫籠』ワールドプレミア決定!アニメを1人で制作したことに世界が注目

坂本サク監督が長きにわたり、たった1人で制作していた、2018年8月公開の劇場用アニメ『アラーニェの虫籠』。 去る6月にフランスで行われた、アヌシー国際アニメーション映画祭に併設された「国際見本市MI …

新作映画ニュース

ケネスブラナー映画『シェイクスピアの庭』あらすじとキャスト。公開日は2020年3月6日で劇作家の晩年を描く

“シェイクスピア俳優”ケネス・ブラナーが満を持して映画化。 没後400年以上を経て、今もなお愛され続ける幾多の名作を世に送り出した英国の偉大な文豪、ウィリアム・シェイクスピア(1564年-1616年) …

新作映画ニュース

大森立嗣映画『タロウのバカ』の予告編で菅田将暉らが疾走!メインビジュアルも解禁

タロウ、エージ、スギオ。 社会からはじき出された3人の少年たち。 フィクションであることを忘れるほどの生々しいリアリティとスリル溢れる映像世界を描き出す渾身の映画。 (c)2019 映画「タロウのバカ …

新作映画ニュース

シリーズ最新作『大脱出3』の映画予告編とポスタービジュアル解禁。スタローンが怒り爆発!?

あの脱獄のプロに迫る最大の危機! 「ロッキー」「ランボー」「エクスペンダブルズ」に続く、スタローン主演で贈る新たなシリーズ代表作となった「大脱出」シリーズ。 1作目では大海原に浮かぶ監獄要塞“墓場”を …

新作映画ニュース

映画『CLIMAX クライマックス』日本公開日が決定!ギャスパー・ノエ最新作のポスタービジュアル解禁

鬼才ギャスパー・ノエ監督が放つ衝撃の最新作が公開! ©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-A …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP