Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/10/03
Update

映画『山女』あらすじ/キャスト/劇場公開。山田杏奈×森山未來×永瀬正敏で描く福永壮志監督の最新作は東京国際映画祭にて上映!

  • Writer :
  • 大塚まき

第35回東京国際映画祭コンペティション部門の出品決定!

リベリアの白い血』『アイヌモシㇼ』で民族やルーツにフォーカスを当ててきた福永壮志監督の最新作『山女』。

この度、映画『山女』が、2022年10月24日から開催される第35回東京国際映画祭コンペティション部門に正式出品されることが決定しました。

主演の山田杏奈と福永壮志監督からコメントも到着

映画『山女』について


(C)YAMAONNA FILM COMMITTEE

『遠野物語』で紹介された民話にインスピレーションを得た、18世紀後半の東北が舞台のオリジナル脚本。

自然の脅威を前にした村社会の閉鎖性と集団性、また信仰の敬虔さと危うさをテーマに、主人公の少女・凛が自分の意志で生きていく姿を描いた作品です。

主演に今最も勢いのある実力派女優・山田杏奈を迎え、妖しくも美しい唯一無二の映画を作り上げました。

食糧難に苦しむ村で人々から蔑まされながらも逞しく生きる少女・凛を演じたのは、『ジオラマボーイ・パノラマガール』『樹海村』『ひらいて』『彼女が好きなものは』など出演作が相次ぎ、今最もスクリーンに愛される女優・山田杏奈。

苦しい生活の中でも、罪人を許す女神が住むと言い伝えられる早池峰山に祈りを捧げ、山で生きることを決意する強く健気な少女を演じています。

神聖な森に住み、村人達から恐れられている謎の存在・山男を演じるのは、『モテキ』『苦役列車』『怒り』『アンダードッグ』など数多くの映画に出演し、舞台・ダンサーと多岐にわたる活躍で人々を魅了する森山未來

自然と共生し、凛との間に信頼関係を築く山男を、圧倒的な存在感で演じています。

村で死体埋葬など汚れ仕事をして生計を立てる凛の父親・伊兵衛役には、『息子』『隠し剣 鬼の爪』『毎日かあさん』『あん』『茜色に焼かれる』に出演するなど長年日本映画界で活躍し、『ミステリー・トレイン』『パターソン』など海外作品にも多数出演する永瀬正敏

先代が火事を起こした責任から土地を奪われ、村八分になりながらも逞しく娘たちと支えあい生きる父を演じています。

本作の監督は、初長編映画『リベリアの白い血』でベルリン国際映画祭のパノラマ部門に正式出品され、ロサンゼルス映画祭で最高賞にあたるU.S. Best Fiction Awardを受賞、インディペンデント・スピリット賞のジョン・カサヴェテス賞にノミネートされて注目を集めた福永壮志

長編2作目の『アイヌモシㇼ』では2020年のトライベッカ国際映画祭の国際ナラティブ・コンペティション部門で審査員特別賞、グアナファト国際映画祭では最優秀作品賞を受賞し、日本公開後もミニシアターを中心にロングラン上映を果たしました。

長編3作目となる本作『山女』では、民話を元に新たな物語を紡ぎあげ、凛というひとりの少女の生き様を通して、人間の善悪や信仰の敬虔さと危うさという、いつの時代も変わらない本質的なテーマを描きました。

映画『山女』の監督・キャストコメント

主演の山田杏奈と福永壮志監督から本作への思い、東京国際映画祭コンペ選出の喜びのコメントも到着しましたので、ご紹介します。

主演・山田杏奈(やまだ あんな)のコメント


(C)YAMAONNA FILM COMMITTEE

凛でいた期間は私自身も夢と現実のはざまにいたように思い出します。
現代とは違う時代背景、環境の中でも
彼女が何と戦っているのか、彼女はどうしたら幸せになれるのかをずっと考えていました。
東京国際映画祭のコンペ部門に出品されると聞き、とても光栄ですし嬉しいです。
沢山の人に福永監督の描く世界が届くことを願っています。

監督・福永壮志(ふくなが たけし)


(C)YAMAONNA FILM COMMITTEE

『遠野物語』で書き記された数々の民話では、自然に宿る神々や化け物が絶対的な存在として描かれているのとは対照的に、人間は非力で浅はかです。その根底には自然に対する畏敬の念と、後世に向けた教戒が込められています。『山女』は、それらの民話にインスパイアされて新しく紡ぎ上げた物語で、「自然と人間」や「集団と個」といった現代の日本社会においても身近なテーマを扱っています。厳しい環境の中を必死に生きる主人公・凛を通して、この映画を観た人の心に何かを残せることを願います。

映画『山女』の作品情報

【日本公開】
2023年(日本・アメリカ合作映画)

【監督】
福永壮志

【脚本】
福永壮志、長田育恵

【キャスト】
山田杏奈、森山未來、永瀬正敏

映画『山女』のあらすじ

18世紀後半、東北。

冷害による食糧難に苦しむ村で、人々から蔑まされながらも逞しく生きる少女・凛。

彼女の心の救いは、盗人の女神様が宿ると言われる早池峰山でした。

ある日、凛の父親・伊兵衛が村中を揺るがす事件を起こします。

家を守るため、村人達から責められる父をかばい、凛は自ら村を去ることに。

決して越えてはいけないと言い伝えられる山神様の祠を越え、山の奥深くへと進む凛。

狼達から逃げる凛の前に現れたのは、化け物なのか人間なのかもわからぬ不思議な存在でした。

まとめ

自然の脅威を前にした村社会の閉鎖性と集団性、また信仰の敬虔さと危うさをテーマに、主人公の少女・凛が自分の意志で生きていく姿を描いた『山女』。

日本・アメリカの国際共同製作とな映画『山女』は、2022年10月24日から開催される第35回東京国際映画祭コンペティション部門に正式出品が決まり、映画祭にていち早く観客の前で上映します。

2023年に劇場公開予定です。

関連記事

新作映画ニュース

渡辺紘文監督の最新作が東京国際映画祭に入選!『普通は走り出す』と特集上映の予告編解禁

映画『普通は走り出す』はアップリンク吉祥寺にて2019年10月25日(金)より公開。 『そして泥船はゆく』『七日』『プールサイドマン』『地球はお祭り騒ぎ』が4作連続で東京国際映画祭へ正式出品され、『プ …

新作映画ニュース

『鬼滅の刃』映画主題歌「炎」解説|歌詞から人気キャラ煉獄杏寿郎を読み解く!

映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は2020年10月16日公開! 累計発行部数1400万部を突破した吾峠呼世晴の大ヒット漫画を原作としたアニメ『鬼滅の刃』が満を持してスクリーンへ登場します。 炭治郎 …

新作映画ニュース

映画『ダーク・アンド・ウィケッド』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トラウマ級ホラー映画が日本上陸!

“それ”は邪悪で、私たちを屠るもの……。 見事なストーリーテリングと巧みな演出により、観るものに深い絶望と、背筋も凍る恐怖を与えるホラー映画の傑作が誕生しました。 Copyright (C) 2020 …

新作映画ニュース

大政絢が演じた元カノ美姫役で結婚を決意した画像解禁!映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』

岩田剛典×杉咲花のダブル主演で贈る、ひたむきでピュアな気持ちが心を揺さぶる感動のラブストーリー! 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は、2018年10月5日(金)より全国公開です。 この度、惹 …

新作映画ニュース

映画『パラサイト 』キャスト貧困キム家の母親役はチャンヘジン【演技評価とプロフィール】

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学