Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/06/02
Update

柄本佑×石橋静河×染谷将太映画『きみの鳥はうたえる』特報予告とティザービジュアル解禁

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

シネマアイリス開館20周年記念作品『きみの鳥はうたえる』のティザービジュアル・特報解禁!

函館の映画館シネマアイリスの開館20周年を記念し製作された、原作を佐藤泰志、三宅唱監督の『きみの鳥はうたえる』は、9月1日より新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほか公開されます。

本日、キャストの柄本佑×石橋静河×染谷将太の魅力ある様子を切り取った、ティザービジュアルと特報を解禁されました。

スポンサーリンク

映画『きみの鳥はうたえる』とは

“函館の夏、まだ何ものでもない僕たち3人はいつも一緒だった―。”

本作品『きみの鳥はうたえる』は、佐藤泰志の原作をもとに映画化したもので、これまでに『海炭市叙景』(2010)、『そこのみにて光輝く』(2014)、『オーバー・フェンス』(2016)に続く、4作目となっています。

キャストに若手実力派俳優の柄本佑が、函館郊外の書店で働く「僕」という主人公を演じています。

また、今、注目される若手女優の石橋静河は、「僕」と同じ書店で 働く佐知子を務めています。

さらに俳優として実力が高く評価されている染谷将太は、「僕」と一緒に暮らす失業中の静雄に臨みました。

今回の演出に挑んだのは三宅唱監督。2012年に『Playback』、2015年に『THE COCKPIT』などの意欲的な作品を制作してきました。

本作『きみの鳥はうたえる』では、「僕」を中心に若い3人が夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう様子を、じっくりと見つめ、今を生きる私たちのために描いた青春映画。

三宅監督は原作の骨格はそのままに、舞台を東京から函館へ移し、現代の物語として大胆に翻案しました。

『きみの鳥はうたえる』のティザービジュアルと特報


© HAKODATE CINEMA IRIS

今回、解禁されたティザービジュアルでは、柄本佑が演じる「僕」、石橋静河の演じる佐知子、染谷将太が演じる静雄の3人が函館のクラブで過ごした一夜の場面を見ることができます。

また、同時に解禁された特報では、3人がビリヤードやクラブで楽し気に過ごす様子も見られ、「1、2、3、4…」とカウントダウンする声が入ります。

その後、「僕」を演じた柄本佑の「僕にはこの夏がいつまでも続くような気がした。9月になっても10月になっても、次の季節はやってこないように思える」という、モノローグが印象にものになっています。

特報のラストには、夜景の向こうに広がる函館山を捉えたショットで終わるのも、まだ何もない青春のということを連想させる心象風景のようです。

本作の音楽を制作したのは、ヒップホップユニット「SIMI LAB」のトラックメーカーHi’Spec

2017年に三宅監督作品『密使と番人』でも音楽を担当しましたが、本作では同メンバーのOMSBとともに劇中にも出演しています。

また、キャメラマンは四宮秀俊が務めており、三宅組の作品では、2012年の『Playback』、2017年の『密使と番人』を担当しています。

近年は2016年に塩田明彦監督の『風に濡れた女』、2017年に内藤瑛亮監督の『ミスミソウ』などで、活躍を見せています。

このような若手実力派俳優と新鋭スタッフたちが結集し、作り上げた映画『きみの鳥はうたえる』に期待が高まります。

8月25日(土)より函館シネマアイリス先行公開。9月1日(土)より新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほかロードショー、以降全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

オーランド・ブルーム映画『復讐の十字架』あらすじとキャスト。新宿シネマカリテにて7月22日公開!

25年前の忌まわしき記憶が蘇り、男は復讐の鬼と化す――。 © WSG Film Romans Ltd 2016, All Rights Reserved オーランド・ブルーム主演で贈る慟哭のリベンジ・ …

新作映画ニュース

『望み』小説ネタバレあらすじと結末。雫井脩介原作の映画化キャストを大胆予想⁈

映画『望み』は2020年10月9日に公開予定。 『クローズド・ノート』『検察側の罪人』の著者・雫井脩介。 雫井脩介が執筆時、最も悩み苦しみ抜いたというサスペンス小説『望み』は、2016年に刊行されるや …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの医者・境役は滝藤賢一【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開されます。 監督を務 …

新作映画ニュース

『ドラゴンボール超ブロリー』4DX映画が全世界で大ヒット中!お得な体感型鑑賞の情報も

4DX、第1四半期歴代最高のグローバル興行成績を記録! 体感型プレミアムシアター4DXが、日本、中国、フランスなど、スクリーン数の増加とローカル作品の大ヒットにより、第1四半期歴代最高のグローバル興行 …

新作映画ニュース

映画『マイ・ブックショップ』あらすじと感想レビュー。イザベル・コイシェ監督の最新作の見どころ

本を通して得られるものは、知識だけではないのです。 (C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films S …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学