Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/07/27
Update

映画『アウェイデイズ』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。実話を基に英国フットボール発祥の文化を描く!

  • Writer :
  • 石井夏子

終わりなんだろ?俺たちはもうー。
1979年、ポストパンク時代のマージーサイド。

英国ユース・カルチャーを描いた青春映画の足りなかったピースが遂に埋まります。

(C) Copyright RED UNION FILMS 2008

2009年本国イギリスにて公開された映画『アウェイデイズ』は、1979年のマージ-サイドを舞台に破滅的な若者たちと、日本ではほとんど紹介されることの無かった英国フットボール発祥の文化“Football Casual”<カジュアルズ>の黎明期を描いています。

映画『アウェイデイズ』が、完成から11年の歳月を経て遂に2020年10月16日(金)より新宿シネマカリテほかにて日本初公開される事が決定しました。

スポンサーリンク

映画『アウェイデイズ』について

(C) Copyright RED UNION FILMS 2008

1979年、イングランド北西部マージーサイド州バーケンヘッド。カーティとエルヴィスは《Echo & The Bunnymen》のギグで運命的な出会いを果たします。

そして2人の間には誰にも邪魔することの出来ない友情が芽生えますが、それは互いに惹きつけ合いながらもどこか不安定で、いつ壊れてもおかしくないコントロール不能なものだったんです…。

(C) Copyright RED UNION FILMS 2008

圧倒的な暴力とセクシャル、そしてロックンロールに満ち溢れ、現代人にとってはどこか滑稽にも映ってしまう映画『アウェイデイズ』の世界は、ケヴィン・サンプソンが1998年に上梓した同名小説を基に、ポストパンク時代の研ぎ澄まされていたエナジーを記録した真実の物語です。

Joy Division、The Cure、Magazine、Echo & The Bunnymen、Ultravoxの音楽をバックに、若者たちが自らの拠りどころを探し、絶対的な者へ憧憬を抱き、そして形成された“族”の中で避ける事の出来ない運命にもがき苦しむ様をリアルに映像化しています。

また、これまで日本ではほとんど紹介されることの無かった英国フットボール発祥の文化“Football Casual”<カジュアルズ>の黎明期を初めて切り取った映画でもあります。

本国では公開当時『さらば青春の光』(1979)、『トレインスポッティング』(1996)、『コントロール』(2007)、さらには『スタンド・バイ・ミー』(1986)等の映画を例えに、さらにこれら全ての要素を詰め込んだ、若者の生き辛さを描いた小説『ライ麦畑でつかまえて』(J・D・サリンジャー著/1951)のジャックナイフ版であると紹介されました。

カジュアルズとは?

(C) Copyright RED UNION FILMS 2008

一般的にイングランドでは毎週末にサッカースタジアムに通う労働者階級のファッションを“Football Casual”と呼びます

フーリガンの別称として“カジュアルズ=Casuals”という言葉を使う向きがありますが、Football Casualという言葉自体は80年代に入ってから雑誌がカテゴライズして広まった言葉。

70年代の終わりに、何千というリヴァプールのサポーターたちがチームに帯同してヨーロッパをまわりアディダスのスニーカーを手に入れ、それを履いてロンドンのチームとの試合に行く、それを見たロンドン子たちが衝撃を受け真似ていったという大きな流れがあるそう。

リヴァプールでは自分たちを“Scallys”と呼び、カジュアルズはロンドンでの呼称として広まりました。

まずフットボールありきで、スタジアムに入り易くするためにスポーツブランドに身を隠す様になったと言われています。

スポンサーリンク

映画『アウェイデイズ』の作品情報

(C) Copyright RED UNION FILMS 2008

【日本公開】
2020年(イギリス映画)

【原題】
AWAYDAYS

【原作・脚本】
ケヴィン・サンプソン

【監督】
パット・ホールデン

【キャスト】
ニッキー・ベル、リアム・ボイル、スティーブン・グレアム、イアン・プレストン・デイビーズ、ホリデイ・グレインジャー、サシャ・パーキンソン、オリヴァー・リー、ショーン・ワード、マイケル・ライアン、リー・バトル、レベッカ・アトキンソン、ダニエレ・マローン、デヴィッド・バーロウ、アンソニー・ボロウズ

【日本語字幕】
額賀深雪

【日本語字幕監修】
イノベヒロキ

映画『アウェイデイズ』のあらすじ

(C) Copyright RED UNION FILMS 2008

母親を1年前に亡くした19歳のカーティは下級公務員として働きながら、郊外の中産階級の家庭で悲しみにくれる父、そして血気盛んな妹モリーと暮らしていました。

収入のすべてはクラブ遊び、レコード、サッカー、ライブに費やしているカーティ。

そんなある日、《Echo & The Bunnymen》のライブで、カーティはエルヴィスに出会います。

エルヴィスはカーティが魅了されていた悪名高いギャング集団“パック”の一員でした。

彼らはピーターストームにフレッドペリー、ロイスのジーンズ、そしてアディダスのスニーカーを履いてスタジアムで常に問題を起こしていました。

エルヴィスはカーティに“パック”と付き合うことが危険であることを警告。

それよりもエルヴィスはカーティの様に芸術、音楽、詩、そして死について語り合える友人をずっと待っていました。

(C) Copyright RED UNION FILMS 2008

そして、いつしかエルヴィスはカーティに夢中になっていきます。

しかし、カーティの“パック”への憧れはエスカレートして行き、エルヴィスの警告にもかかわらず、危険な世界の扉を徐々に開いていくのでした。

ある日の遠征(=Awayday)でカーティは成果を得ますが、“パック”のボス、ゴッドンに認められることはありません。

自分よりも、謎に包まれた存在のエルヴィスが尊敬を集めていることに苛立つカーティ、自分の想いが届かないことに苦悩するエルヴィス。

次第に綻びは大きな傷になっていき…。

スポンサーリンク

まとめ

(C) Copyright RED UNION FILMS 2008

若者達の苛立ちは極限まで研ぎ澄まされ、剥き出しとなった感情は、仲間を求め、傷つけたー。

語られる事の無かった<カジュアルズ>黎明期を描いた、破れかぶれの青春の物語が、本国公開より11年の月日を経て遂に日本での劇場公開が決定しました。

映画『アウェイデイズ』は2020年10月16日(金)より新宿シネマカリテほかにてロードショー、以降、全国順次公開です。


関連記事

新作映画ニュース

映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲』あらすじとキャスト。踊らないブラックコメディ!

予測不能な展開に全インドが喝采! 盲目を装ったピアニストが“目撃”した殺人事件をきっかけに、クセ者揃いの登場人物が大騒動を繰り広げる予測不能なインドのブラックコメディ「Andhadhun」。 踊らない …

新作映画ニュース

韓国映画『スタートアップ!』あらすじ/キャスト/公開日。動画でマ・ドンソクの謎の料理人役を紹介!

マ・ドンソク史上、最もミステリアスで最もラブリーな強烈キャラクター誕生。 すべての世代へエールを贈る、笑いと感動の痛快コメディ! 『それだけが、僕の世界』『狩りの時間』のマ・ドンソクを主演に迎え、社会 …

新作映画ニュース

映画『セブンガールズ』全国のミニシアターに作品を無料提供!興行収入の全額を上映館に寄付

「皆で助け合って生きていく」というテーマの作品を寄付。 新型コロナウイルスの蔓延に伴う大幅な動員減少に続き、緊急事態宣言による多くの映画館の休館の報道に多くの関係者・映画ファンが心を傷めています。 ミ …

新作映画ニュース

ルトガー・ハウアー映画『ヒッチャー』あらすじ/公開日/上映館。サイコスリラーの伝説のリマスター版がロードショー!

恐怖の殺人ヒッチハイカーからは逃げられない。 乗せたら最期、死のドライブが始まる…。 2019年7月に75歳でこの世を去った名優ルトガー・ハウアーが、謎の殺人ヒッチハイカー役として怪演し話 …

新作映画ニュース

中野量太監督が記憶と愛を描く。最新作『長いお別れ』の映画公開日と予告解禁

映画『長いお別れ』2019年5月31日(金)公開 中野量太監督の映画『長いお別れ』の公開日が2019年5月31日(金)に決定しました! (C)2019『長いお別れ』製作委員会 映画『湯を沸かすほどの熱 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP