Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/12/17
Update

『僕はイエス様が嫌い』あらすじとキャスト。マカオ国際映画祭でスペシャル・メンション受賞!

  • Writer :
  • かりごめあき

第3回マカオ国際映画祭のアワードセレモニーにて『僕はイエス様が嫌い』がスペシャル・メンションを受賞しました。

サンセバスチャン国際映画祭の最優秀新人監督賞、ストックホルム国際映画祭の最優秀撮影賞に続く3度目の受賞となり、本作の注目度は高まるばかり!

22歳の新鋭、奥山監督自ら脚本を執筆、監督・撮影・編集を手掛けた長編映画『僕はイエス様が嫌い』

マカオ国際映画祭受賞式での奥山監督と主演を務めた佐藤結良のコメント、そして二人のプロフィールをご紹介します。

スポンサーリンク

マカオ国際映画祭とは


©『閉会宣言』

マカオ国際映画祭(International Film Festival & Awards Macao)は、2016年より中華人民共和国マカオ特別行政区で開催されている国際映画祭です。

第3回となる2018年は、奥山大史監督『僕はイエス様が嫌い』小津安二郎監督『秋刀魚の味』、2つの日本作品が上映されました。

さらに、タレントアンバサダーとしてハリウッドスターのニコラス・ケイジが現地に参加したことでも大きな話題となりました。

【過去に出品された日本作品】
土竜の唄 香港狂騒曲』三池崇史監督
サバイバルファミリー』矢口史靖監督
ダゲレオタイプの女』黒沢清監督
ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』滝田洋二郎監督など

マカオ国際映画祭スペシャル・メンション受賞


©『閉会宣言』

『僕はイエス様が嫌い』が第3回マカオ国際映画祭のコンペティション部門に選出され、2018年12月14日に行われたアワードセレモニーにて、スペシャル・メンションを受賞しました。

本映画祭のコンペティション部門にて日本人監督作品の受賞は初めての快挙です。

チェン・カイコー監督をはじめとする審査員たちは、授賞式で選考理由を次のように発表しました。

「この映画は、全編を通して、完璧なリアリティと絶妙なユーモア、そして詩的なストーリーテリングが通貫されていました。

さらに主演の佐藤結良くんと、彼だけに見える小さなイエス様は、私たち審査員を強く魅了しました。

これらの理由から『僕はイエス様が嫌い』にスペシャルメンションを授与します」

1993年にカンヌ国際映画祭にてパルム・ドールを受賞した『さらば、わが愛/覇王別姫』など、中国を代表する名匠として知られるチェン・カイコー監督から高い評価を得た本作。

その絶賛の声を受け、奥山監督は次のようにコメントしました。


©『閉会宣言』

「初めて作った長編映画と共に旅する3つ目の映画祭も、温かく迎えていただきました。

そして多くの方から主演の佐藤結良くんに対する称賛をいただきました。

この賞はきっと彼のお芝居に対するご褒美なのだと思います。

参加する映画祭それぞれで異なる賛辞をいただくごとに、この映画に関わってくださったスタッフ、キャストの皆さんに感謝しています。

本当にありがとうございました」

受賞理由を“佐藤結良のお芝居に対するご褒美”と表現し、サンセバスチャン(スペイン)、ストックホルム(スウェーデン)に続く、3度目の国際映画祭での受賞を謙虚に受け止めました。

奥山監督とともに映画祭に参加した主演の佐藤結良も次のようにコメントしています。


©『閉会宣言』

「このような賞をいただける作品に参加できたこと、とても嬉しいです。

今回がはじめての海外でしたが、とても良い経験をさせて頂きました。

ここに連れてきてくださった奥山監督と、スタッフの皆さんに感謝です。

ありがとうございました」

本作が映画初主演の佐藤結良

2006年生まれの12歳という若さで国際映画祭の舞台に立ち、初々しく喜びを語りました。

『僕はイエス様が嫌い』は、2019年に劇場公開予定です。

スポンサーリンク

映画『僕はイエス様が嫌い』の作品情報


©『閉会宣言』

【公開】
2019年(日本映画)

【原題】
僕はイエス様が嫌い(英題:JESUS)

【監督・脚本・撮影・編集】
奥山大史

【キャスト】
佐藤結良、大熊理樹、チャド・マレーン、木引優子、ただのあっ子、二瓶鮫一、秋山建一、大迫一平、北山雅康、佐伯日菜子

【作品概要】
奥山大史監督が大学の卒業制作として、自ら脚本・撮影・編集も手掛けた長編第一作。

第66回サン・セバスチャン国際映画祭最優秀新人監督賞、第29回ストックホルム国際映画祭最優秀撮影賞、第3回マカオ国際映画祭スペシャル・メンションを受賞。

映画『僕はイエス様が嫌い』のあらすじ


©『閉会宣言』

小学生のユラは、おばあちゃんと一緒に暮らすため、東京から雪深い地方の小学校へと転校することになりました。

転校先の新しい同級生たちと行う礼拝というものに戸惑いを感じつつも、次第に慣れていきます。


©『閉会宣言』

ある日、お祈りをしていると目の前にとても小さなイエス様が現れました。

そのイエス様にお願いしたことは必ず叶えられ、ユラはイエス様の持つ力を信じるようになっていきます…。


©『閉会宣言』

スポンサーリンク

奥山大史監督のプロフィール


©『閉会宣言』

奥山大史(おくやまひろし)監督は、1996年東京生まれ。

青山学院大学総合文化政策学部卒業。映画美学校18期高等科修了。

現在は映画監督・撮影監督として活動中。

初監督長編映画『僕はイエス様が嫌い』が、第66回サン・セバスチャン国際映画祭の最優秀新人監督賞と第29回ストックホルム国際映画祭の最優秀撮影賞、第3回マカオ国際映画祭のスペシャル・メンションを受賞。

主な監督作品

短編映画『Tokyo 2001/10/21 22:32~22:41』

主演:大竹しのぶ
第23回釜山国際映画祭に正式出品
ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018オフィシャルコンペティション正式出品

短編映画『白鳥が笑う』

主演:原西孝幸(FUJIWARA)
第7回沖縄国際映画祭正式出品

ミュージックビデオ『バトン』

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016にて優秀作品として選出

主な撮影作品

映画『さようなら、ごくろうさん』

監督:城真也
ぴあフィルムフェスティバル2017入選

映画『過ぎて行け、延滞10代』

監督:松本花奈

映画『最期の星』

監督:小川紗良
ぴあフィルムフェスティバル2018入選

そのほか、GUのTVCM『ROMANTIC TOUCH COLLECTION』(出演:中条あやみ)、LOFTのスペシャルムービー『好き』などがあります。

主演・佐藤結良のプロフィール


©『閉会宣言』

佐藤結良(さとうゆら)は、2006年5月11日生まれ。

ヒラタビーンズに所属し、2017年11月公開の映画『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』(滝田洋二郎監督)に出演するほか、NTTdocomoやセブンイレブン、花王などのCMにも出演。

『僕はイエス様が嫌い』が映画初主演作品です。

まとめ


©『閉会宣言』

第3回マカオ国際映画祭にて『僕はイエス様が嫌い』がスペシャル・メンションを受賞しました。

マカオ国際映画祭のコンペティション部門における日本人監督作品の受賞は史上初

素晴らしい快挙を達成した奥山大史監督と主演の佐藤結良の受賞コメントをお届けしました。

サンセバスチャン、ストックホルムに続きマカオと、出品された全ての国際映画祭で受賞を果たした本作の勢いは増すばかりです!

映画『僕はイエス様が嫌い』は、2019年劇場公開予定です。

ご期待ください。

関連記事

新作映画ニュース

映画『いちごの唄』キャストの天野千日役は石橋静河。演技力の評価とプロフィール

映画『いちごの唄』が2019年7月5日より全国で公開されます。 数々の名作映画やドラマを手掛けてきた脚本家の岡田惠和と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が紡ぐ、青春と恋の物語『いちごの唄』。 主演は古舘佑太郎 …

新作映画ニュース

映画『蜜蜂と遠雷』あらすじとキャスト。主演・松岡茉優で恩田陸の小説を実写化

直木賞と本屋大賞をダブル受賞するという史上初の快挙を成し遂げた、恩田陸のベストセラー小説『蜜蜂と遠雷』を、『愚行録』の石川慶監督が実写映画化。 映像化不可能と言われた本作。製作サイドから満場一致でオフ …

新作映画ニュース

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』あらすじ/公開日/上映館。ドキュメンタリーで困窮者支援を行う北九州の教会に集う人々に迫る

元極道、元ホームレス、虐待被害者、⽣きる意味に悩む⼈…… 困窮者⽀援を⾏う北九州の教会に集う、傷ついた愛すべき「罪⼈」たち。 NPO法⼈抱樸(ほうぼく)の奥⽥知志が牧師を務める北九州市の東⼋幡キリスト …

新作映画ニュース

映画『この世の果て、数多の終焉』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話を基にインドシナ戦争と日本人の歴史を暴く

第二次世界大戦末期、フランス領インドシナ。 知られざる、植民地支配の闇――。 第二次世界大戦末期、フランス領インドシナの凄惨な戦場の実態と、傷ついたひとりの兵士の魂に迫ったフランスの戦争ドラマ『LES …

新作映画ニュース

胸キュンなシーン写真解禁!映画『愛がなんだ』成田凌が岸井ゆきのに“あごトン”!?

一途なアラサー女子の全力すぎる片思いを描いた映画『愛がなんだ』は2019年4月19日(金)よりテアトル新宿ほかにて全国公開します。 恋愛映画の旗手で“正解のない恋の形”を模索し続けてきた今泉力哉監督が …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学