Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/25
Update

ロボコン新作映画の追加キャストは清水ミチコ・高橋ユウと芋洗坂係長【がんばれいわ!!恋する汁なしタンタンメン!!の巻】

  • Writer :
  • 石井夏子

『がんばれいわ!!ロボコン』第2弾出演情報解禁!
ユニークすぎる超パワフルキャスト集結だロボコン!

タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなロボット、「ロボコン」。

1974年~1975年にテレビ放送された『がんばれ!!ロボコン』は最高視聴率29.2%を記録し、1999年~2000年にかけては、『燃えろ!!ロボコン』が放送されました。

そんな「ロボコン」シリーズ20年ぶりの最新作『がんばれいわ!!ロボコン ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』が、『人体のサバイバル!』と同時上映で今夏の2020年7月31日(金)よりMX4Dを含む全国にて公開されます。

20年ぶりの「ロボコン」復活が発表されるや、Twitterでトレンド入り Yahoo!リアルタイム検索で1位を獲得するなど注目度の高さを裏付けました。

つきましては、『がんばれいわ!!ロボコン』の第2弾出演キャスト、伊東カズオ役・小浦一優(芋洗坂係長)、伊東ヨーコ役・高橋ユウ、トルネード婆々役・清水ミチコのキャラクタービジュアルとキャストコメントが発表されました。

スポンサーリンク

映画『がんばれいわ!!ロボコン』の第2弾キャスト紹介

(C)石森プロ・東映

先日、第1弾キャストとして、斎藤千和、江原正士、鈴村健一、土屋希乃の出演が発表されました。

この豪華キャスト陣が発表されると、ネット上では「令和の時代に相応しいデザインの令和ロボコン」、「事件の鍵を握る汁なしタンタンメン…???」などのコメントが飛び交い、Twitterトレンドにも「ロボコン」「汁なしタンタンメン」が入るなど大熱狂。

そしてこの度、本作のドタバタ劇を更に勢いづけるキャスト情報第2弾が発表されました。

ロボコンがお手伝いに派遣された町の中華屋「全中華」を営む伊東カズオ役に、2008年R-1グランプリで準優勝し、芸人としてだけでなく俳優・ダンサー・振付師・脚本家・絵本作家と幅広い分野で活躍する、芋洗坂係長こと小浦一優

カズオの妻であり、カズオとともに「全中華」を営む伊東ヨーコ役に、モデルとしてのみならず、『仮面ライダーキバ』(2008)をはじめ、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』 (2020)など映画やドラマで俳優としても活躍する高橋ユウ

「全中華」で出前をとったことがきっかけで、“中華料理の暴走”と いう謎の事件に巻き込まれる物語のキーマン、トルネード婆々役に、多彩なモノマネと音楽パロディで、テレビ、映画と多方面に活躍する清水ミチコの出演が決定。

第1弾のキャストに続き、個性的でパワフルなキャストが新生ロボコンを彩るべく集結し、この夏日本列島に「ロボコン」旋風を巻き起こします。

伊東カズオ/パパ役・小浦一優(芋洗坂係長)のコメント

(C)石森プロ・東映

小学生の時にロボコンを観て育ったので、オファーが来た時には「ロボコン?ロボコン!?ロボコン!?」と3回聞きました。それくらい本当にびっくりしたし、ロボコンに関われるということが本当に嬉しくて、感激しかなかったです。ロボコンはいつの時代もちょっと忘れかけているような、友情だったり根性だったり、勇気だったりというものを与えてくれると思います。是非劇場で観ていただいて、その気持ちを思い出してもらいたいなと思います。

スポンサーリンク

伊東ヨーコ/ママ役・高橋ユウのコメント

(C)石森プロ・東映

ロボコンは私が子供の頃にもやっていて、すごく記憶に残っている作品ですし、まさか携われると思っていませんでした。この作品に出ているロボコンもヒロシもママもパパもトルネード婆々も、みんな一生懸命生きています。一生懸命って本当に美しいなと感じる作品です。こういう時代だからこそ、映画を観て笑ったり、頑張っている人を見て勇気を貰うことはとても大事だと思います。私も現場にいてすごくパワーを貰ったので、この映画を観て、世界が、皆が元気になればいいなと思います。

トルネード婆々役・清水ミチコのコメント

(C)石森プロ・東映

昭和、平成、令和と続いたロボコンの令和版です。昭和の時には、ガンツ先生の点数は今日は良かったとか悪かったとか、そういうことを言いながら歳の離れた弟ととても楽しみに観ていました。ロボコンのフォルムもすごく好きで、今回オファーが来て、喜んですぐに引き受けました。このような状況の中ですが、スタッフ共々「がんばれいわ」で一丸となって頑張っています。この映画を観ると、必ず「ある物」が食べたくなります!その答えは、是非映画館で確かめてください。

スポンサーリンク

映画『がんばれいわ!!ロボコン』の作品情報

(C)石森プロ・東映

【日本公開】
2020年(日本映画)

【サブタイトル】
ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン!!の巻

【原作】
石ノ森章太郎

【監督】
石田秀範

【脚本】
浦沢義雄

【キャスト】
斎藤千和、土屋希乃、江原正士、鈴村健一、小浦一優(芋洗坂係長)、高橋ユウ、屋鋪琥三郎、清水ミチコ

映画『がんばれいわ!!ロボコン』のあらすじ

(C)石森プロ・東映

ロボコンが今日も元気にお手伝い!「がんばれいわっーーーー!」

ときは令和、町の中華屋“全中華”に、ロボットスクールから来たお手伝いロボット・ロボコンが天井を破って現れました!!

中華屋の息子・ヒロシと、トルネード婆々のもとへ出前に行く途中、ロボコンは嬉しさのあまり、注文の品が入ったオカモチを振り回してしまい、タンタンメンがすっかり汁なしに・・・!

この“汁なしタンタンメン”をきっかけに、ロボコンの恋するロビンをも巻き込み、物語はやがて地球規模の大騒動に発展!?

ロビンのハートをつかめ!100点目指して、がんばれいわロボコン!!

まとめ

(C)石森プロ・東映

先日、新生ロボコンの全貌が明かされるとともに多くの人がざわついた謎の事件、“中華料理”の暴走。

令和最大の難事件を、唯一無二の個性を持つチームロボコンのキャストたちが明るく陽気にコミカルに描き出します。

ロボコンはこの稀代の大騒動を乗り越え、見事100点を取れるのか?今後の新情報にもぜひご期待ください。

「ロボコン」シリーズ20年ぶりの最新作『がんばれいわ!!ロボコン ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』は、『人体のサバイバル!』と同時上映で2020年7月31日(金)よりMX4Dを含む全国にて公開です。



関連記事

新作映画ニュース

映画『アーニャは、きっと来る』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。感動の児童文学を映像化!

児童文学の傑作を映画化。 『戦火の馬』マイケル・モーパーゴ原作、後世に残したい感動作。 映画『アーニャは、きっと来る』は、1942年、当時ナチス占領下にあったフランスはピレネー山脈の麓の小さな村で起き …

新作映画ニュース

オダギリジョー初監督映画『ある船頭の話』公開決定!あらすじとキャストに見た国際派俳優のマルチな才能とは

日本が誇る国際派俳優オダギリジョーが、監督を務める長編作品『ある船頭の話』が9月より新宿武蔵野館ほかでの全国公開! 本作『ある船頭の話』は、キャスト陣はもちろんですがスタッフも超豪華! 今回は解禁にな …

新作映画ニュース

《動画で見る安川有果監督インタビュー》女優オーディションでのセクハラを描くことは“勇気がいるテーマ”だった【映画『蒲田前奏曲』】

動画で見る安川有果監督インタビュー映画『蒲田前奏曲』 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。新しいスタイルのこの作品が、2020年9月25 …

新作映画ニュース

大ヒット映画が韓国で再び感動の恋愛作品に生まれ変わる!『Be With You 〜いま、会いにゆきます』特別映像解禁

公開わずか15日で韓国動員200万人突破の大ヒット作! 2004年に竹内結子と中村獅童主演で映画化され、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した市川拓司のベストセラー小説「いま、会いにゆきます」。 日本 …

新作映画ニュース

渡辺紘文監督の最新作が東京国際映画祭に入選!『普通は走り出す』と特集上映の予告編解禁

映画『普通は走り出す』はアップリンク吉祥寺にて2019年10月25日(金)より公開。 『そして泥船はゆく』『七日』『プールサイドマン』『地球はお祭り騒ぎ』が4作連続で東京国際映画祭へ正式出品され、『プ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学