Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/04/30
Update

映画『銃2020』あらすじ/キャスト。日南響子を主演に奥山和由と武正晴が創る第二弾とは?

  • Writer :
  • 石井夏子

全員がクレイジー!?
最強タッグによる新たな作品がお目見え。

作家・中村文則のデビュー作『銃』(河出書房新社)の映画化で、村上虹郎を主演に迎え2018年に公開された『銃』。

(C)吉本興業

その企画・製作をつとめる奥山和由プロデューサーの着想により、日南響子を主演に新たな視点で描かれた映画『銃2020』がこのたび完成し、TOHOシネマズ日比谷ほかにて2020年7月10日(金)公開が決定しました。

そして、公開決定にあわせポスタービジュアルが解禁となり、奥山プロデューサーを筆頭に、中村文則、武正晴監督、そしてキャストからのコメントも発表されました。

スポンサーリンク

映画『銃2020』について

参考動画:『銃』(2018)

本作は、『銃』原作の作家・中村文則が原案となるオリジナル作品で、中村自身が初めて脚本を担当

また、『銃』と同様に企画・製作を奥山和由プロデューサーが務め、武正晴監督が共同脚本と監督を続投しています。

登場人物の全員が狂気に満ち、目を覆うシーンも多い本作。その人物たちを演じるキャストたちには、演技派で個性豊かな魅力溢れる俳優陣が揃いました。

主人公の東子(トオコ)を演じるのは、日南響子。『銃』ではキーマンのトースト女を演じた彼女ですが、本作では、銃を拾い、その銃に翻弄される女に挑戦。

また、銃が引き寄せた縁により東子が出会う謎めいた男を演じるのは、佐藤浩市東子を執拗に追い回すストーカー・富田を演じるのは、加藤雅也

東子を毛嫌いし、精神を病んでいる母・瑞穂を演じるのは、友近。 そして、東子を破滅へと追いつめる刑事に、吹越満。 主人公“東子”を中心に、闇を抱える狂った人物たち。魅力あるキャストたちが、このぶっ飛んだワールドへ観客たちを誘ってくれます。

なお、『銃』の主演を務めた村上虹郎が、“西川トオル”として1シーンだけ出演、 そのトオルを追い詰める刑事を演じたリリー・フランキーも同じく刑事役として特別出演を果たしています。

ほか、山中崇、宇野祥平、篠原ゆき子、内田慈、『銃』にも出演していた岡山天音、サヘル・ローズ、片山萌美、中村ゆうじなども出演。

映画『銃2020』のポスタービジュアル


(C)吉本興業

公開決定にあわせ、ポスタービジュアルが解禁となりました。

銃を手に恍惚とした表情をみせる東子を中心に、狂気に満ちた人物たちの不穏な表情が描かれたビジュアルです。

スポンサーリンク

映画『銃2020』公開に向けてのコメント紹介

奥山プロデューサーを筆頭に、中村文則、武正晴監督、またキャストからは主演の日南響子、キーマンとなる佐藤浩市、そして加藤雅也からコメントが届きました。

加藤雅也のコメントは、オリジナル作品であり、狂気がテーマでもある本作の真髄を伝えるのに、演じた「富田」からのものとなっています。

奥山和由プロデューサーのコメント

参考画像:監督作『熱狂宣言』インタビュー時の奥山和由プロデューサー

(C)Cinemarche

この映画、完全にいってしまってる。どこの誰かの日南響子を囲んで名優、佐藤浩市、吹越満、加藤雅也、彼らみんな狂気を帯びて振り切ったパワフル変態。そこに怪演の友近!
さらにさらにリリーフランキーや村上虹郎までが意味不明にウロウロ。
なんじゃこれ!!さすがのタランティーノも真っ青!最後にこの昭和的な超ダサいポスターが決定打!

原案・脚本の中村文則のコメント

原案と脚本に大きく関わりました。小説ではない、映画という表現方法を取った形での、僕の新作でもあります。
尊敬する武監督や素晴らしい役者の方々の解釈やアイディアも合わさり、ものすごい映画となりました。
公開をとても楽しみにしています。

武正晴監督のコメント

参考画像:『銃』インタビュー時の武正晴監督

(C)Cinemarche

戦慄の2020年。
この映画が公開できる幸せを感じます。
中村文則さんの書き上げた恐るべきシナリオに、恐るべき俳優陣が集結してくれた。
挑んでくれた俳優陣の仕事ぶりが誇らしく、深謝します。

東子役・日南響子のコメント

参考:日南響子のInstagram

東子役を演じました日南響子です。
今回、8年ぶりに主演を務めさせていただき、新しい感覚と学ぶ事が多くありました。
東子はとても難しい役どころだったので、ワンシーンワンシーンが自分との戦いでした。
そして私自身を成長させてくれた東子を演じられて嬉しく思っております。

和成役・佐藤浩市のコメント

助監督の時から知っている武監督、石井隆監督の『GONIN』でした。
その時のプロデューサーが今回の奥山和由さん。
『銃 2020』には『GONIN』という作品と同じでジャンルでは括れない匂いがある。

富田役・加藤雅也のコメント

親愛なる東子様
ついに君は僕の存在が気になりだしたようだ
この時を僕はずっと待っていた
この幸福の瞬間のために僕は存在する
そろそろ…
僕は君の前に姿を現すことにするよ
そして…
神である僕をこの苦しみから救い出すことで、君はすべてのことから解放される

映画『銃2020』の作品情報

(C)吉本興業

【日本公開】
2020年(日本映画)

【企画・製作】
奥山和由

【原案】
中村文則

【監督】
武正晴

【キャスト】
日南響子、加藤雅也、友近、吹越満、佐藤浩市、山中崇、宇野祥平、篠原ゆき子、内田慈、岡山天音、サヘル・ローズ、片山萌美、中村ゆうじ、村上虹郎、リリー・フランキー

スポンサーリンク

映画『銃2020』のあらすじ

(C)吉本興業

「昨日、私は拳銃を拾った。こんなに奇麗で、不機嫌そうなものを、私は他に知らない」。

深夜、東子(日南響子)は自分の後をつけてくる不穏なストーカー・富田(加藤雅也)から逃れるため、薄暗い雑居ビルに入る。流れ続ける水の音が気になり、トイレに入ると辺りは血に染まり、洗面台の水の中に拳銃が落ちていた。拳銃を拾った東子は、電気が止められ、ゴミに溢れた部屋に一人戻る。拳銃を確認すると、中には弾丸が四つ入っていた。

自分を毛嫌いし、死んだ弟を溺愛し続ける母・瑞穂(友近)を精神科に見舞った後、東子はこの銃が誰のものだったのかが気になり、再び雑居ビルに行く。そこで見かけた不審な男・和成(佐藤浩市)の後をつけるが、逆に東子は和成に捕まってしまう。

事件が不意に起きる。隣の住人の親子がある男を殺害する。「早く撃ちたいよね。……これでいい?」東子は埋めるのを手伝った後、その死体に向かって拳銃を撃つ。

だが拳銃の行方を探す刑事(吹越満)に、東子は追い詰められることになる。「また来る」刑事は去っていくが、何かがおかしい。銃そのものに魅了された東子はさらに事件の真相に巻き込まれ、自らもその渦の中に入っていこうとする。東子の「過去」が暴発する。そして――。

(ストーリー文・中村文則)

まとめ

(C)吉本興業

奥山和由プロデューサーが『銃』制作当時から温めていた作品がついにヴェールを脱ぎます。

『銃』ではトースト女を演じた日南響子が本作では新たな一面を見せ、魅了してくれるでしょう。

映画『銃2020』は2020年7月10日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショーです。

続報をお楽しみに。






関連記事

新作映画ニュース

映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』日本公開日/上映館/本編動画。名曲誕生の瞬間を捉えたドキュメンタリー

世界を牽引するバンド“オアシス”のリアム・ギャラガー その成功と挫折、ソロアーティストとしての復活までを克明に映す。 英国ロックバンドのトップを走り、伝説となったバンド「オアシス」のメンバー、リアム・ …

新作映画ニュース

映画『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント』はキャストに疑問を投げたドキュメンタリー!

“Why are you creative?” 「あなたはなぜクリエイティブなのですか」というシンプルな質問を30年以上問い続けてきたドイツ人監督ハーマン・ヴァスケ。 (c) 2018 Emotion …

新作映画ニュース

アミール・ナデリ映画『山〈モンテ〉』 あらすじとキャスト。アップリンク吉祥寺で公開は2019年2月に決定!

第73回ヴェネツィア国際映画祭「監督・ばんざい!」賞受賞作! アミール・ナデリ監督作品 『山〈モンテ〉』がついに公開決定しました。 解禁されたメインビジュアルと場面写真もあわせてご紹介します。 神や自 …

新作映画ニュース

映画『レプリカズ』あらすじとキャスト。キアヌ・リーブスが神経科学者役で禁断の領域に踏み込み

映画『レプリカズ』は、2019年5月よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。 「マトリックス」シリーズや「ジョン・ウィック」シリーズなど、アクション映画でヒットを飛ばし続ける俳優キアヌ・リーブス。 …

新作映画ニュース

《動画で見る川上奈々美インタビュー》映画『東京の恋人』結婚や出産への思いを超えて“憑依してヒロイン”になっていた⁉︎

大人のラブストーリー映画『東京の恋人』 ひさしぶりに再会した元恋人同士の2人による、ひと時のアヴァンチュールと、青春への別れが描かれる映画『東京の恋人』。 本作の中で、ヒロインの満里奈役を演じる川上奈 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP